明智美津、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル42)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津がクジラ。
杉元相の娘の鳥田武通夫人がブリ、カツオ、マグロ、かもめ。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘がタワラゴ。

「クジラとタワラゴ」
  (山口県の昔話)
むかしむかし。
海に住むクジラが、威張りながら自慢した。
「俺様は、この世界のうちで大きくて、俺様ほど強いものはいないな。俺様は海に浮かんでいる島のように、でかいからな。俺様と競争するやつは、いないようだな。マグロ、カツオ、ブリでも、はっきり言って、子供のようだ。ハッハッハー!」
クジラは、大威張りしながら潮を吹きあげた。
9DC97B04-6A52-4914-B634-9A238DE51159.jpeg
それはまるで、天まで届く噴水のように見えて、海の小さい魚たちは目を見張らずにはいられません。
「大したもんだ。」
「あのー、クジラさん、威張るのも無理ないが、体が生まれつきでかくても、あれだけ潮を吹きあげるほかはいないと思います。」
「クジラさんのとこへこっちへ向かってるよ。」
「危ない!跳ね飛ばされる。」
8A9286CB-9595-4068-B5A9-03A14C7E0AE9.jpeg
「さあ、どいたー!」
そう言って、広い海を、我が物顔に泳ぎまわるのでした。
ところがこの様子を見てひとりケラケラと笑った者がいます。
3352F38B-EFE6-4762-9FF2-4B1AD35DF39E.jpeg
「ハッハッハー。ああ、おかしいからハッハッハー。」
クジラが聞きつけて、ムッとした。
「何だ、笑ったな、誰じゃ、今笑ったのは。」
「クジラさん、僕ですよ。」
「お前かー。」
クジラが見ると、笑っているのは、小さなタワラゴでした。タワラゴというのは、小さくグニャグニャして、のろまな生き物のなまこのことだ。
クジラはカンカンと怒った。
「よくもこの俺様を笑ってくれたな。なぜ笑ったか、わけを言え!言わないと、お前の鼻毛先を跳ね飛ばしてやるぞ!」
怒鳴りあげたクジラが、タワラゴは落ち着いて言いました。
「まあ、クジラさん、慌てんでも怒らないでください。僕が笑ったのは、そういうわけではありません。クジラさんは早くて、誰と競争しても負けないと思いますが、僕は泳ぎが得意なので、それなら一度試しませんか。」
「面白いじゃないか、よし、俺様と競争じゃ。」
E8C327AF-14A7-4E36-9174-AAFFB4173C07.jpeg
クジラとタワラゴは、本気でどちらが泳ぎ早いのか競争しました。
クジラはなんのタワラゴくらい、ものの数ではないと思ったが、それでも、もしも負けるようなことがあっては、海の王様みたいに威張っていたこれまでの名おれになります。
7BF20A8E-4DA6-49BE-A903-836C4FCB2A74.jpeg
それで、「ヨーイドン!」と掛け声と一緒に泳ぎ出しますと、無我夢中で、一生懸命泳ぎました。
C8513901-F3D4-4366-AEAA-6472557DC727.jpeg
そうして、東の浜辺に着きました。すると、そこには、もう、タワラゴが来て待っていて、
「クジラさん、今おいでですか。僕はもう、ずっとに先に来ていますよ。」
と、言いました。クジラは、びっくりして、
「そ、そんな!あんな小さいやつが先につくはずはない。もう一度やり直しだ!」
今度は西の浜辺ヘ泳ぐことにしました。
7252B122-8738-4CE8-B07F-F3BDEDDADDF3.jpeg


DA78837B-245C-4FFA-94F9-9891041A7A27.jpeg
「ヨーイドン!」
また、クジラとタワラゴは、泳ぎ出した、今度は真剣に泳いで、西の浜辺へ来てみると、
「あら、クジラさん、遅いじゃないですか、僕はもう、先に着きましたよ。」
「くそー!おかしいぞ、やり直しだ。」
B1D2F0DB-1D2F-4B5C-907D-C6D98F39A841.jpeg
クジラがそう言っても、今度は南の浜辺へ泳いで競いました。
けれども、南の浜辺へ着くと、タワラゴはたしかに先に着いた。
「クジラさん、僕はもう先に着きましたよ。」と言いました。
77F6CB0F-77E7-415B-88FE-B203E7662638.jpeg
クジラは悔し感じたが、あともう一度、北の浜へ泳いで競いました。
だが、何度やり直しても、タワラゴは、またまたまたたしかに先に着いた。
D062DE10-3B13-464C-A671-E8D9D29CAB16.jpeg
さすがのクジラの体もヘトヘトな状態になり、
「タワラゴよ、お前の足は早いから、何度もついていかれない、限界だから、参った!」
クジラは弱ってしまい、遠い海の沖へ逃げていきました。
BD40C314-7EDC-478B-BDAD-0A1B323812EA.jpeg
賢いタワラゴは、クジラと競う前に、浜辺に至るところに自分の仲間を、先まわりして待たせておいた。タワラゴはどれを見ても、みんな同じような形と色をしていますので、クジラはまるっきり気がつかない。
2747FE04-9157-4F99-A7BC-8EE377080100.jpeg
それで負けてしまい、それから大きくて強くて、クジラは心を入れ変え、おとなしい姿になりました。今でも遠い沖に住むようになっているそうな。
   (おしまい)
DB520BA3-30FF-4482-9123-89F7062027F6.jpeg


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル41)

清水景治の娘の称野原の方が、おじいさん。
小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方が、おばあさん。


「そうめんばなし」
(大分県別府市の昔話)
むかしむかし。
おばあさんから、そうめんを買ってきてくれと頼まれたおじいさんがおつかいとして、日田に行き、そうめんを買い上げて、家に帰りました。
IMG_20210130_065307.jpg
おじいさんが買ったのはなんと、間違えてしまったもので、髪の毛を結ぶ元結でした。
IMG_20210130_065807.jpg
おばあさんもおじいさんも、生まれてはじめて口にするものだから、なんだか全くわからず、
IMG_20210130_070433.jpg
これがそうめんだろうと、食べてしまいました。
IMG_20210130_070043.jpg
ところで、朝になると、元結の先がおばあさんの歯に挟まったため、一方の尻からぶらぶらと下がっている。
「あ~、おじいさん、大変だ。私の尻からそうめんが出てる。」と、おばあさんは大あわて、
IMG_20210130_070607.jpg
「どうした!わしがとってやるぞ。」
と、おじいさんが力任せに引っ張ったところ、元結の端が歯にひっかかているため、あっという間におばあさんは裏返しになった。
IMG_20210130_070800.jpg
今度はおじいさんが大あわて。
「お、おばあさん!」
と叫んだ返事がない。
IMG_20210130_070956.jpg
そこで、裏返ししたから反対に言えばいいと、
「サンバオー、サンバオー!」
IMG_20210130_071145.jpg
と、叫んだら、おばあさんは体の奥の方から、かすかな声で、
「イーオ!イーオ!。」
と、言うてしもうた。
  (おしまい)
IMG_20210130_071344.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、称野原の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル40)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
清水景治の娘の称野原の方。
5人揃って、トイプードル。
元気明るくワンワン!
AE97434F-761A-4C7E-965A-1866484F89E7.jpeg
ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

