新発田殿、上井かつけ、乃木の方、日高の方

色部長実夫人、新発田綱貞の娘の新発田殿がミソサザイ。
平田増宗夫人、上井覚兼の娘の上井かつけがタカ。
島津忠仍夫人の日高の方が強い鳥たち、イノシシ。
織田信長の妹、乃木九郎夫人の乃木の方がリス。

「ミソサザイとタカ」
(大阪府高槻市の昔話)

むかしむかし摂津国の高槻のポンポン山にタカの大将と強い鳥の仲間たちが宴会を開いて大賑わい。
タカはこの世で一番強い鳥。
IMG_2275.JPG

そこには森に暮らしていたミソサザイという小さい鳥がいまして、タカたちの宴会がうらやましく、仲間に入りたくたまらなかった。
IMG_2275.JPG

「ワイはミソサザイというんや、ぜひ仲間に入りたいなと思いまして。」
「ちびのくせに俺らの仲間やて、無理なこと言うな、笑わせるわ。」
「ほな、お前がイノシシを退治すれば、仲間に入れてやろう。嘘は言わへん、翌朝には待ってるでー。」
タカはミソサザイに約束した。
IMG_2275.JPG

ホンマは弱い鳥だったミソサザイは困った。
イノシシは牙ありの猛走の生き物で、何か知恵あらへんかと友達のリスが提案。
「イノシシの耳の穴に入ったらええー。」
と聞いて、
ミソサザイは湧いた。
IMG_2275.JPG

翌朝、タカたちは見物でミソサザイのイノシシ退治する証拠をみせた。
IMG_2275.JPG

リスの言う通りとしてイノシシの耳の穴に入り、こそばす作戦をした。
IMG_2275.JPG

イノシシは耳からこそばされて笑いながらどこ方向行くかわからなく、目がくるくる回り、ミソサザイは耳の穴から抜け出た。
IMG_2275.JPG

フラフラしたままのイノシシは谷底へ落ちて退治しました。
IMG_2275.JPG

見ていたタカたちは驚いた。
「そんなアホな、ホンマに退治したんやー!」
IMG_2275.JPG

ということで、
タカたちは認められ、ミソサザイは強い鳥たちの仲間に入りました。
(おしまい)
IMG_2275.JPG

この作品は枚方市立樟葉生涯学習センターのくずは絵画展に展示しています、本日最終日で朝9時から昼3時まで見れます、京阪電車の樟葉駅から歩いて10分の中央公園か消防署の隣です。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月12日 14:54
こんにちは。
どうやってイノシシをやっつけるのかな~と思ってたら
なるほど!そうきましたか。
仲間によいアイデアもらえましたね。
とっても楽しめました。
2019年08月13日 11:00
こんにちは。

高槻の昔話、知ってますよ!
隣町なもんで。
2019年08月13日 11:18
こんにちは♪
猪には気の毒だけど。。。
なるほど!
詐欺集団も、頭をいいことに使って欲しいわね!

絵画展、沢山の人に見に来ていただきたいわね♪
sisi
2019年08月13日 14:07
にゃーちゃん、ありがとうございます、知恵と工夫あって苦手なものが克服して面白い話になりますね。

トトパパさん、ありがとうございます。
高槻は隣に茨木、近くに摂津や吹田がありますね。
高槻ポンポン山にも民話ハイキングコースにも登場しましたね。

もうへとへとさん、ありがとうございます。
猪をやっつけた後は勇気がありましたね。
今の詐欺では昔と違い頭脳が多いですね。