隆福院、大久保忠信夫人

今川義元の娘,嶺松院の妹の隆福院が熊。
稲垣重綱の娘の大久保忠信夫人が狐。
「熊のしっぽ」
     (大阪府茨木市の昔話)

熊のしっぽはなぜ短いのか。

むかしむかし、茨木の福井の村というところに、しっぽがまだ長かった熊が歩いた。

熊のしっぽ1.jpg 狐がたくさん釣った魚を車に積んで歩いた。

ちょうど腹減った熊が車の後ろから魚をこっそり一匹盗もうとするそのとき、狐が振り向いて見つけよった。

熊のしっぽ2.jpg

「熊はん、わいがせっかく釣った魚を盗んだらあかんで。」と怒った。

「すまん、狐はん、ワシは急に腹が減って、あの魚がたまらんや。」と謝った。

「そんな魚が欲しかったら、山の後ろの三か月池になんぼでも釣れるで。」

「どんなにして釣るんや。」

熊のしっぽ3.jpg 「なんでもないわ。今は寒いから、ただ氷が張ってるだけや。氷に穴を開けて、その穴の中へしっぽをつけて、待ってるんや。そしたら、しっぽが魚を食い付きよる。そのとき、しっぽを引っ張りあげたら、ついてきよるんや。」熊のしっぽ4.jpg

「なるほど、そんな手があるんや。狐はん、魚を返すわ。ほな、おおきに早速、三か月池へ魚釣りに行くで。」

熊は、盗んだ魚を狐の車に返しておいて、山の後ろの三か月池へ行きました。

熊のしっぽ5.jpg そして池の氷に穴を開け、その穴にしっぽをつけて、魚のかかるのを待っておった。熊のしっぽ6.jpg
すると、しっぽが段々重くなった。何やら魚がかかっているようだ。

「おお、かかりよったなー。これはきついー。捕まえるところ見ると、大きな魚に違いない。」

熊のしっぽ7.jpg
熊はしっぽを引っ張りあげて、力を踏ん張って入れた。
熊のしっぽ8.jpg

途端に熊はしっぽが折れたような気がして、氷の上へひっくり返りよった。氷の穴が凍りついて、魚がかかったのと間違えて、力を入れよった。そこで、しっぽが切れてしまった。

熊のしっぽ10.jpg

この時から、熊は、今みたいに、しっぽが短くなってしまった。

  (おしまい)

熊のしっぽ9.jpg
この作品は、今日から開催の第66回豊中市美術展デザイン部門の入選展示します。

宇佐美長元の娘

久貝正俊夫人の宇佐美長元の娘のオフショルダービキニ姿。
537CC7F6-8DD8-4626-BE9E-9C0CE8A818DC.jpeg
ここで私の入選展示のお知らせします。
第66回豊中市美術展
明日の10月28日から11月1日まで開催
場所は、豊中市芸術文化センター
朝9時半から昼5時半まで、最終日は昼4時まで
交通は阪急電車宝塚線の曽根駅下車から東へ徒歩5分で300m
今回は、大阪府茨木市の昔話の熊のしっぽがデザイン部門入選しました。
14回目の入選です。
是非見にきてください。


知久直政夫人

松平家乗の娘の知久直政夫人の水色ビキニ姿。
nnnttttyttt.jpg
ここで私の雑誌掲載のお知らせをいたします。週刊朝日11月6日特大号
定価税込価格430円
朝日新聞社
本日発売
山藤章二の似顔絵塾コーナーに私の作品で三原じゅん子国会議員の似顔絵http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5988.htmlが入選掲載いたしました。
ぜひ書店で見てください及び購入してください。
よろしくお願いします。


木造師茂夫人

木造政宗の娘の木造師茂夫人の上下違いビキニ姿。
81ABAF6E-4367-406D-AA5D-40B1A7CC160A.jpeg
私は昨日の晩、近所の整骨院に行き、自分の腰のため診察して、しっかりとした手もみマッサージ中心で本当に気持ちよかったでした。
もともとは仕事する時も寝てから起きるときもいつも腰痛でした。

波多多見野

松浦宗金夫人、波多興の娘の波多多見野のピンクビキニ姿。

私は昨日の夜、再び、くずはモールのくずはアートギャラリーでのセンチュリー文化祭作品展の様子を伺いました。
初日の金曜と土曜の来場者数がだいぶ多くなりの大盛況でした。土曜日が一番多かったね。
きてくれた方々も感謝が伝わります。
展示当番たちに自分の作品を紹介しました。閲覧絵本も来場者たちがたくさん見てくれて評判でした。この展示は本日午後6時まで見れます、来場時は展示当番が検温してくれます。
あの閲覧絵本はすべて当ブログからの収録作品です。
6E6F92C6-E3E2-4F95-9B73-1AE68F0231C8.jpeg