鳥田武通夫人、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル39)

杉元相の娘の鳥田武通夫人がムジナ。
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が村人。

「ムジナの星見」
  (長野県の昔話)
ムジナというのは、人を騙したりするというあまり評判良い動物ではありません。
IMG_20210128_142908.jpg
むかしむかし、信濃の国のムジナでは、星を眺めるの出そうな。
IMG_20210128_141731.jpg
この土地の夜空があんまり美しいだろうか。ムジナは犀川べりの岩かどに立って、のけぞるようにして星を見つめていました。
IMG_20210128_142101.jpg
「オラも星の中へ暮らしたいな〜。」とムジナは夢中に言います。
IMG_20210128_142526.jpg
星は東から西へとそっと静かに動いていくから、
IMG_20210128_163015.jpg
ムジナもだんだんのけぞって、ついにはポトンと犀川へ落ちてしまうという。
IMG_20210128_161306.jpg
犀川の魚を取るための仕掛けの竹すにムジナの死んだのが引っかかったりすると、
IMG_20210128_161920.jpg
「あー、昨夜の星がきれいだなぁ。」と村人は言うそうな。
   (おしまい)
IMG_20210128_162911.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

小場の方、称野原の方、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル38)

清水景治の娘の称野原の方が六さん。
小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方が河童。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が馬。

「河童からのザザ虫」
 (長野県木曽町の昔話)
むかし、川奉行の六さんが、馬に乗って天竜川を見回っていると、
IMG_20210127_073448.jpg
水の中から河童が現れ、いきなり馬のしっぽに飛びついた。六さんは、馬もろとも、危なく川の中へ引っ張りこまれそうになったが、馬にムチをくれて、
IMG_20210127_073653.jpg
やっと、屋敷まで引き返した。ところが河童は、馬のしっぽが手に巻きついて抜けなくなり、 
IMG_20210127_074247.jpg
ついに六さんの厩の前まで引き込まれてしまっていました。
河童は、飼い葉おけの中に隠れていたが、六さんに見つかってしまいました。
IMG_20210127_074547.jpg
「川の魚ばかりか、今まで取って食おうとしたが、タチの悪い河童は、生かしておけぬ。」
危なく殺されそうになった河童は、「どうか命ばかりはお許しください。その代わり、酒の肴にもってこいの珍味を持ってきますので約束します。」
と、六さんに向かって手を合わせました。
IMG_20210127_075021.jpg
酒の好きな六さんが、河童を許してやると、その晩、河童は、ざるいっぱいのザザ虫を川からとってきました。
IMG_20210127_140526.jpg
ザザ虫を見た六さんは、「こんなものが食えるのか!」と怒りだした。
IMG_20210127_140840.jpg
ざるの中で、もぞもぞと動いているザザ虫を見て、六さんは顔をしかめました。「はい、見かけによらずは、なかなかの味でございます。」河童は、ザザ虫を鍋でいって、六さんにすすめた。
IMG_20210127_141352.jpg
「なんだ、今までのないイケるうまさだ。」
IMG_20210127_161024.jpg
六さんは、舌鼓を打ちながら、晩酌を重ねたような。もちろん河童も晩酌へ付き合った。
IMG_20210127_141833.jpg
今でも天竜川のザザ虫は、伊那谷の珍味とされていました。
  (おしまい)
IMG_20210127_141937.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

鳥田武通夫人(その5、新春歴史水着クイーンスペシャル37)

杉元相の娘の鳥田武通夫人の紫ビキニ姿。

コロナ感染者数が先週より比べると、大阪や東京の数が減っていました。
来月の7日までの緊急事態宣言が公約通り解除できるか、これ以上延長には、なってほしくないから、願いを叶えたいです。
IMG_20210125_143625.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津(その4、新春歴史水着クイーンスペシャル35)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津のオフショルダービキニ姿。
IMG_20210125_143354.jpg
日曜まで雨続きの寒さ、昨日から気温高く晴れてました。
コロナ感染者も先週より減ってきたそうですねー。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方(その5.新春歴史水着クイーンスペシャル35)

清水景治の娘の称野原の方の赤インナー重ね上下違いビキニ姿。415A02A9-3172-4477-B9F8-1206FF5FA660.jpeg  
ここで私の展示作品のお知らせします。

第22回年賀状版画コンクール展
2021年2月1日から3月29日まで開催
場所は、
祐生出会いの館
http://tottorinanbu-kanko.jp/yusei/
鳥取県西伯郡南部町下中谷1008
朝9時から昼5時まで
毎週火曜日休館
私の作品展示します。

展示作品はこれです。
https://rekisimizugi.at.webry.info/202101/article_21.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

小場の方(その4、 新春歴史水着クイーンスペシャル34)

E1D5CC14-F3CC-46DB-99C9-803F21A9344E.jpeg
小場宗義の娘、戸川義国夫人の小場の方のベージュビキニ姿。

昨日、朝から腰痛で我慢できず、近所の整骨院に行きました、いつもハードな感覚のマッサージしてくれて本当にきもちよかったでした。おかげで腰もリラックスしています。

http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

宇佐美長元の娘(その5、新春歴史水着クイーンスペシャル33)

D457E54A-2E2E-489A-96AC-74E6343930A4.jpeg久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘の上下違いビキニ姿。
これで私の作品展示をお知らせいたします。
第4回たんば絵手紙コンクール展
兵庫県立丹波年輪の里 木の館ホールhttp://nenrin.org/
朝9時から昼5時まで
毎週月曜日休館
兵庫県丹波市柏原町田路102-3
2月6日~2月21日まで開催
入賞、入選、選外のすべての応募作品を全展示します。私の選外作品も展示します。
展示作品はこの2点です。
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_34.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_35.html
今回は第1回から連続の4度目の展示になります。


称野原の方、鳥田武通夫人、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル32)


00094866-767C-4769-B5E2-70111CED3601.jpeg 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
清水景治の娘の称野原の方。
5人揃って、コロナ対策で必ずマスクしています。

宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、明智美津、称野原の方、今西春房、今西春光(新春歴史水着クイーンスペシャル31)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、憲兵、村の母さん。
杉元相の娘の鳥田武通夫人が脱走兵、村のばあさん。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が脱走兵、村の女、トイプードル、ニワトリ。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が脱走兵、村の姉さん。
清水景治の娘の称野原の方が巡査、村の男。
摂津今西家36代目の今西春房が、村のじいさん。
今西春房の弟の今西春光が、憲兵。


