藤橋御前

B977B4FA-0D30-48C1-8C64-223B73CF72BE.jpeg 藤橋胤隆の娘、藤橋胤泰夫人(泉田胤重の息子)の藤橋御前の幾何学柄ビキニ姿。
今日で2月がおしまいで、早く終わりますよね。
緊急事態宣言された敷設も一週間引き下げで明日から開放します、我慢された方々も頑張ったから安心できそうですね。
アルコール消毒は一番重要です。
ちなみにいつも通っている近所の図書館も同じく1週間早く引き下げて、明日から場所が開放できます。
今日私は図書館の予約を貸し出しして、家に帰ってから長い昼寝をしました。リラックスを感じましたね。

正親町三条公仲の娘

IMG_20210227_071201.jpg
河窪信俊夫人の正親町三条公仲の娘の黒ワンピース水着姿。

2月も明日まで終わってしまう、早いもんですねー。
緊急事態宣言解除もまもなくなりそうです、でも、私がいつも通う図書館の開架は、3月の1週遅れです。今でも予約貸し出しのみ続きます。

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

伊奈市左衛門夫人

渡辺真綱の娘の伊奈市左衛門夫人のターコイズブルービキニ姿。
5192A023-BE4E-4A9F-95AA-56A085EC19A8.jpeg
昨日、仕事帰りに図書館はいつものの近所に借りるんですけど、今回はここで借りられる本をわざわざ職場からほぼ近いような距離が遠く離れた図書館へ走っていきました。思い荷物背負いながら、随分汗かきで走っていきました。ハードトレーニングみたいだ。ようやく図書館で本を借り、帰りは、そのとき私は電車定期が切れてしまい、ちょうど、図書館前すぐのバスで自宅まで帰りました。いつも電車やバスで帰ります。バス一体化だけでよかったでした。
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

高寿院、北条七曲殿、北条ちよ

上阪政綱の娘、高橋種資(北条康種の息子)夫人の高寿院が、魚屋さん。
北条氏康の娘、北条氏茂夫人の北条七曲殿が商人の飼い猫。
北条氏綱の娘、葛山氏元夫人の北条ちよが、商人。

