和智の方,乙御前,朝岡局

和智元盛夫人,宮景盛の娘の和智の方が坊さん。
河内枚方城主・本多康政は娘の乙御前が桃の木の主。
堀利重の娘,朝岡国孝夫人の朝岡局が虫。
「虫入りの桃」
(大阪府枚方市の昔話)

むかしむかし,
河内の国の枚方の楠葉の村に一人の坊さんが歩いてきました。
虫入りの桃1.jpg
この坊さんは,遠い高野山から修行のため銭がなく、何日も食えないまま歩き続いていたが、体の限界となり倒れてしもうた。
虫入りの桃2.jpg
倒れていた坊さんは目の前にたくさんの桃の木をみつけた。
虫入りの桃3.jpg
「あのー,私は遠い高野山から修行で歩いていて何日も食べていません。その桃をひとつだけでも分けてもらいませんか,このまま食べなかったら私はもう死んでしまいます。どうかひとつでもお願いします。」
虫入りの桃 4.jpg
桃の木の主は,
「桃ひとつ・・・・・.あー,その桃全部はな,虫が入って腐ってるんや、分けてはやりたいけどな,坊さんがその桃を食べたらホンマに死んじゃうでー。」
と冷たく言った。
虫入りの桃 5.jpg
坊さんは,
「そうですか,食べれないが残念を感じます。」と諦めて帰ってしもうた。
虫入りの桃6.jpg
実はいうと,この桃の木の主は、たいそうけちで自分の持っているものを誰にもひとつあげない汚い手をつかう男でした。
「まんまとひっかかった、ほなワシが待っていた桃をごちそうしようか。」
虫入りの桃9.jpg
すると,桃をとった主は,召しあがると、なんとホンマに桃の中から虫が入っていました。
虫入りの桃7.jpg
「な,なんや!む,虫ー!」
主はいくつか桃を取ってみると,どれもこれも全部が虫入りだらけ。
「どういうことやー!これは食べれへん!」と冷や汗で驚いた主は枝だけが残り、桃が空っぽで食べられないままでした。
虫入りの桃 10.jpg

虫入りの桃8.jpg

あの主が意地悪な手をつかうのがホンマに桃の中から虫が入ってバチがあたってしまいました。
    (おしまい)
虫入りの桃 11.jpg

ブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年04月07日 09:45
こんにちは

いよいよ緊急事態宣言ですね。
どうなるんでしょうか。
sisi
2020年04月21日 14:34
トトパパさん,ありがとうございます。
緊急事態宣言が続きますね。
私も休業要請なしの仕事を続けています。