「炭焼きの脱走兵」
  (群馬県高崎市の昔話)
むかし、第二次世界大戦の終戦になる一年前ぐらいの頃でしたかな。群馬は多野郡の一番奥の上の村に、木枯しが吹き始めた。
山また山の上野村は世の中から置き忘れているような村だったけど、男衆が戦地に取られたり東京から疎開の衆が入ってきたり,村の農家がいつのまにか、軍服や軍の雨合羽のボタン付けする、にわか工場に変わったりして、「やっぱり戦争でたんだな。」って、村に残されたものも、身にされるようになった。
IMG_20210121_073625.jpg
それでも町のものに比べたら、どんなに呑気でたまにアメリカの飛行機が空の上を飛んでいても、「あれが B 29だ。」「この頃はよく飛ぶね。」というぐらいで怖がることもなく空を眺めた。
村には、山とわずかな畑があるだけで、家もろくに寝てない。アメリカ人たちもこんなところに爆弾落としたりはしない。IMG_20210121_073335.jpg
こんな村に、ある日、騒ぎが持ち上がった。署の巡査と憲兵が7、8人にして村にやってきた。けしばんだ顔からして、ただ事じゃない。「一体何かあったのだ。」と聞きますと、「高崎の連隊を脱走した兵隊が村に逃げ込んでいる、それを捕まえなければならない。」と言ってる。
IMG_20210121_074555.jpg
村の人たちはびっくりして、連隊の兵隊といえばこれから戦地へ出て、国のために戦わなければならないのに逃げ出すとはもってのほかのことだ。それが、よりにもよって、上野村へ逃げ込むとは、迷惑もはなはだしい村の名前にかけても脱走兵をとっ捕まえれなければならない。
IMG_20210121_140809.jpg
「山がりするから手の空いてるものはみんな出てきて。」巡査と憲兵は目ん玉を三角にして村の衆を集めました。村の消防団に動員がかかったけど頼みのおやじや若者連中は、あらかた戦争に入ってる消防団といってもじいさん、ばあさん、お母さん、お姉さんのよせ集めでした。
IMG_20210121_141826.jpg
「脱走兵も命がけだ。捕まれば、軍法会議行きだから、見つかったら、必死の抵抗してくる、よって、発見したら遠まきにして、急報すること、無理をすると怪我のもとだ。」
IMG_20210121_141426.jpg
憲兵の訓辞を受け、村の衆はとび口や竹槍もって、山がり始めたけど、これが見つかるものではない。なんたって、山深いから至るところに洞穴がある。逃げ場には事欠かないわけでした。
村の衆は、こしべんとうで、山をしらみつぶしにあたっているけど、4、5日たっても見つからず、山がりは、一週間のうえも続いた。
IMG_20210121_162214.jpg
「もう、よそ村へ逃げたかもしれないぞ。」と、山がりはあきらめました。憲兵も巡査も引き上げて行って、しばらくすると、
「な、何!わしの家だ。軒下の吊し柿がない。」
「うちとこも切り干し芋がない。」
「わしとこも卵5個がない。」
IMG_20210121_163630.jpg
「卵ならいいが、あんた
村のあちこちでそんな話が、ささやかれだして、後を絶たないようになってしまった

IMG_20210121_162556.jpg
「みんなあいつの仕業じゃないの,。脱走兵に間違いない。」「村じゅうに泥棒を買っとくようなものだ、切り干しやつるし柿やニワトリ小屋を荒らされるくらいならいいが、これ以上なると、ほっとくわけにはいかない。もう一度、山がりするしかない。」
そういう人もあったけど村の衆の大方は前の山がりは懲りていたし被害も大したことではなかったから、そっとしといた。
IMG_20210122_143815.jpg
正月過ぎて2月過ぎて脱走兵は捕まらなかったけど3月の中頃だったが峠の道を通りかかった村のじいさんが山の中腹に煙が立っているのを見つけた。
IMG_20210122_143313.jpg
「あんなところに煙のたつわけがない、ひょっとしたら連隊を逃げ出した兵隊の居所かもしれない。」
IMG_20210121_163332.jpg
そこは、ひと昔前に掘られたトンネルでしたけど、土砂崩れがひどく片っぽ、ふさがっているものですから、ほったらかしにされていた。
IMG_20210122_073950.jpg

IMG_20210122_143211.jpg
じいさんの通報で、巡査や憲兵がやってきて、張り込むと・・・・・・。
IMG_20210122_142748.jpg
次の朝、トンネルの入り口にやせて目ばかり光った。ボウボウなひげ男が現れた。
IMG_20210122_142242.jpg
巡査や憲兵がとびかかると、男はわめき、棒ふりまわしの暴れたけど、何も食わなかったから、力が尽きて、手錠をはめられてしまった。
IMG_20210122_161340.jpg
男はやっぱり連隊の脱走兵でした。その時は散々殴られたので戸板にのせられて山を降りたんだが、それから幾日もたたないうちに息を止めました。連隊の取り調べが、よっぽど厳しかった。
IMG_20210122_163339.jpg
村の衆がトンネルの入り口に入ってみるとトンネルの中に炭焼きがまがあり、炭が入っていた。
「炭を焼いて売りに行けるわけではないし、バカなことをしたもんだ炭を焼いた煙が目について,それで捕まっちゃったんだ。」
脱走兵がどうして炭を焼いたのか村の衆は不思議に思ったけどそのうちにとなり村の木こりだったということがわかった。山仕事の他には何もできない男だったと聞いてやっと納得できた。
「戦の稽古により、炭が焼きたいばかりに脱走したんだな。」と言った。
IMG_20210122_162843.jpg
それから半年が経ちました、戦争が終わりまして、村の衆は切り干し芋や吊し柿やニワトリや卵を取られたことを忘れてもスッキリした。
「もうしばらく、隠れ通しても死にたくはないから、山仕事がいくらでもできる。」と、脱走兵には申し訳ない気持ちでした。
  (おしまい)
IMG_20210122_160908.jpg


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

 称野原の方、鳥田武通夫人、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方(新春歴史クイーンスペシャル30)

B0FE2260-350D-49DA-99D6-26E563561D2E.jpeg 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
清水景治の娘の称野原の方。
5人揃って、空飛ぶカラス。
カアカアカアー! 

http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル29)

D858AAC9-64AC-4EF2-80D0-B60BC2372D19.jpeg
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津の緑ビキニ姿。
清水景治の娘の称野原の方の赤ビキニ姿。

今日から大統領就任するジョー・バイデン氏。

ジョー・バイデン氏の似顔絵アップです。
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6485.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル28)

25B32E2B-A84F-4F5A-9DA8-3F5B3DFA9DFA.jpeg久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘の赤ビキニ姿。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方の白インナー重ね水色ビキニ姿。
杉元相の娘の鳥田武通夫人のハイネックビキニ姿。

昨日まで大統領だったドナルド・トランプ氏。

ドナルド・トランプ氏の似顔絵アップです。
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-4623.html
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5680.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル27)

ここで私の雑誌掲載のお知らせします。
すでに販売終了で申し訳ございません。
図書館でバックナンバー可能あるかもしれません、もしみつければ、ぜひ見てください。
週刊朝日1月15日号
朝日新聞社
山藤章二の似顔絵塾コーナーに堺市生まれの女優の松本穂香http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6478.htmlが入選掲載されました。

