テーマ:甲信越地方の民話

上原元将夫人、上原元将

毛利元就の娘の上原元将夫人が、ばあさん。 毛利元就らの家臣の上原元将が、乞食の坊さん。 「跡隠しの雪」   (新潟県の昔話) 昔々のあるところに貧乏のおばあさんが住んでおりました。 冬の初め頃この村には乞食のお坊様がまわって来て、おばあさんのとこへ来た時は、もう暗くなってしまいました。 「ばあさま、今夜は一晩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鳥田武通夫人、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル39)

杉元相の娘の鳥田武通夫人がムジナ。 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が村人。 「ムジナの星見」   (長野県の昔話) ムジナというのは、人を騙したりするというあまり評判良い動物ではありません。 むかしむかし、信濃の国のムジナでは、星を眺めるの出そうな。 この土地の夜空があんまり美しいだろうか。ムジナは犀川べり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小場の方、称野原の方、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル38)

清水景治の娘の称野原の方が六さん。 小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方が河童。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が馬。 「河童からのザザ虫」  (長野県木曽町の昔話) むかし、川奉行の六さんが、馬に乗って天竜川を見回っていると、 水の中から河童が現れ、いきなり馬のしっぽに飛びついた。六さんは、馬もろとも、危なく川の中へ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル3)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が、村人、白鳥。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が、村人、牛。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が農牛。 清水景治の娘の称野原の方が農牛。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が村人、農牛。 「農牛と農鳥」   (山梨県甲斐市の昔話) むかしのこと。 北巨摩には、茅が岳の村々は昔から水飢饉に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

細川晴元、細川晴元夫人

足利義晴、義輝の家臣の細川晴元が爺さん,飼い犬(シュナウザー)。六角定頼の娘の細川晴元夫人が婆さん。 「菜酒ない」(新潟県上越市の昔話)むかしむかし、あるところに爺さんと婆さんとあった。婆さんは山へ菜取りに行った。爺さんは酒屋で酒を買いに行った。はして,酒買いに行ったもんが、酒なくて,そんまあ帰ってきた。婆さんはまた、菜取り行ったでも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more