有馬晴純、大村純伊の娘、大村純忠

大村純忠らの父、肥前日之江城主、有馬尚鑑の息子、有馬晴純が父親。
有馬晴純夫人の大村純伊の娘が母親。
有馬晴純の息子、三城城主の大村純忠が息子。

「日降りの松」
(大阪府茨木市の昔話)

むかしむかしの大昔。
摂津国の茨木の福井あたりの山は、ごっついコブのある太い幹が生え茂った。
B9833A52-92A2-4ACB-A3DD-6B3632D980BF.jpeg
秋の夕暮れのこと。ある家の息子がひょいと西の空を見た夕陽がそれはそれはきれいでした。
A9B0657E-84BB-4D65-B598-5DB00ED96CDE.jpeg
その夕陽は金色の丸い車がくるくるくるくると回っているみたいでした。
777A790B-6B71-4824-BD60-CAA93EB10B14.jpeg
息子はその次の日の瞬間に真っ赤にピカピカの火の玉の湯が盛り上がるように湧いている泉が似てると思いました。
63C0C43E-5A93-4E81-BAA3-ABA64D8E6A39.jpeg
母親もじーと、お日様を見つめました。そしたら父親もこれまたじーとお日様が落ちていくまで見つめました。

不思議なことがあるもので誰彼なしにその時のこの村の人間全員がじーとお日様が落ちていくまで見つめました。
息子が、
「お日様が福井の山に落ちてるんやー落ちてるんやー。」
と驚いで言いました。
お日様は村の西にある山に入ってしもうた。
14DFA7A3-ED36-4FE8-BAE2-BC0DC3EE2937.jpeg
その晩、また不思議が起きちゃいました。
子供も大人もみんなが夕方に見たお日様の夢を見ました。
79607FBA-7491-492D-9E6F-52236498A33E.jpeg
そしてあくる朝になると、
誰言うとなしにみんなが早く起きて夢に見たお日様が落ちた西の山を見たんだ。ほんなら、山のてっぺんに昨日まで生えた大きな松が、ムックリムックリと生えていました。
6B3922DF-60DA-48AD-B4AD-902E40788017.jpeg
「な、なんや、あの松がびっくりしたわー。」
D19FAB94-2219-473B-8C53-575151E88CF7.jpeg
驚いたみんながその一本松の根元から山のてっぺんまで一帯に昨日まで生えていた榊が生えています。
667D879B-96C2-4E3B-8BD3-5BA80D2BC53D.jpeg
この一本松を日降りの松といい、
そのあたりにを日降りが丘と呼んでいたそうな。
そこには、お日様をお祭りにする神社をこしらえ、それが茨木の福井の神社の始まりだったそうな。
(おしまい)
5B79184E-2904-4B7D-A3A3-D2A7A4C6502F.jpeg

ブログ村
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月20日 16:13
こんにちは。
昔からお日様やお月様はとても大切なものとされてきましたよね。
明日は部分日食。
綺麗に見えますかね。
いつもコメントありがとうございます!
2020年06月21日 00:24
こんばんは♪
今回も力作ですね!
日本にも知らない昔ばなしが沢山ある。
次回も期待しています♪
2020年06月21日 01:26
こんばんは

この話は知らないです。
福井はうちからまあまあ近いですよ。
歩いてはいけないですが。
sisi
2020年06月21日 21:55
ありがとうございます。

トトパパさん、そうなんですか、茨木市の福井は自然と山のあるの場所でもありますね。
この地名の始まりも、こういうお話にも伝わってきますね。

もうヘトヘトさん、まだまだ知らない日本の昔話も本当はたくさん山々があります。
知らない昔話も皆さんに伝わってくれることがありがたく感じております。
知らない日本の昔話も本当は楽しいですよ。冒険になりますね。

にゃーちゃん、昔の人々は、おひさまやお月様は神様として扱っていますね。
部分日食ですか、私もそこまで気づきませんでした。やっぱり眺めたら美しく感じてくるんですね。