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人が夜空の星。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

IMG_20210119_070225.jpg

明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル26)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が猫。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が犬(シュナウザー)。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が怠け男。
清水景治の娘の称野原の方が伯父、乙姫。
杉元相の娘の鳥田武通夫人が嫁、河童。

「猫と犬と河童」
 (長崎県の昔話)
むかし、長崎の小浜に、大変怠け男がいまして、嫁はもらいましたが、働く気は全くない、朝からだらしなく寝込んだり、飼っている猫や犬の遊びまくりな暮らしでした。
IMG_20210118_073346.jpg
見かねた伯父が元手は出すから少しは働いてみろと言うと、男はやっとその気を起こして、そして魚売りをやってみようと考えた男は、魚の市場へ出かけますと、獲れたばっかりの一番大きな鯛を1尾仕入れて魚に土がついているので海辺で洗うと、魚が急に暴れ出して逃げてしまった。
IMG_20210118_074012.jpg
男が家に帰ると、また伯父がやってきて、もう一度元手を出してくれたので、今度は慎重に仕事をしようと考えました。翌日、仕事探しに家を出ると、見知らぬ男が近づいてきて、妙なことを言った。自分は竜宮からの使いもので、男迎えに来ました。男は、
「竜宮へは一度行ってみたいと思っているが、海底にあるので行くことができない。」と言うと、使いの男は自分と一緒なら何も心配することは無いと言い、目を閉じ、手を引いて海に入って、男を海底にある竜宮へ案内しました。
IMG_20210118_074438.jpg
竜宮につくと、美しい乙姫が出迎えてくれた。男は乙姫に、「あなたは、私の使いである体を伸ばしてくれた恩人でもあります。」
IMG_20210118_074804.jpg
とお礼を言われ、指輪を渡されました。
その指輪は、指につけて右に回すと米蔵と金蔵が出てきて、左に回すと大きな家が出ると言う魔法の不思議な指輪でした。男はその指輪をもらい、喜んで家に帰ると、そして指にはめた指輪を左に回すと、目の前に大きな2階建ての家が現れた。
IMG_20210118_141809.jpg
次に右に回すと、今度はお金がザクザクと溜まり、金蔵と米倉が現れた。男は夢中になり、もう一つ金蔵を出そうと思い、力込めて指輪を回すと、蔵は現れたが、その金蔵は空っぽでした。男は空っぽの蔵の中へ櫃を置くと、そこへ指輪を大事にしまっておくことにした。
IMG_20210118_142304.jpg
ある日、男の留守中に嫁が蔵の中に入り、櫃の中に隠してある指を見つけ、ちょうどそこへ沖の島から飴屋がやってきたので、指輪を飴玉などと理解してもらいました。家に帰った男は、蔵の中の筆を開けてびっくりした。そして嫁の話を聞くと、烈火の如く怒りだした。「あの指輪は、宝物の魔法の指輪だ。この家も蔵もみんなあの指輪のおかげだ。それを飴玉と取り替えてしまうなんて、どうしてくれるんだ。」
男と嫁の大喧嘩のやりとりをそばで聞いていた猫と犬は・・・・・・。
IMG_20210118_143449.jpg
その指輪を取り返してくれば、今までよりもっと可愛がってもらえるに違いない、おいら達で取り返してこようと相談して、沖の島へ出かけていきました。島へ渡ってみると、飴屋の家はすぐに見つかりました。
様子を伺い、飴屋は行商に出ているのかと留守番でした。
IMG_20210118_162251.jpg猫が家の中へ入り、幸いなことに目の前の棚の上に指輪が置いてありました。ところが、指輪をどちらが持って帰るかと段になると、猫も犬も功名を立てたいあまりに、自分が持って行くと言って譲らない。
IMG_20210118_163224.jpg
結局、指輪を発見した猫が持って帰ることになり、猫はしっかり指輪を加え、わき目もふらずに海へ泳いだ。
すると途中、おいしそうな魚がピチピチとした体を動かして目の前を通りかかった。
IMG_20210118_163706.jpg
猫がたまらなくなって思わず口を開き、指輪は海の中へ落ちていった。
IMG_20210118_171518.jpg
そこでまた海の中で猫と犬の喧嘩が始まりました。
IMG_20210118_173330.jpg
その時、2匹の間に、河童が顔を出し、河童はなぜか真っ赤な顔して怒り出した。
「お前ら、あんなもんを海底へ落とした困るから、何か引っかかって、まぶしくて、危なくて、潜ることも居ることもできないから、早く拾って持って帰ってくれ。」
ところが猫も犬も水の中に潜ることができません。
IMG_20210118_174424.jpg
そこ河童に取ってきてもらうと・・・・・・。
IMG_20210118_174959.jpg
今度は犬が指輪を口にくわえ、猫を背に乗せて、走って家に帰ってきました。
IMG_20210118_175707.jpg
そして、指輪を男に手渡し、男は喜び嫁においしい料理を作らせ、猫と犬に満腹してもらうごちそうをしてやりました。みんな幸せになりましたね。  (おしまい)
IMG_20210118_180445.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル25)

 明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人が雪だるま
ここで私の展示作品の開催中で展示会場へ来られない方のためにこのサイトを見てください。栃木県の鹿沼市川上澄生美術館の年賀状の版画展の展示風景に私の作品も展示しています作品番号60番ですのでぜひ見てくだい。

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
D1C00F46-7182-4F85-A3A1-1FC1BECC7F8B.jpeg

明智美津、称野原の方、宇佐美長元の娘、鳥田武通夫人、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル24)

IMG_20210116_065354.jpg
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人の黒ビキニ姿。

ここで私の展示作品のお知らせします。

かまぼこ板の絵、あれから十年、前へ展
1月4日只今開催から3月21日まで開催
場所は愛媛県西予市立美術館
ギャラリーしろかわ
https://www.city.seiyo.ehime.jp/miryoku/galleryshirokawa/kikakuten/3718.html
朝9時から昼5時まで、入場4時半まで、毎週火曜日休館
愛媛県西予市城川町下相680番地

私の作品で第19回に展示された「クマちゃん」を飾ります。
この作品です。https://rekisimizugi.at.webry.info/201304/article_43.html

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル24)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人が村の家。
IMG_20210115_143610.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル23)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が別の坊さん。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が最初の坊さん。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が犬(秋田犬)と猫。
清水景治の娘の称野原の方がおばあさん。
杉元相の娘の鳥田武通夫人がおじいさん。

