テーマ:関東地方の民話

梶局、梶浦夫人

徳川家康と本多忠勝家臣・梶正道の娘(長女)の梶局が、布団、寝る人。 蜂須賀正利の娘、梶浦雅範夫人、蜂須賀正勝、蜂須賀又十郎らの妹の梶浦夫人が、夜具、寝る人。 「夜具と布団」 (神奈川県藤沢市の昔話) むかし、夜具と布団はどうやって使うのかの話でもしましょう。 ある夜、夜具と布団は酒を飲みながら楽しく食べていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成吉殿、お辰の方、内山御前

赤井忠家夫人、成吉新左衛門の娘の成吉殿が絵描き、死人。 山口重勝夫人のお辰の方が竜、死に絶える一人。 内山清宗夫人、村上義清の娘の内山御前が物知り爺さん、ナメクジ。 「竜の絵」 (栃木県の昔話) むかし、一人の絵描きさんがありました。 ある時、自分の家の店看板に大きな竜を描いてあげました。 すると、その下から前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高寿院、北条七曲殿、北条ちよ

上阪政綱の娘、高橋種資(北条康種の息子)夫人の高寿院が、魚屋さん。 北条氏康の娘、北条氏茂夫人の北条七曲殿が商人の飼い猫。 北条氏綱の娘、葛山氏元夫人の北条ちよが、商人。 今日2月22日は、猫の日です。 猫にちなむ日本の民話を紹介しましょう。 「小判を運んだ猫」   (東京都の昔話) むかし、江戸の町に、商人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若御前、中島元行夫人

池田恒興の娘、豊臣秀次夫人の若御前が、大鯉、カエル、村人。 清水景治の娘の中島元行夫人が、村人。 「小沼の大鯉」   (群馬県前橋市の昔話) むかしむかし、赤城の山のところには、大沼と小沼がありました。 小沼は、少し高いところがあります。 小沼のいい天気の日には、六尺もある眩しいような大鯉の姿が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

明智光忠夫人、武田佐吉の娘

明智光秀の娘の明智光忠夫人が、蛇どん、ミミズどん、カエル。 下方貞清夫人の武田佐吉の娘が、ネズミ、リス。 「蛇とミミズ」 (東京都西東京市の昔話) むかしむかし。 いい声する蛇どんがいました。おまけに歌を歌うのも上手な声もします。 ところが、いい声するかわりに、目を持ってません。蛇どんもこれには困った。 あの目がな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、明智美津、称野原の方、今西春房、今西春光(新春歴史水着クイーンスペシャル3…

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、憲兵、村の母さん。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が脱走兵、村のばあさん。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が脱走兵、村の女、トイプードル、ニワトリ。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が脱走兵、村の姉さん。 清水景治の娘の称野原の方が巡査、村の男。 摂津今西家36代目の今西春房が、村のじいさん。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

元光の方、佐久山御前

大田原資清の娘、佐久山義隆夫人の佐久山御前が老人。細川澄元の娘、若狭武田氏当主・武田元光夫人の元光の方が蛇。「オッカナ淵」   (栃木県塩谷町の昔話)むかし、中阿久津村(高根沢町)の富士見坂の下に大きな沼があり、人々はオッカナ淵をと呼んでおった。この沼には、どんなに深いか底も知れず、恐ろしい大きな蛇が住んでいると言わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

結城政朝、宇都宮御前、沢村御前、氏家古奈、那須政資夫人

結城氏広の息子、下総結城城主の結城政朝が通りかかる殿様。那須資親の娘、宇都宮成綱夫人の宇都宮御前が、山芋掘り子供。結城政朝の娘、結城顕頼、那須資永の妹、沢村三郎夫人の沢村御前が、山芋掘り子供の姉。氏家行広の娘の氏家古奈が氏家の殿様。岩城常隆の娘の那須政資夫人が阿久津の殿様。 「塩谷の殿様ばなし」(栃木県塩谷町の昔話)むかし、栃木の塩谷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江田の方、香山妙春

江田隆貫夫人、深尾隆兼の妹の江田の方が鳥を思う男。黒田官兵衛の妹、黒田職隆の娘、三木清閑夫人の香山妙春が杭と思う男。 「飛んでも杭」 (神奈川県の昔話)むかしむかし、神奈川は鶴見の潮田町一帯がまだ足の原っぱだった頃、波打ち際に黒いものが見えました。通りすがった2人のうち1人が、「あれはなんだ、杭か。」と言いました。そしてお互いに、「杭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小池殿,徳川頼房,安威の方,十時殿,安東連実

金上盛備夫人の小池殿がホラを吹く男。 安威忠衛門の娘、豊臣秀頼夫人の安威の方が馬。 徳川家康の息子の徳川頼房が水戸の殿様。 十時山城守の娘の十時殿と夫で安東家忠の息子の安東連実が村人たち。 「納豆の話」 (茨城県那珂市の昔話) むかし、茨城の額田と言うところにホラを吹く男がいました。 ホラ吹くには、水戸の殿…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

敷根殿、執行種吉夫人,神保氏張、神保稲葉夫人

敷根頼元の娘,敷根立輔夫人の敷根殿がアシカ。石井四郎左衛門の娘の執行種吉夫人が漁師。神保氏重の息子,越中守山城主の神保氏張と織田信長の姉、神保氏張のち稲葉貞通夫人の神保稲葉夫人が子供たち。 「アシカの恩返し」(千葉県銚子市の昔話) むかし、千葉の銚子は海鹿島(あしかじま)にかわいいアシカが住んでおった。浜辺の子供たちはそのアシカを突…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本多広孝の娘、八戸殿、九戸信仲、九戸実親、七戸殿

松平康直夫人、蓮姫の母の本多広孝の娘が河童。 九戸信実の息子の九戸信仲が父親。 八戸但馬の娘、九戸信仲夫人の八戸殿が母親。 九戸信仲の息子の九戸実親が男の子。 七戸家国夫人、九戸信仲の娘の七戸殿が女の子。 「河童ホオズキ」 (東京都の昔話) むかし、多摩川には河童がいまして、子供たちが水浴びに行くとき・・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松平清宗、松平家清、久志本常興

徳川家康の家臣、松平家清の父、松平清善の息子の松平清宗が父親。 三河国三田初代藩主、松平清宗の息子の松平家清が息子。 豊受大神宮の医者の久志本常興が医者。 「うなぎの供養」 (埼玉県草加市の昔話) むかし、埼玉の草加の遊馬村は毛長川の流れを沿う大きい沼や小さい沼が数多かったり、のどかな地帯が広がっていました。 遊…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more