テーマ:北海道・東北地方の民話

愛姫(めごひめ)、五郎八姫(いろはひめ)、牟宇姫

伊達政宗と愛姫の娘、松平忠輝夫人の五郎八姫が、のんびり息子。 伊達政宗夫人、田村清顕と於北の娘の愛姫が、母さん。 伊達政宗と阿山の方の娘の牟宇姫が、ニワトリ、黄ヒヨコ、黒ヒヨコ。   東日本大震災から10年経ちます、10年後は幸せに変化されたか、それとも、苦しみ続けたのか・・・・・・。 宮城県にちなむ民話を紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル23)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が別の坊さん。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が最初の坊さん。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が犬(秋田犬)と猫。 清水景治の娘の称野原の方がおばあさん。 杉元相の娘の鳥田武通夫人がおじいさん。 「犬と猫の報恩」 (秋田県の昔話) むかし、秋田のある村に、心根の優しい老人夫婦が住…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戸村義国、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、称野原の方(新春歴史水着クイーンスペシャル6)

戸村義和の娘、出羽国久保田藩士の戸村義国が田原の百姓老人。 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が三平。 久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が百姓、村の動物。 小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が村長、百姓、村の動物。 清水景治の娘の称野原の方が百姓、村の動物。 杉元相の娘の鳥田武通夫人が百姓、村の動物。 「三平長嶺(さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石井の方、鞍田局、須子夫人、上井薫兼夫人、大草公政の娘、大久保姫

鞍田九左衛門夫人、筒井定次の娘の鞍田局が息子二人。 上井覚兼らの母、肝付兼固の娘の上井薫兼夫人が息子一人。 保々則康夫人、保々則貞の母の大草公政の娘が娘三人。 服部正重(服部半蔵の息子)夫人、大久保長安の娘の大久保姫が娘一人。 石井賢次夫人、山田氏の娘の石井の方が娘二人。   須子辰盛夫人、上領頼兼の娘、上領頼規の妹の須子夫人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長坂信宅、石原の方、長坂信政、志岐殿,佐藤姫

長坂信政の息子、徳川家康の家臣の長坂信宅が旅の夫。 長坂信宅夫人、本田忠勝家臣・石原貞続の娘の石原の方が旅の妻。 三河の松平氏家臣の長坂信政が小雨坊。 政島津義虎の娘、志岐親重夫人の志岐殿が村の人。 佐藤清信の娘、佐藤秀方の妹、遠藤慶胤夫人の佐藤姫が宿の女将。 「小雨坊」 (青森県の昔話) むかし、津軽の山中に現れる小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野正勝夫人、とも(日秀)、村尾殿、東郷重政の娘

豊臣秀吉の姉のともが、細田の爺さんの牛。分部光嘉の娘の長野正勝夫人が細田の爺さん。栗山利章の母、栗山善助夫人の村尾殿が子熊から大熊。新納久道夫人の東郷重政の娘が立谷の牛。「立谷の牛」(福島県の昔話)むかし,相馬の細田には,爺さんがいた。よく牛を連れては天明山麓へ柴刈りに行った。ある寒い冬の日,いつものように山麓まで来た時,祠の中に1匹の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上井殿、伊地知重康の娘

上井薰兼の娘、吉利忠澄夫人の上井殿が旅男。相良長泰夫人の伊地知重康の娘が小さな白い蛇。 「とんでもない恩返し」(山形県の昔話)むかしむかし、とても寒い日に山道の霜がジャキジャキしておった。「寒い〜このまま雪が降るかもなー。」旅男が白い息を吐き、山道を急ぎ、藪の枯れ葉で、小さい蛇が凍え苦しんでいました。「可哀想な蛇は、穴籠りが遅れてしま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

棚守房顕、棚守の方、小方の方

野坂玄顕の息子、厳島神社神官、大内義隆と毛利元就の御師の棚守房顕が源左衛門。 武田信重の後室および棚守房顕夫人の棚守の方が飼い猫、ばあさん。 棚守房顕夫人、小方加賀守の娘の小方の方が部落の人。 「野尻の化け猫」 (宮城県南三陸町の昔話) むかしむかし。 津山村のずっと山奥に野尻という部落があります。 源左…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more