「犬と猫の報恩」
(秋田県の昔話)
むかし、秋田のある村に、心根の優しい老人夫婦が住んでおりました。
この夫婦には子供がないので、もう長いこと仲の良い猫と犬を飼っていました。
IMG_20210114_160802.jpg
ある日夕方、貧しい身なりの坊さんがやってきて、一晩の宿を泊めてもらうことになった。
IMG_20210114_161338.jpg
部屋の中へ通すと、坊さんは仏壇に向かって熱心にお経を唱え始めました。
IMG_20210114_161705.jpg
翌朝、坊さんが家を出てからしばらく経ち、おばあさんが仏壇の上に小槌が置き忘れていることをに気づいた。ばあさんが家を後にしてから、かなりの時が経ち、どっちに向かうのかもわからない。夫婦は坊さんがそのうち気がついて取りに戻ってくるだろうと思い、大切に預かっておくことにした。
IMG_20210114_162107.jpg
ところがある日、別の若い坊さんがやってきて、一晩の宿をお願いした。
IMG_20210114_180003.jpg
若い坊さんも寝る前に仏壇の前に座ってお経を唱えて、次の日朝早く発っていったらが、この後を見てみると、仏壇の上に置いておいた小槌が消えていった。大切な預かり物がなくなりました。
IMG_20210114_180712.jpg
おじいさんとおばあさんは慌てて、すぐに外へ出て坊さんの後を追いましたが、見つけることができない。
IMG_20210114_163041.jpg
2人が落胆して戻ってくると、庭にいた犬と猫が話をしていた。日ごろの恩返しをするのはこの時でした。
IMG_20210114_172332.jpg
2匹は老人夫婦にかわり若い坊さんの行方を探しました。だが、1日中探し回っても見つけることができない。
IMG_20210114_181339.jpg
2匹ががっかりして家に戻る途中、海辺の村を通ると、漁師たちがたくさんの大きな袋をとって、海から陸へあげているのに出会いました。
IMG_20210114_180119.jpg
おじいさんとおばあさんにお土産がなかったので、猫はその中の1尾を失敬すると、犬の背中にかじり付いて大急ぎで家に帰ってきました。おじいさんとおばあさんは自分たちの不注意で預かっている小槌がなくなったこと悔やみ感じ、もうどうするかは手立てもありません。あきらめることにしかありません。
IMG_20210114_182829.jpg
犬と猫がお土産に持ってきた大きな鯛を料理して、みんなで食べようと腹に刃の音がして、何か堅いものに当たりました。
IMG_20210114_182906.jpg
石かと思い取り出すと、それはなんと仏壇の上から消えたあの小槌でした。おじいさんは嬉しさのあまり手に取った小槌に向かい頭を下げて思わず忘れていった坊さんにもう一度会って小槌を早く返したいと願いました。するとその願いが通じたのか、何日もしないうちにおじいさんとおばあさんの家へ小槌を忘れていったあの坊さんがやってきました。望さんが忘れていった子たちは、願い事を叶えてる何でも望みが叶える不思議な小槌でした。
IMG_20210114_183123.jpg
坊さんは心根の優しい正直なおじいさんとおばあさんにその小槌を与えようとしましたが、2人は自分たちには、この中の良い猫と犬もいるから充分な幸せで何も欲しいものの気持ちなく、その不思議な小槌をどうしても受け取りません。猫と犬は我が家にとっての宝物ということでした。   
  (おしまい)
IMG_20210114_183352.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方、鳥田武通夫人、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル22)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
清水景治の娘の称野原の方。
5人揃って、干支の牛。
私も丑年だから、元気明るくモーモー!
IMG_20210114_072748.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、鳥田武通夫人、小場の方、宇佐美長元の娘、称野原の方(新春歴史水着クイーンスペシャル21)

これは、紐版画を制作しました。 
左上からegaonenga.jpg
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
清水景治の娘の称野原の方。
5人揃って、初笑いで抽象表現しました。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

宇佐美長元の娘(4)(新春歴史水着クイーンスペシャル20)

ここで私の展示作品のお知らせします。

第13回わたしの年賀状コンクール展
明日の1月13日から27日まで開催
場所は、三甲美術館https://sanko-museum.or.jp/event/第13回-わたしの年賀状コンクール/
朝9時から昼5時まで、火曜日休館
岐阜県岐阜市長良福土山3535
今回展示が優秀賞で入賞をいただきました。
1年ぶりで秀作賞以来の2度目の入賞です。
展示優秀賞作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_39.html

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘の白ビキニ姿。IMG_20210112_162633.jpg

称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル19)

IMG_20210112_142325.jpg
杉元相の娘の鳥田武通夫人と清水景治の娘の称野原の方の白ビキニ姿。

私の大阪は、朝早くから雪が降り出したが、急に寒くなります。仕事中の昼になると、雪はもう、ないです。
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル18)

戸村義国夫人、小場宗義の娘の小場の方と明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津の白ビキニ姿。  
IMG_20210112_073307.jpg
開催終わった展示作品告知がもうひとつ忘れてすいません。
1月5日から昨日11日まで開催された。
千葉県八千代市のオーエンス八千代市民ギャラリーの年賀状デザイン展2021が私の展示作品していました。
展示作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_15.html

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

鳥田武通夫人(4)(新春歴史水着クイーンスペシャル17)

杉元相の娘の鳥田武通夫人の青ビキニ姿。
1B350273-02ED-4AA4-9A1B-C3FFA07D8456.jpeg
今年成人式を迎えた有名人の似顔絵をアップいたしました。
根尾昴(プロ野球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5843.html
吉田輝星(プロ野球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5815.html
小園海斗(プロ野球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5987.html
与田祐希(乃木坂46)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5108.html
早川聖来(乃木坂46)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6212.html
丹生明里(日向坂46)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5654.html
富田鈴花(日向坂46)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5653.html
久間田琳加(タレント)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5880.html
福本莉子(女優)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5851.html
早田ひな(卓球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5920.html
浜辺美波(女優)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5449.html
武藤小麟(AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com//blog-entry-5178.html
福岡聖菜(AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5135.html
浅井七海(AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5735.html
坂口渚沙(AKB48チーム8)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6470.html
永野芹佳(AKB48チーム8)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6469.html
樋渡結依(元AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5184.html
坂本花織(フィギュアスケート)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5324.html
池江璃花子(競泳)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5475.html
平野美宇(卓球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5928.html
伊藤美誠(卓球)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-4758.html
黒木ひかり(タレント)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6306.html
岡田結実(タレント)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-4890.html
倉野尾成美(AKB48チーム8)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6321.html
黒須遥香(AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6319.html
秋吉優花(HKT48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-4354.html
角ゆりあ(NGT48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5152.html
原田葵(櫻坂46)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5632.html
横野すみれ(NMB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6248.html
北川愛乃(SKE48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5257.html
荒巻美咲(HKT48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5123.html
原かれん(NMB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6250.html
前田令子(NMB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6279.html
佐藤妃星(AKB48)
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5005.html
皆さんそれぞれおめでとうございます。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

小場の方、称野原の方(新春歴史水着クイーンスペシャル16)

