成瀬まさ,明智美津

徳川家光夫人の成瀬まさが、ネズミたち。
明智光秀の娘、今西春房夫人の明智美津が一番大きいネズミ。
今年最後ありがとうの子年、ネズミにふさわしい日本の民話をします。

「食いつくネズミの尾」

  (鳥取県の昔話)

むかしむかしのある時に日本のネズミが、唐の国へ渡りたくなってきました。

C33A3F29-94EC-4CB4-97FD-372808EAE8DA.jpeg

どうして渡ろうようもなし、1匹がまず海へ飛び込んできました。

EE687AD7-1F12-4CAA-ABC3-F6DFB5B980BD.jpeg

次へ次へと尾をくわえて渡ろうちゅう相談ができた。

54302711-E791-4BDF-AF7C-9C733BF1AFAE.jpeg 
一番大きいネズミが、真っ先に海へ飛び込みました。
A51E678D-708C-4773-B729-DC9C57EE4570.jpeg 
そして次のが、「その尾に食いつき、ズボン、ガワガワ。」と言うて飛び込みました。
0453DB78-DF8F-4AA4-A8D8-7090CCC0F3F8.jpeg 
「その尾に食いつき、ズボン、ガワガワ。」

「ズボン、ガワガワ。」

「ズボン、ガワガワ。」

D05CB9BF-F978-461F-B45B-C4E0CEBFB436.jpeg

海の上へ、ネズミが尾にくいついては、なんと橋のような一列になった。

9B9F27C0-C930-45EE-898D-5EE8682B39A8.jpeg

ネズミがたくさんいますから、まだ今でも変わらないほど数えきれない。

5167F033-A47B-438E-B77F-4B0FEF3A89F4.jpeg

鋭いだって、話はずっとこれから先は長いことだ。

  (おしまい)

4C88BC84-11B7-4EAD-A343-0F612C9B4538.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年12月31日 16:17
こんにちは。
ネズミ年最後にふさわしい 楽しい民話ですね。
ネズミ達1匹1匹の表情が面白くて可愛いです。
体の小さなネズミならではのお話ですね。
今年1年 沢山の作品で楽しませていただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
沢山の作品楽しみにしてま~す♪
良いお年を!
sisi
2020年12月31日 16:37
にゃーちゃん、ありがとうございます。
そうですね、ネズミ同士たちの熱い気持ちが、橋状態に変わるとは面白いことですよ。
2020年最後の気持ちにネズミを表現を生かしました。
今年はいつもありがとうございました、また来年の明日にお会いしましょう。
良いお年を。
2020年12月31日 22:28
こんばんは♪
ネズミさんは、唐の国に着いたのかな?
今年は丑年です。
沢山の年賀状ありがとうございました(笑)
来年も、楽しみにしています。
良い年をお迎えください。
sisi
2020年12月31日 23:28
もうヘトヘトさん、ありがとうございます。
大昔はネズミたちがきっと唐へついたかもしれませんね。この時代は、遣唐使と同じようですね。
今年もありがとうございました、明日の新春スペシャル更新します。
良いお年を。