テーマ:日本の民話

伊都、八十姫、あま(本淨院)、松尾の方、竹之丸殿(13周年企画かまぼこ板絵3)

加藤清正の母、尾張国鍛冶屋の清兵衛の娘、加藤清忠夫人の伊都が、ネズミ父。 加藤清正夫人の竹之丸殿が、ネズミ母。 竹之丸殿と加藤清正の娘、あまの姉の八十姫が、チュン吉。 竹之丸殿と加藤清正の娘、八十姫の妹のあまが、チュー子。 塩谷義綱夫人、松尾勒負の娘の松尾の方が、お日様、月、雲、風、壁。 「ネズミの嫁入り」    (大阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梶局、梶浦夫人

徳川家康と本多忠勝家臣・梶正道の娘(長女)の梶局が、布団、寝る人。 蜂須賀正利の娘、梶浦雅範夫人、蜂須賀正勝、蜂須賀又十郎らの妹の梶浦夫人が、夜具、寝る人。 「夜具と布団」 (神奈川県藤沢市の昔話) むかし、夜具と布団はどうやって使うのかの話でもしましょう。 ある夜、夜具と布団は酒を飲みながら楽しく食べていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成吉殿、お辰の方、内山御前

赤井忠家夫人、成吉新左衛門の娘の成吉殿が絵描き、死人。 山口重勝夫人のお辰の方が竜、死に絶える一人。 内山清宗夫人、村上義清の娘の内山御前が物知り爺さん、ナメクジ。 「竜の絵」 (栃木県の昔話) むかし、一人の絵描きさんがありました。 ある時、自分の家の店看板に大きな竜を描いてあげました。 すると、その下から前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井くす、三の丸、江梨殿

浅井長政の娘、京極竜子の乳母、豊臣秀吉の侍女の浅井くすが、近江商人。 織田信長の娘、豊臣秀吉、二条昭実夫人の三の丸が、尾張商人。 江梨大学の娘、高橋氏高夫人の江梨殿が、紀伊商人。 「ほらふき商人」  (滋賀県近江八幡市の昔話) むかし、京都の商人宿で、紀州と尾張と近江商人が、同じ部屋に泊まっていました。 夕飯のあと、思わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛姫(めごひめ)、五郎八姫(いろはひめ)、牟宇姫

伊達政宗と愛姫の娘、松平忠輝夫人の五郎八姫が、のんびり息子。 伊達政宗夫人、田村清顕と於北の娘の愛姫が、母さん。 伊達政宗と阿山の方の娘の牟宇姫が、ニワトリ、黄ヒヨコ、黒ヒヨコ。   東日本大震災から10年経ちます、10年後は幸せに変化されたか、それとも、苦しみ続けたのか・・・・・・。 宮城県にちなむ民話を紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙桃院綾、三浦義意夫人、光徳院

上杉謙信の姉の仙桃院綾が猫谷に住む猫たちと死骸の猫。 真里谷信勝の娘、真里谷恕鑑の妹の三浦義意夫人が村人。 武田信孝の娘の光徳院が村人。 今日は桃の節句なので、それにふさわしい日本の民話を紹介しましょう。 というわけで、当ブログの日本の民話コーナーが、これで100話目になりました。 「猫谷の節句」  (大阪府吹田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高寿院、北条七曲殿、北条ちよ

上阪政綱の娘、高橋種資(北条康種の息子)夫人の高寿院が、魚屋さん。 北条氏康の娘、北条氏茂夫人の北条七曲殿が商人の飼い猫。 北条氏綱の娘、葛山氏元夫人の北条ちよが、商人。 今日2月22日は、猫の日です。 猫にちなむ日本の民話を紹介しましょう。 「小判を運んだ猫」   (東京都の昔話) むかし、江戸の町に、商人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若御前、中島元行夫人

池田恒興の娘、豊臣秀次夫人の若御前が、大鯉、カエル、村人。 清水景治の娘の中島元行夫人が、村人。 「小沼の大鯉」   (群馬県前橋市の昔話) むかしむかし、赤城の山のところには、大沼と小沼がありました。 小沼は、少し高いところがあります。 小沼のいい天気の日には、六尺もある眩しいような大鯉の姿が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

御ツマキ、柘植宗次夫人

明智光秀の妹の御ツマキが、猿。 佐藤継成の娘の柘植宗次夫人が、河童。 「猿と河童」 (長崎県の昔話) むかしむかし。 猿と河童が喧嘩をしてしまいました。 というわけで、河童が負けました。 河童はどうかして猿に仇打ちをしてくれないかと思っていました。 ある日のこと、河童は自分の家へ猿をごちそうによんで、なんとと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明智光忠夫人、武田佐吉の娘