今日2月22日は、猫の日です。
猫にちなむ日本の民話を紹介しましょう。


「小判を運んだ猫」
  (東京都の昔話)
むかし、江戸の町に、商人の家には、1匹の猫が飼ってあった。
F5F0254E-CF1F-44DC-A32F-FD55A10D5715.jpeg
その家には毎日のように猫好きの魚屋さんという若い男が来ました。魚屋さんは来るたびに魚の肉を持ってきて猫にやりました。
D5763E21-F8BD-4E7B-9256-0617AFB4AB8B.jpeg
猫の方も好物のごちそうをくれる魚屋さんを覚えてしまい、魚屋さんがやってきて、一番先に飛び出して行き、ごろごろとした喉を鳴らしながらお土産をねだるような人懐っこい猫でした。
「おー、待っていたのか前のために今日はとれたての美味しい煮魚を持ってくるぞ楽しみにしてな。」
魚屋さんもその猫を大変可愛がりました。
E1975F73-98B3-438F-B29A-99910E098AB9.jpeg
ところがある時、魚屋さんは重い病にかかり長いことを寝込んでしまいました。今まで病になったこともない元気な若者でしたが、特別に金銭も蓄えてもありません。しばらくするうちに、日々の生活にも苦しい続きでした。
おまけに貧しい生活もなった。2つの苦しみのため、体が弱かった魚屋さんも、ため息ばかりだ。
C1A8C56E-B29F-470F-B8A0-921AE7B35E4F.jpeg
すると、ある朝、魚屋さんは目が覚めて、枕元を見たら、見覚えのない紙包みが置いてありました。
「これは誰が置いたんだ?」
包みを開けると、中から眩しい小判が2枚出てきました。
「俺が長いことを病で困っているのを誰から恵んでくれなかったのに、不思議にありがたいが、心配だ。」
69BE62A5-1104-435D-81EE-11CB328959ED.jpeg
魚屋さんは思わず頭を下げた。そして、早速、その小判で薬を買ったり栄養のある食べ物をを買って食べたりしているうちにやがて体がすっかり元気を取り戻した。
3C01FAEB-BA0C-4FEF-9FE7-48030375F069.jpeg
「さあ、働くぞ!だが、誰からくれたか知らないが、金を恵んでくれた人をなんとか探さないと、気が済むまでお礼を言わないと。」
けれども、商売を始めるための金銭が全くなくそこで魚屋さんはいつもお世話になっていた。
D3D81899-C462-4FAC-BF7E-01880C63EFE9.jpeg
商人の家へ行き金銭を借りることにしました。魚屋さんは、しばらく猫は会っていないから、覚えているのかな、いつも一番先に来るのにと心配に思った。
そう考えながら楽しみに出かけたが期待はずれでした。その日に限り猫はいつまでも出てきませんでした。「あの可愛い猫のやつはどうしたのかな、俺も心配だ。」魚屋さんが尋ねると商人が、「実はあのうちの猫は悪いことばっかりするから我慢できず殺してしまったんだ。」というのでした。
「あの悪い事って、一体何をしたんですか、あんな可愛い猫だったのに。」魚屋さんは、びっくりで聞き替えしました。
D15A1F97-1C51-4586-9105-14692DF8C350.jpeg
「わしの家の小判が2両なくなって、誰が持って行ったのかと思ったら、あのうちの猫だが、小判を蓄えていくところを見つけたんだが、その時は捕まえて小判を取り戻したが、さては前の2両も、うちの猫の仕業に間違いない と思ってしまったが、可愛い猫だったのに、どうして泥棒猫にしたのかわからない。まあ、それでな・・・・・・。」
E9C32CC4-7C4C-499A-A9B1-55348050447B.jpeg
話を聞いているうちに、魚屋さんは胸が苦しくなるほど張り裂けるような悲しみが込み上げてきて、魚屋さんは、目から涙を流しながら言いました。
「旦那さん、あの猫は、その2両の小判を、俺が病で寝ているうちに、持ってきてくれました。あの旦那さんの猫が、まさか、俺のために2両をくれたということだから、決して悪い猫ではありません、」
魚屋さんは涙に流しながら自分を救ってくれた2両の小判の話をしました。そして、金銭を恵んでくれた人を探し出すための手がかりになると思って、大事にふところに入れていた包み紙を商人に見せました。それは商人が書き捨てた紙でした。
1C81D56D-0271-4863-BE58-2891D6DC59A3.jpeg
商人は、自分が書き捨てた紙を見つめていましたが、思わず喉がつまり涙声で言いました。
「この後に、また小判を蓄えていこうとしたのは、お前の商売のための金銭を恵んでやろうとしたのに違いないかもしれない。お前が毎日、大好物の魚をくれていたから、その恩返しに間違いない。そうとは知らずに可哀想なことなったが、本当に後悔してしまった。」
商人と魚屋さんは、しばらく向かいあったまま、涙にくれていました。
44AD76C3-751A-465B-8CBD-CBE16E849AF7.jpeg
魚屋さんは、せめて猫の願いを叶えようと猫がくわえていこうとした小判を魚屋さんに快く与えました。魚屋さんは猫の死骸を貰い受けると、深川の回向院というお寺へ猫の墓を建てました。
そのお墓の石には「徳善畜男」という猫の法名を残し、猫の命日となり文化10年(1816年)の3月11日の日付が刻まれていました。
  (おしまい)
E2FDA036-1AF2-4AAE-AA2B-043DE015AA18.jpeg

ぶろぐむらhttp://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

阿部道金の娘

F758F653-B48E-4882-A57E-B29014A4F6D9.jpeg 高力清長夫人、高力正長の母の阿部道金の娘の渋緑ビキニ姿。
昨日朝から晩まで風邪ひきながら鼻水が止まらないでした、翌朝なると、鼻水が止められました。
ティッシュで鼻をかむ自画像をアップしました。http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6612.html

http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

伊賀久隆夫人

宇喜多興家の娘の伊賀久隆夫人のベージュビキニ姿。
97C375C2-5DB7-4315-98F9-E671AAB96972.jpeg
ここで私の作品掲載のお知らせします。

