明智光忠夫人、武田佐吉の娘

明智光秀の娘の明智光忠夫人が、蛇どん、ミミズどん、カエル。
下方貞清夫人の武田佐吉の娘が、ネズミ、リス。

「蛇とミミズ」
(東京都西東京市の昔話)
むかしむかし。
いい声する蛇どんがいました。おまけに歌を歌うのも上手な声もします。
ところが、いい声するかわりに、目を持ってません。蛇どんもこれには困った。
0C0E63FD-1844-4BF0-9B80-B0CF6342E999.jpeg
あの目がなくては、どこに獲物がいるのか、見えません。リスもカエルもネズミも、蛇どんの歌を聞くと、みんな逃げてしまいます。
ED0A9CCD-244C-4883-9D09-6055F0A12EA7.jpeg
「腹減って力が出ない〜、食べる量があれば、歌が出るのに、いや、歌どころではない、目のほうがほしいー。目があれば、いくらでも食いものができるのになー。」と、蛇どんは疲れ切った。
70A54175-8E94-4CDC-96A6-481FDC0AB4B9.jpeg
すると、疲れた蛇どんを聞きつけて、一匹のミミズどんが、土の中から這い出してきた。
「蛇どんは、もったいなく感じるではないよ、僕は目があるけど、だって、僕の目は何も役立たないよ。君の歌声が羨ましいよ。」
それを聞いた蛇どんは、こんなやつもいるのかと思い、すまして言いました。
FFEE1BB4-9EC2-4245-9A4B-2F1055C7B938.jpeg
「じゃあ、俺のいい声とミミズどんの目玉をよかったら取り替えないか。」
「わかった、僕の目玉を取り替えよう、君の望むどおりは後悔しないでね。」
「うん、俺も裏切らない。」
3ECFFD38-30BD-41C9-AD23-6964889B3DA3.jpeg
蛇どんとミミズどんは、声と目を取り替えた。
A060FC15-3992-411C-8D68-1A4D1563CEC1.jpeg
目が見えることができた蛇どんは楽しくなり、目が一番大事な宝なので、急いで藪の中に逃げて行った。
35E879CF-DEE7-45F5-8E77-7A4287DECC92.jpeg
一方、ミミズどんも、歌う声が楽しくなり、惜しくなられては大変だと、これも急いで土の中へ潜った。そして、土の中で一人、歌声を続いた。
CF106CAF-D896-440F-AC85-56E5A5BC6122.jpeg
今でも、土に耳をつけると、ミミズどんがいい歌声してるのが聞こえるし、蛇どんは今でも、藪の中へ逃げ回り続けました。
BA791572-E96B-4508-923B-B6AB324E117B.jpeg

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust http://history.blogmura.com/his_sengoku http://history.blogmura.com/his_nihon http://history.blogmura.com/

滝川益氏の娘

楠木正盛夫人の滝川益氏の娘の渋緑ビキニ姿。
3CE9EEE1-9805-4C55-80D9-0DD68FE8663F.jpeg
朝から晩まで家庭で忙しいように感じる日曜でした。
図書予約借りたり、100円ショップ行ったり、マクドナルドで昼食買ったり、ドラッグストアへ行ったり、いろいろ買い物しちゃいました。
ブログ村

上原元将夫人、上原元将

毛利元就の娘の上原元将夫人が、ばあさん。
毛利元就らの家臣の上原元将が、乞食の坊さん。


「跡隠しの雪」
  (新潟県の昔話)
昔々のあるところに貧乏のおばあさんが住んでおりました。
IMG_20210206_071447.jpg
冬の初め頃この村には乞食のお坊様がまわって来て、おばあさんのとこへ来た時は、もう暗くなってしまいました。
IMG_20210206_071719.jpg
「ばあさま、今夜は一晩泊めてください。」「おらとこは貧乏なので何にもないですが、それでしたら泊まってください。」
「そうですか、それはお言葉に甘えてありがとうございます。」と言いまして、泊まってくれました。
IMG_20210206_072425.jpg
ばあさまの家は本当に貧乏なので、なんにもない家でした。 
IMG_20210206_072405.jpg
それで、ばあさんは仕方なく隣の家の冬大根をかこうておくところ、
IMG_20210206_073229.jpg
大根を盗んできて大根焼きをしてお坊様に食べました。
IMG_20210206_073120.jpg
そうしたら、お坊様は、ばあさんが大根を盗んできた雪の上の足跡を消してやろうとその晩は跡隠しの雪を降らしたんだ。
IMG_20210206_073403.jpg
そうして、この乞食のお坊様はあの偉い大師様だと思われていた。
この日は元の11月23日で今でもお大師様というて、大根焼きをして食べました。そうして、この晩に降る雪をあとかくしの雪と言います。
   (おしまい)
IMG_20210206_073631.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