小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方の薄紫ビキニ姿。
清水景治の娘の称野原の方の緑インナー重ね黄色ビキニ姿。
AAD8CEA7-B5D3-4A4C-AEF4-73F47921176A.jpeg
先週も今週も朝から晩までかなり寒すぎます。
外は完全に冷え込んでます。
風邪には気をつけましよう、それと、温かい飲み物も飲みましょう。
ブログ村http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/humanillust

明智美津、宇佐美長元の娘(新春歴史水着クイーンスペシャル15)

5EA3C66A-1E01-4104-877D-F5EB342B4530.jpeg
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘の黒インナー重ね水色ビキニ姿。
今西春房夫人、明智光秀の娘の明智美津の赤フリルビキニ姿。

ここで私の展示作品をお知らせいたします。

第19回なんと版画の年賀状展
2021年1月16日から2月14日まで開催
火曜日休館
場所は、南砺市立福光美術館https://nanto-museum.com/
富山県南砺市法林寺2010
TEL0763-52-7576
交通は、JR福光駅よりバスで10分で最寄りのバス停「川合田温泉」下車で徒歩5分
JR金沢駅よりバスで60分で最寄りのバス停「川合田温泉」下車で徒歩5分
私の展示作品が3度目です。
展示作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_25.html

http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com



宇佐美長元の娘(3)(新春歴史水着クイーンスペシャル14)


ここで私の展示作品お知らせです。本日から開催で申し訳ございませんでした。

版画の年賀状展2021
2021年本日1月9日から2月7日まで開催
場所は、栃木県鹿沼市立川上澄生美術館
https://kawakamisumio-bijutsukan.jp/smarts/index/0/
私の作品展示が6回目です。 

展示作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_21.html

但し、当館からのお願いで、新型コロナウイルス感染拡大に際し栃木県の警戒度レベルが「特定警戒」に移行したことを受け、鹿沼市立川上澄生美術館は令和3年1月8日(金)から利用者を栃木県在住の方に限定して開館いたします。期間は、栃木県の「特定警戒期間」が1月31日まで予定に準じます。大変申し訳ございませんでした。

051F2300-472D-4351-B0BB-A9940483B7A1.jpeg
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘の黒ビキニ姿。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津(3)(新春歴史水着クイーンスペシャル13)

今西春房夫人、明智光秀の娘の明智美津の黄色ビキニ姿。35F3BB4C-4C91-43E2-A6C5-257B5E7ED111.jpeg

ここで私の展示作品お知らせします。
ラルゴ年賀はがき展
2021年1月12日から30日まで開催、日曜日と月曜日は休館
場所は、カフェギャラリーラルゴ
埼玉県 さいたま市中央区鈴谷2-725-1ソレイユ南与野1階 https://r.goope.jp/gallerycafelargo
交通は、JR埼京線南与野駅西口より徒歩4分
展示作品これです。
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_29.html


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方(4)(新春歴史水着クイーンスペシャル12)

清水景治の娘の称野原の方の渋緑ビキニ姿。
AC78421D-C3A8-4F51-8E58-1E8A6BC2963D.jpeg
ここで私の展示作品をお知らせ致します。

第19回100万人の年賀状展
2021年1月10日から2月11日まで開催
場所は仙台文学館の1階エントランスロビーhttp://www.sendai-lit.jp/
宮城県仙台市青葉区北根2−7−1
朝9時から昼5時まで、入場昼4時半まで
休館日は、毎週月曜日、1月12日、1月28日
但し祝日月曜日の1月11日は開館
展示作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_20.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル11)


ここで、私の本日から開催の作品展示お知らせします。

アートな年賀状展2021
本日1月8日から31日まで開催
場所は、川口市立アートギャラリーアトリアhttp://www.atlia.jp/
埼玉県川口市並木元町1-76
交通は、JR川口駅(京浜東北線)東口から徒歩約8分
TEL: 048-253-0222 
開館が10時〜18時
但し、入館は17時30分まで
入場無料
月曜日休館、祝日月曜日の場合は開館でとし、翌日休館
私の作品展示が今回6回目です。
展示作品これです。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_26.html
ぜひ見に来てください。

ブログ村http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/humanillust

杉元相の娘の鳥田武通夫人のオレンジビキニ姿。
B753AD24-5B87-466D-9257-9CF67A170878.jpeg

小場の方(3)(新春歴史水着クイーンスペシャル10)

小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方のピンクビキニ姿。
0020E5A5-FEC0-4BD7-92F9-8B2721410DBA.jpeg

ここで私の展示作品のお知らせします。
3日遅れ告知ですいません。

みんなの年賀状展2021
高根沢町民俗資料館
栃木県塩谷郡高根沢町大字石末1825(町民広場内)
朝9時から昼5時まで
1月5日から17日まで開催
入場無料

私の展示作品が二度目なります。
展示作品これです。
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_27.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_30.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_31.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_32.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_36.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_37.html
https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_38.html

ブログ村http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/humanillust

小場の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル9)

小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方の白ビキニ姿。
杉元相の娘の鳥田武通夫人の紫ビキニ姿。
C9F1C03A-9B18-43FD-AF17-830A38CE6BE4.jpeg

ここで明日から開催の私の展示作品をお知らせします。

年賀状展2021
場所は、スペース十夢http://space-tom4949.jimdofree.com/
静岡県静岡市葵区安西1-55-1
明日の1月8日から16日まで開催
ご来場の方には1月8日から14日まで全作品の展示の中からの投票を行います。
当ギャラリーは静岡駅から徒歩で約25分以内。
 交通は、静岡駅よりバスの西部循環中町廻りの安西1丁目下車前、井ノ宮線桜町行きの安西1丁目前、美和大谷線の赤鳥居前下車約3分
、駿府浪漫バスの浅間通り2番街下車約3分
今回展示は、この作品です。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_23.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル8)

5日遅れ告知で大変申し訳ございません。

セントラル絵手紙年賀状展2021
場所は札幌市の大丸藤井セントラル3階展示会場で私の作品飾っています。https://www.daimarufujii-central.com/post/blog210103-2
北海道札幌市中央区南1条西3丁目2
この絵手紙作品が展示します。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_19.html
1月2日から17日まで開催

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津の白ビキニ姿。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘のグレービキニ姿。
5FF8AE44-50DE-4FB6-8644-2A8D62388BC7.jpeg

称野原の方(3)(新春歴史水着クイーンスペシャル7)

清水景治の娘の称野原の方の青ビキニ姿。
50846971-0E81-434F-A308-B541F4EEEE01.jpeg

ここで私の作品展示のお知らせします、2日遅れの告知ですいませんでした。

年賀状展2021
2021年1月5日から11日まで開催 
場所は、福津市立図書館の1階ロビー
朝10時から夜6時まで
福岡県福津市中央1丁目1番2号
交通は、JR福津駅下車徒歩5分
この作品を展示します。https://rekisimizugi.at.webry.info/202012/article_22.html

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com

戸村義国、明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、鳥田武通夫人、称野原の方(新春歴史水着クイーンスペシャル6)

