テーマ:日本の民話

小池殿,徳川頼房,安威の方,十時殿,安東連実

金上盛備夫人の小池殿がホラを吹く男。 安威忠衛門の娘、豊臣秀頼夫人の安威の方が馬。 徳川家康の息子の徳川頼房が水戸の殿様。 十時山城守の娘の十時殿と夫で安東家忠の息子の安東連実が村人たち。 「納豆の話」 (茨城県那珂市の昔話) むかし、茨城の額田と言うところにホラを吹く男がいました。 ホラ吹くには、水戸の殿…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

和智の方,乙御前,朝岡局

和智元盛夫人,宮景盛の娘の和智の方が坊さん。河内枚方城主・本多康政は娘の乙御前が桃の木の主。堀利重の娘,朝岡国孝夫人の朝岡局が虫。 「虫入りの桃」(大阪府枚方市の昔話) むかしむかし,河内の国の枚方の楠葉の村に一人の坊さんが歩いてきました。この坊さんは,遠い高野山から修行のため銭がなく、何日も食えないまま歩き続いていたが、体の限界と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

敷根殿、執行種吉夫人,神保氏張、神保稲葉夫人

敷根頼元の娘,敷根立輔夫人の敷根殿がアシカ。石井四郎左衛門の娘の執行種吉夫人が漁師。神保氏重の息子,越中守山城主の神保氏張と織田信長の姉、神保氏張のち稲葉貞通夫人の神保稲葉夫人が子供たち。 「アシカの恩返し」(千葉県銚子市の昔話) むかし、千葉の銚子は海鹿島(あしかじま)にかわいいアシカが住んでおった。浜辺の子供たちはそのアシカを突…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三浦の方、井上正勝夫人、内藤政長、加藤重次、加藤重次夫人、上領夫人

三浦貴久の娘、武田信友夫人の三浦の方が魚売り。 内藤政長の娘の井上正勝夫人、内藤家長の息子の内藤政長、佐々成正重臣・加藤清正家臣の加藤重次、内藤政長の娘の加藤重次夫人、上領頼規夫人・吉見頼興の娘の上領夫人が町の人。 上領夫人が犬(トイプードル)、加藤重次夫人が白猫。 「あじないさば」 (奈良県吉野町の昔話) むかしむか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿子畠御前、春松院、小沢忠重夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル6)

大俵胤清の娘の鹿子畠御前が狐。宍戸隆家の娘の春松院が坊さん。長田重元夫人の小沢忠重夫人が通行人、村人。 「咳狐」(せきぎつね)(京都府南丹市の昔話) むかしむかしは丹波国の山奥に1匹の狐が住んでおりました。その狐は朝から晩までコホンコホンと咳の一声すると、どんな人間や動物の姿を化けて、道に通ってくる人間を騙す悪知恵を働かします。この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小見の方、濃姫、斎藤利治、佐藤忠能

濃姫の弟、斎藤道三と小見の方の息子の斎藤利治が五平。 佐藤清房の息子、加治田城主の佐藤忠能がとなりの爺さん。 明智光継の娘、斎藤道三夫人の小見の方が母狐。 織田信長夫人、斎藤道三と小見の方の娘の濃姫が子狐。 「三ツ池の狐」 (兵庫県篠山市の昔話) むかし、丹波篠山の剛山の北側に三つに古い池があり三ツ池と呼ばれているそ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今川直房、矢島菜緒、勝子

今川範以の息子の今川直房が藍屋の爺さん。 矢島重成の娘、高橋紹運の養女、今川直房夫人の矢島菜緒が藍屋の婆さん。 織田信行の侍女の勝子が牛(べこの子)。 「べこの子」 (徳島県の昔話) むかし、正月がやってきて、藍屋の爺さんと婆さんが住んでおった。 藍屋のあいがめに飼っていたべこの子が落ち込んでいました。 べ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

河窪姫、河口殿

河窪信実の娘、小笠原長巨夫人の河窪姫が婿さん、鳩。河口久氏夫人、杉原盛重の娘の河口殿がお隣さん。 「鳩が聞いてる」 むかし、ある山里にバカな性格の婿さんが、なぜか畑で豆をまいていました。畑仕事をしに行くお隣さんが通りかかると・・・「おーい、畑で何をしてるんだ。」それを聞く婿さんは、わざわざ畑から出て来て、その人の耳元に小さな声でいく…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