津田信蕃の娘

花房職則夫人の津田信蕃の娘のワンピース水着姿。
fffgfdf.jpg
昨日から開催中の京阪電車樟葉駅下車すぐのくずはモールのくずはアートギャラリーのセンチュリー文化祭作品展の私の作品展示風景をアップしましたので是非見てください。

高山盛聡夫人

鵜飼元辰の娘の高山盛聡夫人の緑ビキニ姿。
2FA1C949-966A-446E-90B3-E3E358B8338C.jpeg
今日から京阪電車樟葉駅下車すぐのくずはモールのハナノモール3階のくずはアートギャラリーの私の作品展示のセンチュリー文化祭作品展が開催します。手作り絵本3冊、パネルの栃木の昔ばなしを飾ります、今月21日の午後6時までですので、ぜひ見にきてください。

元光の方、佐久山御前

大田原資清の娘、佐久山義隆夫人の佐久山御前が老人。

細川澄元の娘若狭武田氏当主・武田元光夫人の元光の方が蛇。


「オッカナ淵」

   (栃木県塩谷町の昔話)

むかし、中阿久津村(高根沢町)の富士見坂の下に大きな沼があり、人々はオッカナ淵をと呼んでおった。

5006D64E-63AE-461D-987F-F016486BA9EC.jpeg

この沼には、どんなに深いか底も知れず、恐ろしい大きな蛇が住んでいると言われた。

沼の周りには、丈の高い葦がいっぱい茂って、沼の中を覗くこともできませんでした。

F2CB8D4B-EE68-44A1-B9BB-9E3C725D0329.jpeg

ある時、村の老人が、この沼の周りの草を刈りにやってきました。サクサクサクサクよく草刈り鎌は、気持ち良いようによく刈れます。

EDDF297D-BD2B-4543-88AF-1F0278E6586C.jpeg

今少しで草刈り籠もいっぱいになろうとした時、大きな石にカチンと鎌を当ててしまいました。

401BAAD0-C172-443F-8506-0EAC1711C6D5.jpeg

「しまった、あー。」と思いながらふと石を見ると、

D6CADF45-B330-4A9D-A465-DE432942C8A4.jpeg

その下からするすると小さな蛇が出てきて、いきなり老人の指に噛み付きました。

4DA43B2E-DDC6-4621-AAB7-9A334B17FAE1.jpeg

「痛い痛い!」と、びっくりした老人が、手を振って小さな蛇を振り離そうとすると、みるみる蛇は大きくなってきます。

「ひゃー。助けてくれ〜。」

8D7BD08C-8761-4041-BA35-DD8EDE56AA00.jpeg

その声がこだまとなって戻ってくるときは、すでに老人は頭の方からのみこまれてしまいました。老人をのんだ大きな蛇は、悠々と水の中へ姿を消してしまいました。

オッカナ淵という地名は、こうして起こったことでした。

   (おしまい)

38BBF75E-97A3-47E7-B35D-536639661A75.jpeg 
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/


結城政朝、宇都宮御前、沢村御前、氏家古奈、那須政資夫人

結城氏広の息子、下総結城城主の結城政朝が通りかかる殿様。

那須資親の娘、宇都宮成綱夫人の宇都宮御前が、山芋掘り子供。

結城政朝の娘、結城顕頼、那須資永の妹、沢村三郎夫人の沢村御前が、山芋掘り子供の姉。

氏家行広の娘の氏家古奈が氏家の殿様。

岩城常隆の娘の那須政資夫人が阿久津の殿様。


「塩谷の殿様ばなし」

(栃木県塩谷町の昔話)

むかし、栃木の塩谷というところにこういう殿様がいました。


ある日の子供が山で山芋掘りをしていました。

CA7F86C9-D3E4-4B2F-9450-5AFFA221E96A.jpeg そこを殿様がお通りになって、「ここはなんというところじゃ。」と、お聞きになりました。
73DEB274-0B4D-40C6-A9CA-2952A577AA68.jpeg 
子供は、振り向きをしないで、

「これはところだか、これは山芋だか、掘って見なくっちゃわかんねえ。」と答えますと、

「いや、そうではない、村の名前だ。」

と、重ねて申された。

86FBDBA4-CAB0-49F3-B6EF-D8B650E867A8.jpeg ちょうど子供の姉は、おむらという名前だったのですから、姉のことを聞かれたのかと思って、