戸村義和の娘、出羽国久保田藩士の戸村義国が田原の百姓老人。
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が三平。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が百姓、村の動物。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が村長、百姓、村の動物。
清水景治の娘の称野原の方が百姓、村の動物。
杉元相の娘の鳥田武通夫人が百姓、村の動物。


「三平長嶺(さんぺいながね)」
  (岩手県一関市の昔話)
むかし、岩手は東山町の猿沢というところから江刺の田原へこえる境に両方の村の入会山があり、その山は、藩の抱える山で、村人誰でも自由に入ることができた。
IMG_20210106_073910.jpg
村人たちは、その入山で草と芝を刈る暮らしとして役立った。
IMG_20210106_074535.jpg
ところが、その境が入会山の中にあったことから、両方の村の間に境をめぐり、人と人のもめごとが耐えなかった。
IMG_20210106_142020.jpg
両方の村の村長や名主たちは困った。
「怪我なければなー。」
「んー、血は流れることでもなりかねぇな。」と、すっかり頭を抱えた。
IMG_20210106_160910.jpg
ところで猿沢には三平という義理がたい百姓がいました。村一番の評判でした。
IMG_20210106_161744.jpg
ある夏、いつも早起きで同じ時刻の三平は、ふと見るともう、多く村人が入りこんだ。
IMG_20210106_162300.jpg
これは驚きの田原村の百姓たちが境を越し、猿沢の草地に入り、随分と草を刈りました。
IMG_20210106_163006.jpg
三平は、「田原の百姓さんたちは、よその土地のこと知って入ってくるのは、ひどいじゃないか。刈った草は置いていけとは言わないで、ただ、オラの目に着いた以上は引き取ってくれないか。」と穏やかに言った。
田原の百姓たちは、こちら大勢なのに願い事は聞こえないとばかり、しらを切り、逆にこれ見よとばっかり、せっかく草を借りだしたからたまらない。
三平は仁王立ちになりながら、百姓らに向かってじっとこらえた。
IMG_20210106_164525.jpg
すると、田原の百姓老人が、「そうか、境をお貸したというが、この境を線で引いてるのか。このあたりは、どうせ変わらない土地で、そんな草刈って何が悪い。はっきり言って早いもん勝ちしかない。」
いくら多くの田原の百姓が頼んでも、三平の足元にツバを吐いた。
IMG_20210106_164821.jpg
「誰が通用するか。この長嶺路(ながねじ)が決まってる境だ。この道を越すお前らがオラところへ入った以上は覚悟あるところだ。穏やかに話しても無駄なら、オラ一人の力づくて相手にしてやるぞ。」と三平は身構えた。
「上等だ!面白いじゃないか、オラたちが喧嘩で力づいてやるぞ!」
IMG_20210106_165356.jpg
田原の百姓たちは草刈りがまをきらめかして切りかかった。
これを合図に血は流れまくり、三平にめがけて、切りかかりました。
IMG_20210106_173639.jpg
村の動物たちも三平にめがけた。
IMG_20210106_181131.jpg
なんと三平は全身血がまみれても立ったまま退けはしなかった。
「オラが死んでも一歩も動かねえ!人の草を刈りたいなら、オラのシカバネを越えていけ!」と切られっぱなしのままの三平は、とうとう命を失った。
IMG_20210106_174735.jpg
田原の百姓たちと動物たちは悪夢からさめたようなぼう然となった。
それからというもの、両方の村から立あい人を出し、長嶺路が境をすることを正確にした。
この道を三平長嶺と名付けた。
 (おしまい)
IMG_20210106_181459.jpg


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、宇佐美長元の娘、小場宗義の娘、小場の方、称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル5)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人が人間の歯。

昨日、新しい入れ歯のはめ心地を歯科へ診察しに行きました。
ひとつ気になることは、歯の下の肉は、はめキツかった。だから、今までの入れ歯を調整で削り、前よりはめても痛みなく納得でした。
次回診察は4ヶ月後ぐらいで歯のメンテナンスです。
IMG_20210105_170256.jpg
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

称野原の方、鳥田武通夫人明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル4)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津、
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘、
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方、
清水景治の娘の称野原の方、
杉元相の娘の鳥田武通夫人が焼いた餅。

今日から私は初出勤です。
怪我しないよう気をつけます。
ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/ IMG_20210104_135433.jpg

称野原の方、小場の方、鳥田武通夫人、宇佐美長元の娘、明智美津(新春歴史水着クイーンスペシャル3)

明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が、村人、白鳥。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が、村人、牛。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が農牛。
清水景治の娘の称野原の方が農牛。
杉元相の娘の鳥田武通夫人が村人、農牛。

「農牛と農鳥」
  (山梨県甲斐市の昔話)
むかしのこと。
北巨摩には、茅が岳の村々は昔から水飢饉に苦しんでいました。
毎年夏が来ると 、日照りが続いて田んぼも畑も枯れそうになるので、村の人たちは鳳凰山に雨乞いにのぼりました。
6D67FB58-93A0-4893-A053-B9144C0A7443.jpeg
山の神様はこれを哀れんで、黒毛の農牛と、白斑(しらふ)の農鳥を呼んでいいつけました。
「お前たちはこれから入って池を掘ってこい。」
そこで、農牛と農鳥は夜なってから穂坂村の地内に行って池を掘り始めた。
「夜明けなったらお前が鳴けよ。それを合図に山へ帰ろう。」
BE5C3541-2FD3-4476-9BFF-461D2292F65A.jpeg
そういう約束をして、二人は毎晩一生懸命に池を堀り、夜が明ける頃、農鳥が鳴くとそれを合図に二人早く引き上げて山に帰った。
145955D5-444D-46C2-9DF7-AD00F716CD77.jpeg
こうして、2つの池は、だいぶできたが、ある晩二人はあまり熱心に働いていたため、夜明け頃になっても、農鳥が時を知らせるのを忘れていました。気がついたときもうすっかり明るくなっていて農業は山へ帰ることができません。
261664B7-1EDA-4E89-8242-E1CDCB806759.jpeg
そのまま池の傍に石と化して、今も牛が寝た形の石が残っており村人は牛石と呼んでいます。
6E13A2DF-24E4-48DF-BC8C-4DB2A5ED6727.jpeg
農鳥だけは急いで西山へ飛び帰りましたがこれで池を掘ることはどっちも中止となりました。今も牛池と鳥の小池は残っておりますが、この二つの池は、どんな日照りの年でも少しも水が減ることはありません。
4721B5B4-4C61-4F53-9C79-EFCA579564DA.jpeg
また、この鳥が飛び帰った山は農鳥岳と呼ばれて、白根山のうちにそびえています。6036F696-58BE-492F-AC2D-C18B7408C6C4.jpeg
毎年農業初めの頃になると、この山の雪が白鳥が首を伸ばした形に消え残り、次に牛の形が現れます。
38072B64-A15A-457B-9422-774F85138628.jpeg
春になると、鳥の形が山に現れると、百姓たちは、「早く農鳥を見えたで、苗の間を作らねば。」と言って、苗代に籾種をおろし、農牛の形が見えると畑に大豆や小豆をまきつけます。
64452BEB-7147-44E4-A1DF-DD912233F4E1.jpeg
また、農牛 の形は秋にも、現れることがあって、秋の農業が見えると秋農の麦まきがはじまり、この山の見える村人たちは言っています。
なお、この山の残りの雪は鍬などの農具の形に見えることもあるということでした。
  (おしまい)32BF56EA-B65A-49D7-B4B4-7D7726F8A14E.jpeg

ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

宇佐美長元の娘、称野原の方、明智美津、鳥田武通夫人、小場の方(新春歴史水着クイーンスペシャル2)

久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘が若い男。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方が雪まみれの村人。
清水景治の娘の称野原の方が爺さん。
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が爺さんの孫娘。
杉元相の娘の鳥田武通夫人がおもちゃを持つ子供。


「大の字のキジ馬」
(熊本県人吉市の昔話)
むかし、人吉の藍田村(間町)に、細工好きな若い男がおった。
男は畑仕事の暇な時に木や竹を削ってかごに手箱など作っておった。
キジ馬1.jpg
ある時、男は大塚(大塚町)へ細工物の木を探しに出かけ、その帰り道でのことでした。 道端で遊んでいる子供がキジの形をしたおもちゃに紐をつけて引っ張ってるのを見た。キジ馬2.jpg
男は思わず夢中で、「おい、ちょっとそのおもちゃを見せてくれないか。」というて、手にとって眺めました。それは樫の木をナタで削った胴体に松の木を輪切りにした車を付けただけのおもちゃでした。だが、胴体のそり具合といい削り後といい、キジのような美しい姿でしたが、よくあらわされておった。
「ところで、何のおもちゃというのか。」
と尋ねると、「これか、キジ馬というんだ。」という。
「誰が作ったのか。」と聞くと、子供は、
「あそこの爺ちゃんが作ったよ。」と指をさした。キジ馬3.jpg
細工好きな男は、このまま帰る気はなく、子供の指示どおりの家をたずねると、その家は木地師の家でした。木地師とは、木で作った椀や箱の職人のことだ。
子供の持ってるキジ馬を話すと、「ぜひ、おらにもキジ馬の作り方を教えてください。 と頼みました。
男の話を聞いた爺さんは,「わしは、ろくろ挽きで、おもちゃは作ってない。」と言った。
だが、キジ馬の美しさにとりつかれた男は、
「爺さんのろくろ挽きでも何でも手伝いますから、どうか、おもちゃ教えてくださるため弟子にして下さい。」と、頼み込んだ。キジ馬4.jpg
とうとう爺さんが 、「そうまで言うならお前の気の済むまでこの家におるがいい。わしと孫娘の二人だけだがら、誰に遠慮もいらんでのう。」
と、弟子にしてくれました。キジ馬5.jpg
男は、毎日よく働き、ろくろ挽きの手伝いをしたり、市場へ売りに行きながら、その合間にキジ馬の作り方を習った。
男は、みるみるとキジ馬作りの腕を磨き、爺さんに負けないよう頑張った。キジ馬7.jpg
爺さんは男の熱心さに、「この男はいい木地師になるかもしれない。ゆくゆくは,わしの孫娘を嫁にして、わしの後継ぎするしかない。」と期待が膨らんた。
キジ馬6.jpg
爺さんは、樫の木の他にネムの木やカシワの木やキリなども、キジ馬の胴体に使うことにした。また、米粉をとぎ、白絵の具を作り、キジ馬に下塗りして、それを乾燥に、草や木の実からしぼり出した黄色、赤色、緑色で、キジに色付けして、鮮やかな色になりました。キジ馬8.jpg
男が大塚に来てから、3年目の春、全部自分の作ったキジ馬を箱に入れ、人吉の町に開かれる春の市に売りに行った。
町人たちは、なんて美しいキジ馬に驚き、子供のいい遊び道具として、大変売れました。キジ馬9.jpg
そしてもう、男は一人でやっていけると思ったのだろうか、そのまま藍田村の我が家へ帰ってしまいそれっきり大塚へは帰れなかった。それからは男は、毎年開かれる春の市にキジ馬を売りに行った。1年、2年と経つうちに,その形の素晴らしさと色の素晴らしさは、町人たちの大評判でした。
初めて生まれた男の子は、キジ馬を買ってやることが昔からのならわしになりました。キジ馬10.jpg
そして、何年かが過ぎ、雪の降る寒い夜のことでした。男が来年の春の市を備ええるためにキジ馬を作っていると、「わしは大塚から来たんだ.。」と言いながら、一人の男が雪にまみれて入ってきました。 「あんた、大塚のろくろ引きの爺さんのところにおったという人じゃないか。」「はい、そうなんですけど。」「実はな、その爺さんが昨日倒れてしもうた。 お前さんのことをうわごとのように言うてのぅ。」「あの爺さんがー。」男は、ハッとした。男は続けて言いました。
「村人たちと話し合って、できることなら、爺さんの息のあるうちに、お前さんの目だけでも合わせてやりたいと思うて、やってきたが、一緒に大塚へ行ってもらいませんか。」
「行くどころはありませんか、一度たずねても、黙って家から抜け出すことできないのは申し訳ないが、いつも思っております。」キジ馬11.jpg
男は、棚の上のキジ馬をふところに入れると、支度もそこそこ家を出た。
二人は急いで雪の山道で走った。キジ馬12.jpg
だが、二人が家に着いたときには、爺さんがもう死んでしまい、男は声をつまらせて、
「爺さん、長い間、おらが黙って家へ帰ってしまってことを許してください。申し訳ございませんー。」と、冷たくなった体の爺さんに謝りました。そして、ふところからキジ馬を出した。
「これが、おらのキジ馬ですので、じっくり見てください。」
と、爺さんの顔に近づけた。村人たちは、美しいキジ馬を感動しました。
男も村人たちも爺さんの顔を見て安心し、きっと笑ってくれるだろうと思い感じ、ささやきました。キジ馬13.jpg
爺さんの葬式を済ませ、男は嫁である孫娘をつれて、藍田村に帰り、幸せに暮らした。
キジ馬15.jpg
毎年、春の市に売り出されたキジ馬には、全て大の字が書かれ、それは男は大塚の爺さんの恩を忘れないために大塚の大の字にした。
人吉では必ず、あのキジ馬を大の字が記されています。
  (おしまい)
キジ馬14.jpg

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

明智美津、宇佐美長元の娘、小場の方、称野原の方、鳥田武通夫人(新春歴史水着クイーンスペシャル1)

IMG_20210101_215229.jpg

新年あけましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
恒例の歴史水着クイーンスペシャルをお送り致します。

左上から,
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津。
久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘。
小場宗義の娘、戸村義国夫人の小場の方。
清水景治の娘の称野原の方。
杉元相の娘の鳥田武通夫人。

私はこの5人でお送り致します。

ちなみに私は年ですので、重ね重ねよろしくお願いいたします。
ブログ村
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/