上原元将夫人、上原元将

毛利元就の娘の上原元将夫人が、ばあさん。
毛利元就らの家臣の上原元将が、乞食の坊さん。


「跡隠しの雪」
  (新潟県の昔話)
昔々のあるところに貧乏のおばあさんが住んでおりました。
IMG_20210206_071447.jpg
冬の初め頃この村には乞食のお坊様がまわって来て、おばあさんのとこへ来た時は、もう暗くなってしまいました。
IMG_20210206_071719.jpg
「ばあさま、今夜は一晩泊めてください。」「おらとこは貧乏なので何にもないですが、それでしたら泊まってください。」
「そうですか、それはお言葉に甘えてありがとうございます。」と言いまして、泊まってくれました。
IMG_20210206_072425.jpg
ばあさまの家は本当に貧乏なので、なんにもない家でした。 
IMG_20210206_072405.jpg
それで、ばあさんは仕方なく隣の家の冬大根をかこうておくところ、
IMG_20210206_073229.jpg
大根を盗んできて大根焼きをしてお坊様に食べました。
IMG_20210206_073120.jpg
そうしたら、お坊様は、ばあさんが大根を盗んできた雪の上の足跡を消してやろうとその晩は跡隠しの雪を降らしたんだ。
IMG_20210206_073403.jpg
そうして、この乞食のお坊様はあの偉い大師様だと思われていた。
この日は元の11月23日で今でもお大師様というて、大根焼きをして食べました。そうして、この晩に降る雪をあとかくしの雪と言います。
   (おしまい)
IMG_20210206_073631.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/