栗林頼忠の娘、秋篠和泉守の娘

深沢利重夫人の栗林頼忠の娘が、大ミヅチ。
柳生三厳夫人の秋篠和泉守の娘が、カサノオミ。

「ヒョウタンと大ミヅチ」

(岡山県倉敷市の昔話)

遠い大むかし,吉備の国は,カサノオミという豪傑がおさめてた。

その自分,今の高梁川の下流,川辺のあたりは,川島川とよばれ,瀬戸内海へ続いた。その川島川に川口のあたりに,大きな淵ができて,そこに,古いミヅチが住んでたそうな。

20A4CDCD-81C4-4EAF-A368-F308B27128AE.jpeg

ミヅチというのは,水の中に住む大蛇のことじゃ。古くなると、魔力が備わってくるそうじゃ。川辺のあたりは,大和(奈良)と九州の間を行き来する、いかいこと(たくさん)とおる。

陸には,後に山陽道とよばれるようになった。大和へ通じる大事な道があり、一番、交通の盛んなところだ。

157BA7DE-3322-4978-8AD4-0883B19F5641.jpeg

その旅人たちや、船が、ミヅチに襲われ,毒を吐きかけ、沈められたり、殺されたりした。西と東の交通の、一番大事なところにおって、悪い事するかもしれない、みんな弱ってから、カサノオミに訴えて出たんじゃ。

8B23974A-32BA-4600-A53F-BC78B25D2159.jpeg

カサノオミは、肝っ玉が大きく、力も強かった。ミヅチが暴れまわると聞いて,大事にやってきた。今の八幡山の麓にあった淵は、不気味な色に静まりかえった。カサノオミは,岸の岩に腰掛けて、淵をじっとにらみ、その岩が、カサノオミの腰掛け岩というて、残っとる。

0931E71E-D53E-41B0-875E-C0E4B94DC002.jpeg

家来がヒョウタンを差し出した。ヒョウタンを、何するのかて?うむ。ヒョウタンには、神様がやどってうるんじゃ。そこで、いろんな占いに使われたり、魔除けを使われたりしたそうな。

6B51FEAF-1DF7-4D27-ACCF-2F5E9EAE1B2D.jpeg

カサノオミは、神様に祈って、ヒョウタンを3個、淵の中へ投げ込んだ。そうして、剣のつかに手をかけ、水の中へ呼びかけた。

「ミヅチよ、お前、民人に悪事を働く、ふらちなやつじゃ。わしは,お前を退治にしにきた。お前の魔力が強ければ、この神のやどるヒョウタンを、沈めてみよ。もし、沈めること出来ねば、たちどころに、お前を殺したしまうぞ。」

8A20D56A-A3A8-473C-93E3-C71B38C403DE.jpeg

静かだった淵が、急に、ゴォーと渦巻いて、大ミヅチが現れた。淵には、枝の角が生えていて、気味悪い色をした体には、一面に白いマダラが見えた。

ミヅチは、ヒョウタンに襲いかかった。身体をうねくらせるたびは、水しぶきがあがった。上から見とると、白いマダラと角は、ちょうど、鹿が木の中で暴れまわるようだそうな。けえども、さすが、魔除けのヒョウタンじゃ。ひとつ沈んだとおもやあ、他のが沈んどる。なかなか沈まない。ミヅチは,次第にくたびれてきて,ヒョウタンをもてあましだした。

C349D920-B894-44D5-BE18-99ADD3032B6C.jpeg そのときを狙ろうて、カサノオミは,淵に飛び込んだ。剣で、大ミヅチをズタズタに、切り裂いてしもうた。
05AF825D-E9F9-412D-A4B0-C459F87C8DD1.jpeg

淵のもっと底を探ったら、仲間のミヅチがおった。

04EB41E7-9B32-409F-BD48-9BCE1378DDBA.jpeg これも、みな切り殺した。淵の水は、真っ赤に染まったそうじゃ。これで、川島川は、ようやく、平和になりました。カサノオミは『あがたもり』という役でしたので、この淵は、あがたもりの淵よばれた。 

       (おしまい)

C2A9C0F7-3164-4447-B6FD-F857960319CC.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月09日 16:17
こんにちは。
ミヅチが意外にも可愛いので 最後ちょっと可哀そうに思ってしまいました。
ひょうたん3個でどう退治するのかと思ったら なるほどそうでしたか。
sisi
2020年11月09日 23:53
にゃーちゃん、ありがとうございます。
ミヅチは、古代の伝説です。これを弱点として退治するしかないと考えていますね。
2020年11月11日 22:41
こんばんは♪
高尾山を歩いていたら、蛇に注意の看板がありました。
出てこなくて良かった!
カサノオミは、勇気があるわね!
私は、逃げます(笑)
sisi
2020年11月14日 23:15
もうヘトヘトさん、ありがとうございます。
高尾山で蛇一匹居なくてよかったですね。
カサノオミは、倉敷にとっての勇者ですからね、いい平和が作れます。