「あんねのおむらやんは、昨日お客に言っていねえや。」と答えました。

F2AFF0D2-A111-4914-9AA0-0593291AF760.jpeg 
殿様が、

「そう人をあげ足とってからかうものではない。」と申されると、

「今日くっか、明日くっかわかんねえ。」と言いましたので、

B145F08E-ADD7-46F8-96A3-FA28ADE56674.jpeg殿様は仕方なく行ってしまいました。259C958A-C041-4AA9-B663-99B794E1D442.jpeg


さらに殿様ばなしがもうひとつ。

むかし、氏家と阿久津の境だった上阿久津の坂を上がったすぐのところに逢坂(おおさか)と呼んでいた.

こんな境にあるとは、ワケがあります。

CE587C0A-93C0-4298-A879-9167E43B6D77.jpeg
氏家の殿様と阿久津の殿様は、領地の境をめぐって長い間争いましたが、いつになっでも解決にはなりませんでした。
3CEFF0F7-E3A4-490C-BA9C-E933CB22A3E3.jpeg

やがて、いつまでも争っている愚かさを悟り、お互いに正午に自分の城を出発し、出逢ったところを境にしょうではないかということになりました。

どちらも少しでも余計に自分の領地にしたいので、今かと今かと待ち構え、いよいよその時になると、馬に乗ってさっと飛び出しました。

7032589F-F148-421E-AB1E-38C58563E750.jpeg

けれど、阿久津の殿様は途中で道草を食っていたので、この坂の上で氏家の殿様と出逢ってしまいましたのでした。

これが逢坂の始まりでした。

   (おしまい)

C5324BE8-3833-4929-8ABF-9FBD3F4C3C0B.jpeg 

鈴木繁宗の娘

鈴木繁朝夫人の鈴木繁宗の娘の水色ビキニ姿。

ここで私の作品のお知らせがあります。
「センチュリー文化祭作品展2020」
2020年10月16日から21日また開催
場所は、くずはモール・ハナノモール3階の
くずはアートギャラリーhttp://kuzuhaartgallery.blogspot.com/
朝10時から夜7時まで、最終日は夜6時まで
交通は、京阪電車本線の樟葉駅下車すぐ
私の作品も展示します、ぜひ見にきてください。
467202DB-E085-4BC9-948E-0B8C62613442.jpeg

伊豆山権現別当夫人

鈴木繁朝の娘の伊豆山権現別当夫人のフレアビキニ姿。
CC0A089F-D6B2-43C8-A652-42CCA28BCBD2.jpeg
私は最近、読書の秋でハマり、ほぼ毎日図書館へ通っています。その図書館内になんと、図書館で価値が少なく使えない本のリサイクルがありましたが、無料でもらえます。私は6冊選んでいただきました、本を得することも楽しくいいですね。特に民話絵本です。




江田の方、香山妙春

江田隆貫夫人、深尾隆兼の妹の江田の方が鳥を思う男。
黒田官兵衛の妹、黒田職隆の娘、三木清閑夫人の香山妙春が杭と思う男。

「飛んでも杭」

 (神奈川県の昔話)

むかしむかし、神奈川は鶴見の潮田町一帯がまだ足の原っぱだった頃、波打ち際に黒いものが見えました。

E16A6974-B0DC-4599-8112-5BD509DB5990.jpeg

通りすがった2人のうち1人が、

「あれはなんだ、杭か。」

と言いました。

761045E2-6F48-499E-8674-A4549B353AD1.jpeg
そしてお互いに、「杭だ。」
9D0CD302-DDDB-4C9E-8A1B-BEF894E5919E.jpeg
「いや、鳥だ。」
360A6859-2025-4056-9270-7D60D4F4721C.jpeg
といい張って、一向にラチが明きそうもありません。「んー、石を放ったか。」

と言うと、1人が石を投げつけました。

1E0B9299-B45D-47A4-9D91-65F93FE1FB4A.jpeg

黒いものは驚いて、バタバタと飛び立ちました。

3679C907-E5B8-4763-A256-D3F59B33EB8A.jpeg
勝ち誇った1人が、「そーれ、鳥だな。」

と言えば、

FF23E5CE-EE31-4377-BC36-F8BD3FB136B9.jpeg

もう1人は強情に、「いやいや、飛んでも杭だ。」とまだいい張りました。

それで強情な人のことを「飛んでも杭」な人と言います。

   (おしまい)

8B9DF87C-59F0-4EDF-8395-CB9AD8A99049.jpeg