五十公野の方

五十公野信宗夫人、新発田綱貞の娘の五十公野の方の白ビキニ姿。
5DB714C4-301E-484E-A815-1C690EF74570.jpeg
福岡ソフトバンクが日本一で4連覇を果たしました。巨人相手に信じられない2年連続の無敗で勝ち取り、日本シリーズで12連勝となりました。
甲斐http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5706.htmlの2人の2ラン弾で勝ち越しを決めた。

進藤殿

進藤長治の娘、大石良信夫人、進藤殿の渋緑ビキニ姿。
6599F3DA-9EB9-4229-A3B0-2912A66DFFF2.jpeg
ここで、私の作品の雑誌掲載のお知らせします。
週刊朝日12月4日号
朝日新聞社
定価税込430円本日発売
山藤章二の似顔絵塾コーナーにJ.Y. Parkことパク・ジニョンの似顔絵http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6445.htmlが入選掲載いたしました。
ぜひ書店で見てください及び購入してください。
よろしくお願いします。

加藤重正の娘

大森好長夫人の加藤重正の娘の上下違いビキニ姿。
252EDAEB-CDFB-4F67-9C06-8790AB4CAE15.jpeg
昨日の晩、私は、久々に天下一品と言うラーメン屋さんに行きました。天下一品のラーメンはもう何年ぶりか覚えてないみたいでした。
天下一品と言えばこってりラーメンが有名なので、もちろん頼みました。このラーメンが私にとってたまらないラーメンでした。他でも真似のできない独特なこってりスープでした。こってりラーメンの薬味はニンニク味噌を入れました。この時は和豚しょうが丼と共に食べました。
夜中から寝る時、自分の口臭で歯磨きしたあとでもにんにく味噌の味がまだ残っていました。ちょっとニンニク入れすぎたせいかと感じてきました。

神前の方、川上久謂夫人

神前宗行の娘、神前是光夫人の神前の方が蛙。
中原円覚坊の娘の川上久謂(ひさいい)夫人がムカデ。

「蛙とムカデの買い物」

 (滋賀県の昔話)

むかしむかし、、近江の宿に泊まっていた

ムカデと蛙がいました。

2FB2C6EA-7910-474C-9F4B-7209EE05D4A1.jpeg

ムカデが、

「ひとつ、うまいもん食べようじゃないか。」

と言うた。

蛙は、「おー、酒のつまみにもいいぞ。」と言った。

E260BAC9-6AFB-4AFE-8646-F8A09BD4DCD2.jpeg

蛙が、酒買いに、ムカデが、魚買いに、山の上から降りて、下の街まで行くことになりました。

6348F848-8C6A-434D-BB10-21F385714CD0.jpeg

蛙は、勇んで近江で一番うまい酒を買いに行きました。徳利いっぱい買って戻りよった。

C47FC7AB-F00B-4848-BE4D-100DF01996C4.jpeg

ところが、ムカデは、まだ、玄関口で、ぐずぐずしていて、琵琶湖とれたての魚を買って来よらへん。

3FC6EDE2-A942-4B34-9980-ECBA22703F21.jpeg 先に宿の部屋にいた蛙はムカデが遅いと心配して言うた。

「あれ、ムカデは便所でも言ってるんじゃないか。」

「いいや。」

E2AEA3E8-DFDB-41AF-96FA-FE8378872354.jpeg

「何をしてるんだ。早く琵琶湖の魚を待ってるんだ。」

853CD07C-459D-43E4-9EB7-EDCD99693B76.jpeg

「なんせ、私は足が多くて、まだ、わらじ、はけません。」

ということでした。

やっぱりムカデは支度がかかりすぎましたね。

  (おしまい

B4CD543D-9927-4C13-A3A4-AD1EA4F6A72E.jpeg

松浦姫、一条内政夫人、一条内政、草刈衡継、山名兵庫頭の娘

西郷信尚夫人の松浦姫と長宗我部元親の娘の一条内政夫人が坑夫。
一条兼定の息子、土佐一条氏当主の公家大名の一条内政が組合幹部。
草刈衡継夫人の山名兵庫頭の娘が主婦。
毛利元就の家臣、草刈景継の息子の草刈衡継が主婦の夫。

「希望退職」

(福岡県の昔話)