明智光秀の娘の明智光忠夫人が、蛇どん、ミミズどん、カエル。 下方貞清夫人の武田佐吉の娘が、ネズミ、リス。 「蛇とミミズ」 (東京都西東京市の昔話) むかしむかし。 いい声する蛇どんがいました。おまけに歌を歌うのも上手な声もします。 ところが、いい声するかわりに、目を持ってません。蛇どんもこれには困った。 あの目がな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上原元将夫人、上原元将

毛利元就の娘の上原元将夫人が、ばあさん。 毛利元就らの家臣の上原元将が、乞食の坊さん。 「跡隠しの雪」   (新潟県の昔話) 昔々のあるところに貧乏のおばあさんが住んでおりました。 冬の初め頃この村には乞食のお坊様がまわって来て、おばあさんのとこへ来た時は、もう暗くなってしまいました。 「ばあさま、今夜は一晩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大内珠光、妙玖、五龍局、津和野局、矢野備後守の娘

大内義隆の娘、大内義教,大内義尊の姉の大内珠光が尼さん。 毛利元就夫人の妙玖が子供(男) 毛利元就の娘の五龍局が子供(女)。 吉見広頼夫人、毛利輝元の娘の津和野局が漁師。 安芸弘恒夫人の矢野備後守の娘が漁師。 「牡蠣地蔵」(かきじぞう)   (山口県萩市の昔話) むかし、7月16日のこと。 一人の尼さんが、盆踊り見物…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明智美津、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル42)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津がクジラ。 杉元相の娘の鳥田武通夫人がブリ、カツオ、マグロ、かもめ。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘がタワラゴ。 「クジラとタワラゴ」   (山口県の昔話) むかしむかし。 海に住むクジラが、威張りながら自慢した。 「俺様は、この世界のうちで大きくて、俺様ほど強いものはいないな。俺様は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

称野原の方、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル41)

清水景治の娘の称野原の方が、おじいさん。 小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方が、おばあさん。 「そうめんばなし」 (大分県別府市の昔話) むかしむかし。 おばあさんから、そうめんを買ってきてくれと頼まれたおじいさんがおつかいとして、日田に行き、そうめんを買い上げて、家に帰りました。 おじいさんが買ったのはなんと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥田武通夫人、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル39)

杉元相の娘の鳥田武通夫人がムジナ。 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が村人。 「ムジナの星見」   (長野県の昔話) ムジナというのは、人を騙したりするというあまり評判良い動物ではありません。 むかしむかし、信濃の国のムジナでは、星を眺めるの出そうな。 この土地の夜空があんまり美しいだろうか。ムジナは犀川べり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小場の方、称野原の方、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル38)

清水景治の娘の称野原の方が六さん。 小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方が河童。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が馬。 「河童からのザザ虫」  (長野県木曽町の昔話) むかし、川奉行の六さんが、馬に乗って天竜川を見回っていると、 水の中から河童が現れ、いきなり馬のしっぽに飛びついた。六さんは、馬もろとも、危なく川の中へ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、明智美津、称野原の方、今西春房、今西春光(新春歴史水着クイーンスペシャル3…

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、憲兵、村の母さん。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が脱走兵、村のばあさん。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が脱走兵、村の女、トイプードル、ニワトリ。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が脱走兵、村の姉さん。 清水景治の娘の称野原の方が巡査、村の男。 摂津今西家36代目の今西春房が、村のじいさん。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル26)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が猫。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が犬(シュナウザー)。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が怠け男。 清水景治の娘の称野原の方が伯父、乙姫。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が嫁、河童。 「猫と犬と河童」  (長崎県の昔話) むかし、長崎の小浜に、大変怠け男がいまして、嫁はもらいました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル23)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が別の坊さん。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が最初の坊さん。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が犬(秋田犬)と猫。 清水景治の娘の称野原の方がおばあさん。 杉元相の娘の鳥田武通夫人がおじいさん。 「犬と猫の報恩」 (秋田県の昔話) むかし、秋田のある村に、心根の優しい老人夫婦が住…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戸村義国、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、称野原の方(新春歴史水着クイーンスペシャル6)

戸村義和の娘、出羽国久保田藩士の戸村義国が田原の百姓老人。 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が三平。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が百姓、村の動物。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が村長、百姓、村の動物。 清水景治の娘の称野原の方が百姓、村の動物。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が百姓、村の動物。 「三平長嶺(さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル3)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が、村人、白鳥。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が、村人、牛。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が農牛。 清水景治の娘の称野原の方が農牛。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が村人、農牛。 「農牛と農鳥」   (山梨県甲斐市の昔話) むかしのこと。 北巨摩には、茅が岳の村々は昔から水飢饉に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宇佐美長元の娘、称野原の方、明智美津、鳥田武通夫人、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル2)