週刊朝日2月26日号
只今発売中
朝日新聞社
定価税込み410円
2日遅れの告知ですいません。
山藤章二の似顔絵塾に私の作品で酒場放浪記の吉田類http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6024.htmlを入選掲載されました。
ぜひ書店で見てください。

ぶろぐむらhttp://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

若御前、中島元行夫人

池田恒興の娘、豊臣秀次夫人の若御前が、大鯉、カエル、村人。
清水景治の娘の中島元行夫人が、村人。

「小沼の大鯉」
  (群馬県前橋市の昔話)
むかしむかし、赤城の山のところには、大沼と小沼がありました。
IMG_20210216_142049.jpg
小沼は、少し高いところがあります。
IMG_20210216_142602.jpg
小沼のいい天気の日には、六尺もある眩しいような大鯉の姿が見えます。
IMG_20210216_142938.jpg
その小沼へは、鎌や鍋や草履などといったいろんなものを投げ込んでいます。
IMG_20210216_161825.jpg
一天にわかにかき曇り、ものすごい雷雨になってしまいました。
IMG_20210216_162223.jpg
雨の降るなか、小沼にいるカエルも鳴き出した。ケロケロケロケロ。
49F6E3F5-87F1-4138-941B-464FA26DB8AF.jpeg
だから、村人たちは・・・・・・。
「こんな激しい雨に、オラたちが、この小沼へいらないものを投げ捨てたバチがあたったかもしれない。」
「とんでもないことを申し訳ないことした。」
「これから、鯉のいる小沼ヘ物を捨てないことするぞ。」
と、そう思いながら小沼に近づかないで、
IMG_20210216_162616.jpg
地蔵岳の上から、泳いでる大鯉を、ただ眺めているだけで約束しました。
小沼の大鯉は、いつまでも美しい姿でした。
  (おしまい)
IMG_20210216_163630.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

御ツマキ、柘植宗次夫人

明智光秀の妹の御ツマキが、猿。
佐藤継成の娘の柘植宗次夫人が、河童。

「猿と河童」
(長崎県の昔話)
むかしむかし。
猿と河童が喧嘩をしてしまいました。
IMG_20210210_162320.jpg
というわけで、河童が負けました。
河童はどうかして猿に仇打ちをしてくれないかと思っていました。
IMG_20210210_162257.jpg
ある日のこと、河童は自分の家へ猿をごちそうによんで、なんととれたてのおいしい魚を、たらふく食べました。猿はウキウキして満足しました。
IMG_20210210_192518.jpg
猿からの質問で、「なぜ、こんなうまい魚をどうやってとっていたのか。」
河童は、「この魚を釣るには、寒い晩の風が吹くと、水の中へ尻尾を入れておいたら、魚がかかってくるよ。」と教えてくれました。
IMG_20210210_191932.jpg
猿は早速、河童の言われたとおりにやると、氷が張って尻尾が取れなくなりました。
「おお、釣れたぞというても重すぎる。」と、猿は無理矢理引っ張ったが、
IMG_20210210_190701.jpg
尻尾の根元からプチン!と切れてしもうた。
IMG_20210210_185944.jpg
キャッキャッと痛がって泣いた猿はとびまわり、そばにある木に顔面をぶつかってしまった。
IMG_20210210_162708.jpg
こうして、猿は顔が赤くなり、切れた尻尾は短くなりました。
(おしまい)
IMG_20210210_192449.jpg