青木重正、青木マン、最上義守、千子姫、末次元康、矢野姫、下間仲世、下間仲世夫人

朝倉宣親と長松院の息子の青木重正、毛利元就の息子の末次元康、下間仲孝の息子の下間仲世、最上義光らの最上義守が漁師。 伊達政宗の妹で伊達輝宗と義姫の娘の千子姫、青木重兼の娘の青木マン、下間頼廉の娘の下間仲世夫人、吉見広頼の娘の矢野局が村人の女、猫、犬、ニワトリ。 「ニワトリのたたり」 (和歌山県の昔話) むかし、和歌山の松…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蜂須賀まつ(大匠院)、国分盛重夫人、国分盛廉

蜂須賀正勝夫人、蜂須賀家政の母、三輪吉高の娘の蜂須賀まつが、惣兵衛、小鳥、柴犬。 国分盛廉の娘の国分盛重夫人が、乙姫。 国分盛氏の息子の国分盛廉が、水神様。 「菜売り惣兵衛」 (徳島県の昔話) むかし、惣兵衛という貧乏な菜売りがおった。 毎日町へ菜を売りに行きましたが口過ぎておりました。 そろそろ正月がやってくるの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

摩阿姫、久昌院、荒武殿

前田利家とまつ(芳春院)の娘、豊臣秀吉及び万里小路充房夫人、前田利忠の母の摩阿姫が蛙、ウサギの医者。 金森長近の娘の久昌院がネズミ。 伊東義祐夫人の荒武殿が二羽のカラス。 「蛙どんとネズミどん」 むかしむかし、ある村里に 仲のいい蛙どんとネズミどんがいました。 蛙どんとネズミどんは、囲碁の相手として勝っても負けて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

烏丸光広、村上頼勝、夏目殿

烏丸光宣の息子の烏丸光広が烏丸さん。初代越後村上藩主の村上頼勝が百姓。夏目吉信の娘、松下之綱夫人の夏目殿がカラス。 「逃げた烏丸さん」(大阪府高槻市の昔話)むかし、摂津の国の高槻は上牧(かんまき)という村に京の公家の烏丸さんの土地がありました。秋になると、淀川あたりの田んぼの稲が黄金色にゆらゆらと米も良い出来で実った。京からやってきた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

和田定利、青山幸利夫人、伊勢龍、和田惟長,宗像氏続夫人、光本の方

和田惟政の弟、和田惟助の息子の和田定利が最初の侍。 加藤明成の娘の青山幸利夫人が幽霊。 大津光本の娘の光本の方、問田弘胤の娘の宗像氏続夫人、鍋島直茂の娘の伊勢龍が城下町の人々。 和田惟政の息子の和田惟長が謡曲をうたう侍。 「八丁松原の幽霊」 (大阪府高槻市の昔話) むかし、高槻の城下町から西国街道に向かう長さを八丁あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高山右近、高山ジュスタ、高山ルチヤ、高山長房

摂津国高槻のキリシタン大名の高山右近が、おとん、飼い犬のポチ。 高山右近夫人の高山ジュスタが、おかん。 高山右近とジュスタの息子の高山長房が、息子。 横山康玄夫人、高山右近と高山ジュスタの娘の高山ルチヤが、娘。 「ギョウザの皮のかわり」 (大阪府高槻市の昔話) むかしの昭和50年代の半ばごろ。 大阪は高槻の住宅の並…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土方雄重夫人、高橋嘉也、高辻姫、細川興元、細川興昌、品川将員、赤雁殿

内藤政長の娘の土方雄重夫人が大道法師。 高橋紹運の娘、立花親家のち細川興元夫人、立花宗茂の養女の高橋嘉也が里人、犬(トイプードル)。 高辻遂長夫人、細川幽斎の孫、細川興元の娘の高辻姫と細川興元の息子、常盤谷田部藩主の細川興昌が里の子供たち。 細川幽斎の息子、初代常盤谷田部藩主の細川興元と品川員永の息子、赤雁殿の父、益田藤兼の家臣の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