久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が若い男。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が雪まみれの村人。 清水景治の娘の称野原の方が爺さん。 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が爺さんの孫娘。 杉元相の娘の鳥田武通夫人がおもちゃを持つ子供。 「大の字のキジ馬」 (熊本県人吉市の昔話) むかし、人吉の藍田村(間町)に、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

成瀬まさ,明智美津

徳川家光夫人の成瀬まさが、ネズミたち。明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が一番大きいネズミ。 今年最後ありがとうの子年、ネズミにふさわしい日本の民話をします。 「食いつくネズミの尾」  (鳥取県の昔話)むかしむかしのある時に日本のネズミが、唐の国へ渡りたくなってきました。どうして渡ろうようもなし、1匹がまず海へ飛び込んできました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石井の方、鞍田局、須子夫人、上井薫兼夫人、大草公政の娘、大久保姫

鞍田九左衛門夫人、筒井定次の娘の鞍田局が息子二人。 上井覚兼らの母、肝付兼固の娘の上井薫兼夫人が息子一人。 保々則康夫人、保々則貞の母の大草公政の娘が娘三人。 服部正重(服部半蔵の息子)夫人、大久保長安の娘の大久保姫が娘一人。 石井賢次夫人、山田氏の娘の石井の方が娘二人。   須子辰盛夫人、上領頼兼の娘、上領頼規の妹の須子夫人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長坂信宅、石原の方、長坂信政、志岐殿,佐藤姫

長坂信政の息子、徳川家康の家臣の長坂信宅が旅の夫。 長坂信宅夫人、本田忠勝家臣・石原貞続の娘の石原の方が旅の妻。 三河の松平氏家臣の長坂信政が小雨坊。 政島津義虎の娘、志岐親重夫人の志岐殿が村の人。 佐藤清信の娘、佐藤秀方の妹、遠藤慶胤夫人の佐藤姫が宿の女将。 「小雨坊」 (青森県の昔話) むかし、津軽の山中に現れる小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西田殿、准如

顕如の息子、浄土真宗僧の准如が和尚さんにホトトギス。六郷政乗夫人、西田吉久の娘の西田殿が小僧さん。 「デシコシ鳥」  (香川県の昔話)むかしむかし。ある村に和尚さんと小僧さんがおりました。ある日、小僧が山へ行っていも掘りに行きました。小僧は、和尚さん思いで知ったから、芋のおいしそうなところは和尚さんに上げて、自分の芋の尻の砂まじりのと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野正勝夫人、とも(日秀)、村尾殿、東郷重政の娘

豊臣秀吉の姉のともが、細田の爺さんの牛。分部光嘉の娘の長野正勝夫人が細田の爺さん。栗山利章の母、栗山善助夫人の村尾殿が子熊から大熊。新納久道夫人の東郷重政の娘が立谷の牛。「立谷の牛」(福島県の昔話)むかし,相馬の細田には,爺さんがいた。よく牛を連れては天明山麓へ柴刈りに行った。ある寒い冬の日,いつものように山麓まで来た時,祠の中に1匹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

細川晴元、細川晴元夫人

足利義晴、義輝の家臣の細川晴元が爺さん,飼い犬(シュナウザー)。六角定頼の娘の細川晴元夫人が婆さん。 「菜酒ない」(新潟県上越市の昔話)むかしむかし、あるところに爺さんと婆さんとあった。婆さんは山へ菜取りに行った。爺さんは酒屋で酒を買いに行った。はして,酒買いに行ったもんが、酒なくて,そんまあ帰ってきた。婆さんはまた、菜取り行ったでも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神前の方、川上久謂夫人

神前宗行の娘、神前是光夫人の神前の方が蛙。中原円覚坊の娘の川上久謂(ひさいい)夫人がムカデ。 「蛙とムカデの買い物」 (滋賀県の昔話)むかしむかし、、近江の宿に泊まっていたムカデと蛙がいました。ムカデが、「ひとつ、うまいもん食べようじゃないか。」と言うた。蛙は、「おー、酒のつまみにもいいぞ。」と言った。蛙が、酒買いに、ムカデが、魚買い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

松浦姫、一条内政夫人、一条内政、草刈衡継、山名兵庫頭の娘

西郷信尚夫人の松浦姫と長宗我部元親の娘の一条内政夫人が坑夫。一条兼定の息子、土佐一条氏当主の公家大名の一条内政が組合幹部。草刈衡継夫人の山名兵庫頭の娘が主婦。毛利元就の家臣、草刈景継の息子の草刈衡継が主婦の夫。 「希望退職」(福岡県の昔話)むかし、ある炭坑で、大幅な人員整理をすることになって希望退職をつのりました。そして、労働組合も、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more