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智光忠夫人、武田佐吉の娘

明智光秀の娘の明智光忠夫人が、蛇どん、ミミズどん、カエル。
下方貞清夫人の武田佐吉の娘が、ネズミ、リス。

「蛇とミミズ」
(東京都西東京市の昔話)
むかしむかし。
いい声する蛇どんがいました。おまけに歌を歌うのも上手な声もします。
ところが、いい声するかわりに、目を持ってません。蛇どんもこれには困った。
0C0E63FD-1844-4BF0-9B80-B0CF6342E999.jpeg
あの目がなくては、どこに獲物がいるのか、見えません。リスもカエルもネズミも、蛇どんの歌を聞くと、みんな逃げてしまいます。
ED0A9CCD-244C-4883-9D09-6055F0A12EA7.jpeg
「腹減って力が出ない〜、食べる量があれば、歌が出るのに、いや、歌どころではない、目のほうがほしいー。目があれば、いくらでも食いものができるのになー。」と、蛇どんは疲れ切った。
70A54175-8E94-4CDC-96A6-481FDC0AB4B9.jpeg
すると、疲れた蛇どんを聞きつけて、一匹のミミズどんが、土の中から這い出してきた。
「蛇どんは、もったいなく感じるではないよ、僕は目があるけど、だって、僕の目は何も役立たないよ。君の歌声が羨ましいよ。」
それを聞いた蛇どんは、こんなやつもいるのかと思い、すまして言いました。
FFEE1BB4-9EC2-4245-9A4B-2F1055C7B938.jpeg
「じゃあ、俺のいい声とミミズどんの目玉をよかったら取り替えないか。」
「わかった、僕の目玉を取り替えよう、君の望むどおりは後悔しないでね。」
「うん、俺も裏切らない。」
3ECFFD38-30BD-41C9-AD23-6964889B3DA3.jpeg
蛇どんとミミズどんは、声と目を取り替えた。
A060FC15-3992-411C-8D68-1A4D1563CEC1.jpeg
目が見えることができた蛇どんは楽しくなり、目が一番大事な宝なので、急いで藪の中に逃げて行った。
35E879CF-DEE7-45F5-8E77-7A4287DECC92.jpeg
一方、ミミズどんも、歌う声が楽しくなり、惜しくなられては大変だと、これも急いで土の中へ潜った。そして、土の中で一人、歌声を続いた。
CF106CAF-D896-440F-AC85-56E5A5BC6122.jpeg
今でも、土に耳をつけると、ミミズどんがいい歌声してるのが聞こえるし、蛇どんは今でも、藪の中へ逃げ回り続けました。
BA791572-E96B-4508-923B-B6AB324E117B.jpeg

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust http://history.blogmura.com/his_sengoku http://history.blogmura.com/his_nihon http://history.blogmura.com/

滝川益氏の娘

楠木正盛夫人の滝川益氏の娘の渋緑ビキニ姿。
3CE9EEE1-9805-4C55-80D9-0DD68FE8663F.jpeg
朝から晩まで家庭で忙しいように感じる日曜でした。
図書予約借りたり、100円ショップ行ったり、マクドナルドで昼食買ったり、ドラッグストアへ行ったり、いろいろ買い物しちゃいました。
ブログ村

上原元将夫人、上原元将

毛利元就の娘の上原元将夫人が、ばあさん。
毛利元就らの家臣の上原元将が、乞食の坊さん。


「跡隠しの雪」
  (新潟県の昔話)
昔々のあるところに貧乏のおばあさんが住んでおりました。
IMG_20210206_071447.jpg
冬の初め頃この村には乞食のお坊様がまわって来て、おばあさんのとこへ来た時は、もう暗くなってしまいました。
IMG_20210206_071719.jpg
「ばあさま、今夜は一晩泊めてください。」「おらとこは貧乏なので何にもないですが、それでしたら泊まってください。」
「そうですか、それはお言葉に甘えてありがとうございます。」と言いまして、泊まってくれました。
IMG_20210206_072425.jpg
ばあさまの家は本当に貧乏なので、なんにもない家でした。 
IMG_20210206_072405.jpg
それで、ばあさんは仕方なく隣の家の冬大根をかこうておくところ、
IMG_20210206_073229.jpg
大根を盗んできて大根焼きをしてお坊様に食べました。
IMG_20210206_073120.jpg
そうしたら、お坊様は、ばあさんが大根を盗んできた雪の上の足跡を消してやろうとその晩は跡隠しの雪を降らしたんだ。
IMG_20210206_073403.jpg
そうして、この乞食のお坊様はあの偉い大師様だと思われていた。
この日は元の11月23日で今でもお大師様というて、大根焼きをして食べました。そうして、この晩に降る雪をあとかくしの雪と言います。
   (おしまい)
IMG_20210206_073631.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

