石井の方、鞍田局、須子夫人、上井薫兼夫人、大草公政の娘、大久保姫

鞍田九左衛門夫人、筒井定次の娘の鞍田局が息子二人。
上井覚兼らの母、肝付兼固の娘の上井薫兼夫人が息子一人。
保々則康夫人、保々則貞の母の大草公政の娘が娘三人。
服部正重(服部半蔵の息子)夫人、大久保長安の娘の大久保姫が娘一人。
石井賢次夫人、山田氏の娘の石井の方が娘二人。  
須子辰盛夫人、上領頼兼の娘、上領頼規の妹の須子夫人が天の神様。

「働き者の兄弟」
 (北海道の昔話)
むかしむかし、
6人の娘は怠け者でした。
春に夏には山で遊び暮らしていて秋になると部落へ戻り、人々に食べ物をもらっていました。
働き者兄弟1.jpg
6人の娘の隣の家には働き者の息子が3人いました。春、夏、秋、冬といった朝から晩までの仕事に励んでいきました。働き者兄弟2.jpg
ある時、3人息子と6人の娘が口論をした。
「おい、ぶらぶら遊んでばかりいないで、たまにはオラたちと畑でもやれよ。」
「嫌なこった、あんたたちと畑なんぞやれば手が汚れるから。」
「汚れたら川へ行って洗えばいいんだろ。」
「川へ行ったら流されるから。」
「流されたら柳の枝に捕まればいいじゃないの。」
「柳の枝に捕まれば手が切れるから。」
「手が切れそうなら縛ったらいいじゃないの。」
「縛っても胸がドキドキして切ないよ。」
「この表情者め!」働き者兄弟3.jpg     
3人兄弟は6人の娘を追いかけた。娘たちは舟に乗って逃げて 、十二の手でカジを漕いだ3人兄弟に飛び乗り,六つの手でカジをこいだが、娘の舟には追いつかなんだ。働き者兄弟4.jpg
これを見ていた天の神様が6人の娘を捕まえて空へ放り投げました。働き者兄弟 5.jpg
すると、たちまち娘は六つの星に変わってしまいました。働き者兄弟7.jpg
神様は三人兄弟に言いました。
「お前たちはよく働いて感心な息子たちだったな。世の人の手本となるよう美しい三つの星にしましょう。」
息子たちは輝くばかりの星になりました。
働き者兄弟6.jpg
夏の畑の忙しい間に、6人の娘のスバルは隠れているが畑の終わった冬になると東の空に現れる。それを追って、3人息子のオリオン三星が空に上がり、今でも6人の娘を追いかけているそうな。
これが夜空の星同士になった話でした。
  (おしまい)
働き者兄弟8.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年12月29日 09:27
おはようございます♪
カラフルで楽しい♪
怠け者にならない程度には、お掃除して新年を迎えたい!
アイヌ民族の話には、このように優しい説話が沢山あるのです。
sisi
2020年12月31日 23:48
もうへとへとさん、ありがとうございます。アイヌ民話の面白さをブログ初登場になります。
怠け女性もちょうど、大掃除の時期と同じようですね。
今回は久々にパソコンで表現してカラフルしました。アニメのような感じですね。