角南重義、奥山の方、町田久幸夫人、宇喜多直家、宇喜多秀家、宇喜多秀高

角南伊賀守の娘、日蓮宗徒、宇喜多氏家臣の角南重義が、ののさん。奥山忠久の娘、奥山クスの母、宇喜多秀高夫人の奥山の方が古猫。頴娃久虎の娘の町田久幸夫人が近所の猫たち。宇喜多興家の息子の宇喜多直家、宇喜多直家の息子の宇喜多秀家、宇喜多秀家の息子の宇喜多秀高が村人たち。 「ののさんと古猫」(千葉県の昔話) むかし、下総の古愛戸に大悲山長谷…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梅津憲忠、梅津政景、梅津まつ

梅津道金の息子、佐竹義宣の茶坊主、出羽国久保田藩家老の梅津憲忠が木こりの兄。梅津道金の息子、佐竹義宣の茶坊主、出羽国久保田藩家老の梅津政景が木こりの弟。梅津政景の娘の梅津まつが水神様。 「金の斧と銀の斧」むかしむかし、ある山奥にのんきな兄と真面目な弟という木こりの兄弟が住んでおった。兄は木を切る途中は寝てばっかりサボる。弟は雨も風も雪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜庭直綱、木村の方、妻鹿田の方、豊嶋の方、大沢次郎左衛門夫人

桜庭光康の息子、南部信直・利直の家臣の桜庭直綱がゴンベ。木村秀茂の娘、桜庭直綱夫人の木村の方がゴンベの嫁。妻鹿田新助夫人、上杉憲政の息子・上杉龍若丸の乳母の妻鹿田の方がカラス、村人。豊嶋忠次夫人、日下部定好の娘の豊嶋の方がニワトリ、村人。斎藤道三の娘の大沢次郎左衛門夫が猿。 「ゴンベばなし」(大阪府高槻市の昔話)むかし、摂津国の高槻の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

豪姫、理松院、先勝院

前田利長とまつの娘、宇喜多秀家夫人の豪姫が母親。 宇喜多秀家と豪姫の娘の理松院が姉。 宇喜多秀家と豪姫の娘、理松院の妹の先勝院が妹。 「人形山」 (にんぎょうざん) (富山県南砺市の昔話) むかしむかし、越中の南砺野村に母親と娘姉妹の三人で薪拾いの仕事しながら暮らしておった。 父親は早くも重い病気のため二亡くなった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

源頼朝、平信光の娘

源頼朝・・・平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の初代征夷大将軍。 遊佐続光夫人、長続連の姉の平信光の娘が家来。 「角のないサザエ」(千葉県南房総市の昔話) まだまだ鎌倉幕府になる前のむかし。石橋山の戦いに敗れさった源頼朝は安房の竜島に逃れ、花園の海の浜辺を歩く途中・・・・・・。 なにやら地面にとがったものを踏みつける。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鮎貝殿、里見御前

鮎貝宗益夫人、伊達定宗の娘の鮎貝殿がババア。里見義実の娘、里見義通の妹、里見義正夫人の里見御前が飼い猫のタマ。 「猫の正月」 除夜の鐘を鳴らし、正月がやってきました。むかし、ある豊かな村にほのぼのとしたババアと可愛い猫のタマが住んでおった。二人は待ちに待った正月を楽しくしていました。 そんなわけでババアは猫のタマのために新しい首輪…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小出局、岡本姫、内藤伊勢福、織田元信夫人、新田局、桑波田殿、松木姫、長野吉業夫人

山内一唯の娘、小出吉英の娘の小出局が赤いチョウ。 塩谷義通夫人、岡本正親の娘の岡本姫が黄色いチョウ。 内藤就久夫人、内藤広泰の娘の内藤伊勢福が白いチョウ。 織田寛故の娘の織田元信夫人が天の神。 長尾景誠の娘の長野吉業夫人が赤つつじの花。 桂忠俊夫人、桂忠のリの母の桑波田殿が白いイチゴの花。 小笠原秀政夫人の新田局が風の神。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