むかし、ある炭坑で、大幅な人員整理をすることになって希望退職をつのりました。

そして、労働組合も、そのお先棒をかつぐことになった。

希望退職1.jpg

会社は辞めさせたいと思っている労働者が次々に組合の事務所へ呼び出されまして「ぜひ、この際、退職してはどうか。」

と、説得を受けました。

希望退職2.jpg

そんな人たちのなかに、1人の主婦がいました。その女は、旦那の代理として、顔出した。

労働組合の役に立ち、待ってましたとばかりに、その女を口説き始めました。

希望退職3.jpg

何しろ、小鴨先に生まれてきたような組合幹部の事ですから、女男時落とすくらい、朝飯前の仕事でした。しかし、これはまた、なんとした番狂わせだったことでしょう。

希望退職4.jpg

どんなに言葉巧みに説得し続けても、その女は、まるで石のように黙ったまま、一言の意思表示かもしないのです。はいともいいえとも、嘘ともすんとも、答えません。天才的な舌家をもって、自分も他人も認め合っている組合幹部が、どれほど誇りをきずつけられたことか。

希望退職5.jpg

「あんたはオシか、それともツンボか。何と言う無礼な態度だ。あんたの為を思えばこそ、こうまで誠意を尽くして話をしておるのに、組合を悔辱するにもほどがある。話にならん。さっさと帰ってくれ。そして、すぐ、親父さんをよこしてくれ。親父さんと直接話をつけよう。」

組合幹部は、こう怒鳴りつけると、荒々しく席を立ちました。

希望退職6.jpg

すると、その時、今の今まで、一言もしゃべらなかった女が、初めて口を開きました。

「いいえ、家の人が、なんと言われても出すことができません。家の人は口が下手でした。

希望退職7.jpg

偉い人の前に出ると、てんで、ものをいいきらっさん。それで、わざわざこうして、私が代わりに出てきたと。」と言うことでした。

  (おしまい)

希望退職8.jpg

朝倉弘房の娘

草刈重継夫人の朝倉弘房の娘の渋緑ビキニ姿。
FD23E5D7-3DC7-4E42-9EB0-8DEB8A336E51.jpeg
読書週間が過ぎても、最近でも、夜、私は、図書館を通い続けてます。なんか自分に合う面白い民話本ないかなと探しています。特に絵本あたりですね。絵本は表現あって楽しいですよ。あっ、自分はこの本を小さいころ読んだことあると懐かしく感じる時もあります。

鷹野殿

592B2098-2204-4768-9752-ECA1524BF6EC.jpeg 鷹野右近の娘 志村貞精夫人の紫ビキニ姿。
今年引退となる2005年で火の玉ストレートを生かしリリーフでリーグ優勝を貢献した阪神の藤川球児投手が、昨日、甲子園で現役最後の登板で投げた。多くのファンたちは感動与えます。
藤川球児の似顔絵アップです。


小倉、松井局、長崎殿、安国寺恵瓊

大内義隆の娘・大内珠光の下働き女の小倉がお侍の娘。
松井藤四郎の娘、石川貞政夫人の松井局が魚屋の娘。
大村純忠の娘、大村純忠の家臣、長崎港開港当時の領主の長崎甚左衛門夫人の長崎殿が花屋の娘。
臨済宗僧で戦国武将の安国寺恵瓊が和尚さん。

「りんりん」 

 (滋賀県の昔話)

むかしむかし。

お侍さんの娘と花屋さんの娘と魚屋さんの娘が、寺で遊びました。

8FE6A89C-952A-46DC-B2EB-AEA6B35DDDF2.jpeg

ところが、本堂の大事な鈴を割ってしまいました。

D1785AA2-61F3-4F4B-8C7B-86524365F446.jpeg

和尚さんに謝りに行ったけど、許してもらえません。

2A9C10ED-9AF2-4189-863C-9F7E89046BB7.jpeg

和尚さんは、「『りん』と言う言葉を使った句を歌ったら、こらえたる。」と言いましたので、

C3E98931-9DF1-4486-946C-957F15485AEB.jpeg お侍さんの娘が、「りんりんとりんとそりたる小なぎなたひと振り振れば、首はちょろりん。」4D15FC0E-166F-4C1F-901F-2360D901294B.jpeg

花屋の娘が、

「りんりんとりんとさいたる二度桜ひとふき吹けば花はちりりん。」

5A4650DD-4543-443B-9970-839EA525DBCB.jpeg

魚屋の娘が、

「りんりんとりんとそりたる赤イワシ一口食えば腹のぼてりん。」というて、歌いました。

0B46408E-C6CE-405C-A00C-C32C204FAF00.jpeg

ほんで三人とも、和尚さんに、こらえてもらいました。

  (おしまい)