吉田秀時夫人

IMG_20210205_071956.jpg
安田作兵衛(安田国継、天野源右衛門)の妹の吉田秀時夫人の黒ビキニ姿。

昨日、図書館で、だいぶ古すぎる昭和32年ものの本を借りました。越後の昔話です。令和になっても長持ちできれいな本でした。読むと、文章が新潟の方言がよくあります、でも、方言の訳し方も付録でした。これは面白い昔話になりますね。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

赤星殿

赤星統家の娘、蒲池鎮漣夫人(正室)の赤星殿の紫ビキニ姿。
IMG_20210203_163058.jpg
私は最近、自宅で、夜中ぐらいまで図書館で借りた本の読書続きです。緊急事態宣言のため、図書館の読む場所だけが休館続きが長いです。私は予約のみの図書館借り続きです。図書館で読みたい方々も我慢が多そうですね。
しばらくは緊急事態宣言のとおりで我慢です。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

小倉元悦夫人

楢崎豊景の娘の小倉元悦夫人のオフショルダービキニ姿。
IMG_20210203_073948.jpg
緊急事態宣言が、まさかの1ヶ月延長の3月7日まで実施された。
知事同士で決められてしまったが、敷設へいこうと考える人々もますます厳しい状況しかありません。いつ終わるのか心配の方々もいるかもしれませんねー。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

大内珠光、妙玖、五龍局、津和野局、矢野備後守の娘

大内義隆の娘、大内義教,大内義尊の姉の大内珠光が尼さん。
毛利元就夫人の妙玖が子供(男)
毛利元就の娘の五龍局が子供(女)。
吉見広頼夫人、毛利輝元の娘の津和野局が漁師。
安芸弘恒夫人の矢野備後守の娘が漁師。

「牡蠣地蔵」(かきじぞう)
  (山口県萩市の昔話)
むかし、7月16日のこと。
一人の尼さんが、盆踊り見物する子供たちの後を行くと、
IMG_20210202_183443.jpg
一人の子どもが、「牡蠣が取れた」と歌うと、他の子供が、「牡蠣が取れた耳二つ。」と歌って、不思議に思い、
IMG_20210202_183636.jpg
「そこのあんた、歌を歌ってるの。」
と、聞きますと。
「あー、網にかかった、牡蠣のかたまりで、あの牡蠣を剥がしたら、耳が出たのじゃ。」
といいます。
「え、何、耳が出ているの、何の耳かなー。」
といいますと、
IMG_20210202_183820.jpg
「あれは地蔵さんの耳のことじゃ。」と答えた。
IMG_20210202_184412.jpg
聞き出してみますと、先立って網にかかった牡蠣のかたまりは、石の地蔵にくっついたものだったというので、
IMG_20210202_185649.jpg
尼さんは、驚いて、その地蔵の捨ててあるという浜辺に行ってみると、
「あら、これは、もったいない地蔵様じゃ。」
IMG_20210202_184542.jpg
と、漁師に頼んで、龍雲寺に運んでもらい、
IMG_20210202_184714.jpg
念願をかけて、地蔵堂を建てました。そこにおまつりしました。
  (おしまい)
IMG_20210202_185500.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

三好御前

三村宗親夫人の三好御前の赤ビキニ姿。
IMG_20210202_074354.jpg昨日、夕方すぎ、仕事から自宅へ着き、私は柔らかいクルミを食べると、左上の3本歯キャップが、取れてしまった。これは悲惨でした。今すぐ、近所の歯科へ電話したら、夜すぎが空いてました。それを診察して、ちゃんと3本歯キャップを固定して付着してくれました。本当に助かりました。今日診察してよかったでした。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/