文覚、小鳥居御前、母里姫、脇野殿、藺牟田局

この作品は、今年の関西平和美術展覧展の展示作品です。 平安時代の真言宗の僧侶の文覚。小鳥居信元の娘、竜造寺康家夫人の小鳥居御前がモグラ。町田忠房夫人、藺牟田秀重の娘の藺牟田局が小鬼。脇野和泉守の娘、菅正元の娘、菅正利の母の脇野殿がシャチ。母里友信の娘、桐山信行夫人の母里姫が子クジラ。 「クジラとモグラ」(和歌山県の昔話) むかしむ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新発田殿、上井かつけ、乃木の方、日高の方

色部長実夫人、新発田綱貞の娘の新発田殿がミソサザイ。 平田増宗夫人、上井覚兼の娘の上井かつけがタカ。 島津忠仍夫人の日高の方が強い鳥たち、イノシシ。 織田信長の妹、乃木九郎夫人の乃木の方がリス。 「ミソサザイとタカ」 (大阪府高槻市の昔話) むかしむかし摂津国の高槻のポンポン山にタカの大将と強い鳥の仲間たちが宴会を開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

杉森の方、気比夫人、長田重元、長田重吉、長田平蔵、永井尚勝、永井尚勝

松平弘忠・徳川家康家臣、永井直勝の父の長田重元が里人。 長田重元の弟の長田重吉が里人。 長田重元・重吉の弟の長田平蔵が里人。 吉川経基の娘、気比神宮の大宮司関係夫人の気比夫人が里人。 永井直勝の兄、長田重元の息子の永井尚勝が里人。 杉森内蔵介夫人、堀祥の娘の杉森の方が金のチャボ。 「金のチャボ」 (愛知県一宮市の昔話)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長沢夫人、蒲生籍、蒲生賢秀、北秀愛夫人

内河正吉の娘、長沢角左衛門夫人の長沢夫人が犬好き男。 前田利政夫人、蒲生氏郷と冬姫の娘の蒲生籍が犬(ミニチュアダックスフンド)。 蒲生定秀の息子、蒲生氏郷らの父の蒲生賢秀が質屋の主人。 南部晴政の娘の北秀愛夫人が客。 「犬のおつかい」 (兵庫県西宮市の昔話) むかし、昭和初めの西宮の鳴尾に犬好きな男がいまして、男は飼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本多広孝の娘、八戸殿、九戸信仲、九戸実親、七戸殿

松平康直夫人、蓮姫の母の本多広孝の娘が河童。 九戸信実の息子の九戸信仲が父親。 八戸但馬の娘、九戸信仲夫人の八戸殿が母親。 九戸信仲の息子の九戸実親が男の子。 七戸家国夫人、九戸信仲の娘の七戸殿が女の子。 「河童ホオズキ」 (東京都の昔話) むかし、多摩川には河童がいまして、子供たちが水浴びに行くとき・・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円如、高瀬姫

実如の息子、浄土真宗の僧の円如が優しい坊さん。 川手良則夫人、井伊直親の娘の高瀬姫が仏様、七つの星。 「星の降る村」 (大阪府交野市の昔話) むかしむかし、交野の観音寺という寺に優しい坊さんが仏様に祈りしていましたら・・・・・・。 その夜、寝ていた枕元に大きな姿の仏様が現れて、まわりは光眩しく輝いた。坊さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

氏家行広、氏家行継、生駒家長、慶ぎん尼、津軽古故

生駒吉乃の兄、生駒家宗の息子の生駒家長が市三郎。 松雲院の夫,氏家古奈らの父、氏家直元(卜全)の息子の氏家行広が村人。 氏家直元の息子。氏家行広の弟の氏家行継が村人。 津軽信牧の娘、森岡信安夫人の津軽古故が動物たち、大猪。 鍋島直茂の継母、竜造寺胤和の娘の慶ぎん尼が天狗。 「乙女滝の天狗」 (岐阜県関市の昔話) む…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

品川高久、庵原殿、安藤義門夫人、水野分長

今川氏真の息子、高家品川家の祖の品川高久が魚屋の主人。 庵原忠康の娘、今川氏真夫人の庵原殿が、つたさん。 松平成重の娘の安藤義門夫人が同じ働く女。 水野忠分の息子、新城城城主の水野分長が侍さま。 「塀の上のろくろ首」 むかし、 月夜の明るい夜ふけに魚屋の主人が侍さまの屋敷の前を歩く途中、何やら妙な声をする気がしました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more