504559C1-E14B-4318-A1F9-C8E06DFEE09D.jpeg

栗林頼忠の娘、秋篠和泉守の娘

深沢利重夫人の栗林頼忠の娘が、大ミヅチ。
柳生三厳夫人の秋篠和泉守の娘が、カサノオミ。

「ヒョウタンと大ミヅチ」

(岡山県倉敷市の昔話)

遠い大むかし,吉備の国は,カサノオミという豪傑がおさめてた。

その自分,今の高梁川の下流,川辺のあたりは,川島川とよばれ,瀬戸内海へ続いた。その川島川に川口のあたりに,大きな淵ができて,そこに,古いミヅチが住んでたそうな。

20A4CDCD-81C4-4EAF-A368-F308B27128AE.jpeg

ミヅチというのは,水の中に住む大蛇のことじゃ。古くなると、魔力が備わってくるそうじゃ。川辺のあたりは,大和(奈良)と九州の間を行き来する、いかいこと(たくさん)とおる。

陸には,後に山陽道とよばれるようになった。大和へ通じる大事な道があり、一番、交通の盛んなところだ。

157BA7DE-3322-4978-8AD4-0883B19F5641.jpeg

その旅人たちや、船が、ミヅチに襲われ,毒を吐きかけ、沈められたり、殺されたりした。西と東の交通の、一番大事なところにおって、悪い事するかもしれない、みんな弱ってから、カサノオミに訴えて出たんじゃ。

8B23974A-32BA-4600-A53F-BC78B25D2159.jpeg

カサノオミは、肝っ玉が大きく、力も強かった。ミヅチが暴れまわると聞いて,大事にやってきた。今の八幡山の麓にあった淵は、不気味な色に静まりかえった。カサノオミは,岸の岩に腰掛けて、淵をじっとにらみ、その岩が、カサノオミの腰掛け岩というて、残っとる。

0931E71E-D53E-41B0-875E-C0E4B94DC002.jpeg

家来がヒョウタンを差し出した。ヒョウタンを、何するのかて?うむ。ヒョウタンには、神様がやどってうるんじゃ。そこで、いろんな占いに使われたり、魔除けを使われたりしたそうな。

6B51FEAF-1DF7-4D27-ACCF-2F5E9EAE1B2D.jpeg

カサノオミは、神様に祈って、ヒョウタンを3個、淵の中へ投げ込んだ。そうして、剣のつかに手をかけ、水の中へ呼びかけた。

「ミヅチよ、お前、民人に悪事を働く、ふらちなやつじゃ。わしは,お前を退治にしにきた。お前の魔力が強ければ、この神のやどるヒョウタンを、沈めてみよ。もし、沈めること出来ねば、たちどころに、お前を殺したしまうぞ。」

8A20D56A-A3A8-473C-93E3-C71B38C403DE.jpeg

静かだった淵が、急に、ゴォーと渦巻いて、大ミヅチが現れた。淵には、枝の角が生えていて、気味悪い色をした体には、一面に白いマダラが見えた。

ミヅチは、ヒョウタンに襲いかかった。身体をうねくらせるたびは、水しぶきがあがった。上から見とると、白いマダラと角は、ちょうど、鹿が木の中で暴れまわるようだそうな。けえども、さすが、魔除けのヒョウタンじゃ。ひとつ沈んだとおもやあ、他のが沈んどる。なかなか沈まない。ミヅチは,次第にくたびれてきて,ヒョウタンをもてあましだした。

C349D920-B894-44D5-BE18-99ADD3032B6C.jpeg そのときを狙ろうて、カサノオミは,淵に飛び込んだ。剣で、大ミヅチをズタズタに、切り裂いてしもうた。
05AF825D-E9F9-412D-A4B0-C459F87C8DD1.jpeg

淵のもっと底を探ったら、仲間のミヅチがおった。

04EB41E7-9B32-409F-BD48-9BCE1378DDBA.jpeg これも、みな切り殺した。淵の水は、真っ赤に染まったそうじゃ。これで、川島川は、ようやく、平和になりました。カサノオミは『あがたもり』という役でしたので、この淵は、あがたもりの淵よばれた。 

       (おしまい)