吉田秀時夫人

IMG_20210205_071956.jpg
安田作兵衛(安田国継、天野源右衛門)の妹の吉田秀時夫人の黒ビキニ姿。

昨日、図書館で、だいぶ古すぎる昭和32年ものの本を借りました。越後の昔話です。令和になっても長持ちできれいな本でした。読むと、文章が新潟の方言がよくあります、でも、方言の訳し方も付録でした。これは面白い昔話になりますね。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

赤星殿

赤星統家の娘、蒲池鎮漣夫人(正室)の赤星殿の紫ビキニ姿。
IMG_20210203_163058.jpg
私は最近、自宅で、夜中ぐらいまで図書館で借りた本の読書続きです。緊急事態宣言のため、図書館の読む場所だけが休館続きが長いです。私は予約のみの図書館借り続きです。図書館で読みたい方々も我慢が多そうですね。
しばらくは緊急事態宣言のとおりで我慢です。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

小倉元悦夫人

楢崎豊景の娘の小倉元悦夫人のオフショルダービキニ姿。
IMG_20210203_073948.jpg
緊急事態宣言が、まさかの1ヶ月延長の3月7日まで実施された。
知事同士で決められてしまったが、敷設へいこうと考える人々もますます厳しい状況しかありません。いつ終わるのか心配の方々もいるかもしれませんねー。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

大内珠光、妙玖、五龍局、津和野局、矢野備後守の娘

大内義隆の娘、大内義教,大内義尊の姉の大内珠光が尼さん。
毛利元就夫人の妙玖が子供(男)
毛利元就の娘の五龍局が子供(女)。
吉見広頼夫人、毛利輝元の娘の津和野局が漁師。
安芸弘恒夫人の矢野備後守の娘が漁師。

「牡蠣地蔵」(かきじぞう)
  (山口県萩市の昔話)
むかし、7月16日のこと。
一人の尼さんが、盆踊り見物する子供たちの後を行くと、
IMG_20210202_183443.jpg
一人の子どもが、「牡蠣が取れた」と歌うと、他の子供が、「牡蠣が取れた耳二つ。」と歌って、不思議に思い、
IMG_20210202_183636.jpg
「そこのあんた、歌を歌ってるの。」
と、聞きますと。
「あー、網にかかった、牡蠣のかたまりで、あの牡蠣を剥がしたら、耳が出たのじゃ。」
といいます。
「え、何、耳が出ているの、何の耳かなー。」
といいますと、
IMG_20210202_183820.jpg
「あれは地蔵さんの耳のことじゃ。」と答えた。
IMG_20210202_184412.jpg
聞き出してみますと、先立って網にかかった牡蠣のかたまりは、石の地蔵にくっついたものだったというので、
IMG_20210202_185649.jpg
尼さんは、驚いて、その地蔵の捨ててあるという浜辺に行ってみると、
「あら、これは、もったいない地蔵様じゃ。」
IMG_20210202_184542.jpg
と、漁師に頼んで、龍雲寺に運んでもらい、
IMG_20210202_184714.jpg
念願をかけて、地蔵堂を建てました。そこにおまつりしました。
  (おしまい)
IMG_20210202_185500.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

三好御前

三村宗親夫人の三好御前の赤ビキニ姿。
IMG_20210202_074354.jpg昨日、夕方すぎ、仕事から自宅へ着き、私は柔らかいクルミを食べると、左上の3本歯キャップが、取れてしまった。これは悲惨でした。今すぐ、近所の歯科へ電話したら、夜すぎが空いてました。それを診察して、ちゃんと3本歯キャップを固定して付着してくれました。本当に助かりました。今日診察してよかったでした。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/