明智光忠夫人、武田佐吉の娘

明智光秀の娘の明智光忠夫人が、蛇どん、ミミズどん、カエル。
下方貞清夫人の武田佐吉の娘が、ネズミ、リス。

「蛇とミミズ」
(東京都西東京市の昔話)
むかしむかし。
いい声する蛇どんがいました。おまけに歌を歌うのも上手な声もします。
ところが、いい声するかわりに、目を持ってません。蛇どんもこれには困った。
0C0E63FD-1844-4BF0-9B80-B0CF6342E999.jpeg
あの目がなくては、どこに獲物がいるのか、見えません。リスもカエルもネズミも、蛇どんの歌を聞くと、みんな逃げてしまいます。
ED0A9CCD-244C-4883-9D09-6055F0A12EA7.jpeg
「腹減って力が出ない〜、食べる量があれば、歌が出るのに、いや、歌どころではない、目のほうがほしいー。目があれば、いくらでも食いものができるのになー。」と、蛇どんは疲れ切った。
70A54175-8E94-4CDC-96A6-481FDC0AB4B9.jpeg
すると、疲れた蛇どんを聞きつけて、一匹のミミズどんが、土の中から這い出してきた。
「蛇どんは、もったいなく感じるではないよ、僕は目があるけど、だって、僕の目は何も役立たないよ。君の歌声が羨ましいよ。」
それを聞いた蛇どんは、こんなやつもいるのかと思い、すまして言いました。
FFEE1BB4-9EC2-4245-9A4B-2F1055C7B938.jpeg
「じゃあ、俺のいい声とミミズどんの目玉をよかったら取り替えないか。」
「わかった、僕の目玉を取り替えよう、君の望むどおりは後悔しないでね。」
「うん、俺も裏切らない。」
3ECFFD38-30BD-41C9-AD23-6964889B3DA3.jpeg
蛇どんとミミズどんは、声と目を取り替えた。
A060FC15-3992-411C-8D68-1A4D1563CEC1.jpeg
目が見えることができた蛇どんは楽しくなり、目が一番大事な宝なので、急いで藪の中に逃げて行った。
35E879CF-DEE7-45F5-8E77-7A4287DECC92.jpeg
一方、ミミズどんも、歌う声が楽しくなり、惜しくなられては大変だと、これも急いで土の中へ潜った。そして、土の中で一人、歌声を続いた。
CF106CAF-D896-440F-AC85-56E5A5BC6122.jpeg
今でも、土に耳をつけると、ミミズどんがいい歌声してるのが聞こえるし、蛇どんは今でも、藪の中へ逃げ回り続けました。
BA791572-E96B-4508-923B-B6AB324E117B.jpeg

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust http://history.blogmura.com/his_sengoku http://history.blogmura.com/his_nihon http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年02月09日 08:54
おはようございます♪
ないものねだりをするのは、人間だけじゃないのね!
sisi
2021年02月12日 14:38
もうヘトヘトさん、ありがとうございます。パーツ変えても、いい環境ができますね。
2021年02月12日 16:46
こんにちは。
取り換えっこしてお互いが良かったのでほっとしました。
やっぱりHAPPY ENDはいいですね。
sisi
2021年02月18日 07:41
にゃーちゃん、ありがとうございます。
取り換え後は、生き物らしい姿が誕生しますね、自然の恵みですね。