C2A9C0F7-3164-4447-B6FD-F857960319CC.jpeg

智光院

E6572697-88C8-4C1D-9533-296FB6E89F7D.jpeg
木下勝俊の娘の智光院の水色ビキニ姿。

11月1日、競馬の天皇賞・秋でアーモンドアイがGⅠ現役最多の8勝目を挙げた。ちなみに牝馬で初めてのGⅠ現役最多となる。まさに歴史的快挙http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-6492.html



天祥院

F044FE86-70E6-4AA5-A100-24DF8A8FF5C1.jpeg木下勝俊の娘、武田信吉夫人の天祥院の水色ビキニ姿。
ただ今、京阪電鉄の中之島線改札口からなどアート開催のキテミテ中之島2020展に私の作品の動物と鳥集団と犬集団の走る姿のイラストが2点飾っています。12月27日まで見れます。
会場へ足運ばれない方は、このサイトのWEB展示欄のインスタグラムコーナーに私の昨日がクリックして見れます。http://www.keihan.co.jp/traffic/kitemite/


三位殿、大井政吉夫人

朝倉義景の娘、本願寺教如夫人の三位殿が旦那。
柴田康忠の娘の大井政吉夫人が下男。

「なまけ弁当」
むかしむかし、えらいけちんぼな旦那がおりました。
14043D5F-9FC3-4972-B901-E8B27BE98BF1.jpeg
  • ある日夕方、作男が畑から帰ってきて、「旦那様、今日は、草残らず取りました。弁当をこしらえていただいたおかげで、大変墓行って、ありがとうございました。」と、言った。
  • すると、旦那は、「墓が行ったと言うても何もお前が仕事をしたわけじゃなかろ,弁当が仕事をしたというまでのことじゃ。」
EAE64803-1572-4D71-95C8-B07B12287A9F.jpeg
  • 「弁当がね・・・.は〜て。」作男は首をかしげて引き下がっていった。
2B90867D-0E41-48D6-9200-9DB841CF82F6.jpeg そのあくる日、作男は、弁当を持って、裏山畑に出かけた。男は畑の真ん中に、デーンと鍬をぶったてると、その先っちょに、弁当の包みをしばりつけた。F44DA6EB-2F4B-4F8E-ABDE-1786F14070BE.jpeg
  • そして、自分は、涼しい木陰へ行き、手足伸ばしから寝ていた。
EBF01E0E-DB6B-41F6-B9D8-1BFF023C7FC5.jpeg
  • 昼過ぎになると、旦那が見回りにやって来た。「ありゃ。」見ると、畑の真ん中に鍬がぶったてる。「こんなところに大事な道具を置きっぱなししてー、おや、畑仕事に何にも手をつけてない。あの作男は、一体どこだ。」
DF884116-7634-4C15-B616-A0A43E2C6D4F.jpeg
  • 旦那が、そのあたり探してみると、おったおった。作男が大の字に木の下で、大きないびきをかきながらぐっすり寝ている。旦那はカンカン怒りだし、「おい、こら、ざまァ何事じゃ。」と、怒鳴った。作男は、寝たままで目を開けてみると、「あっ、旦那様。」「寝てる場合か。このいい天気なのに朝から何も仕事せず寝くさっとるやつがあるか。」「へえ、旦那様。」作男は落ち着いた声で言うた。
575BC597-97E1-41E9-8F93-25AE3C313D7C.jpeg
  • 「昨日、旦那様からおっしゃりました。畑仕事で弁当がするんじゃと。これでわしはあのとおりー。」と、首を持ち上げて、畑につったっておる鍬を指さすと、「あのとおり,弁当に鍬を持たせて,畑に出してやりました。」
D98816D2-75D3-4F04-87C7-7F7D18777975.jpeg
  • 「なんじゃと。」カンカンに怒る旦那を見上げて、作男はこう言った。「はて、奇妙な。ここから見ておりますけど、弁当のやつが、いっこうに仕事してないな。仕事は弁当がするけどな。旦那様、弁当のやつは、ほんに怠け者ですよ。」        
  • なんだかわからないか不思議なのか、とにかくめでたしめでたし。
  • (おしまい)
F4EAB0C2-0493-4955-BC68-E5BCDA3C07F1.jpeg

島館入道喜仙の娘

赤沢経智夫人の島館入道喜仙の娘の黒ビキニ姿。
4438044E-72A6-4814-B02A-1DCEC5FF6E84.jpeg
先月29日に自家用車でバイクの二人乗りを衝突し、交通違反のひき逃げで逮捕された注目の若手俳優・伊藤健太郎
今後は俳優活動を続くのか・・・・・。