長沢夫人、蒲生籍、蒲生賢秀、北秀愛夫人

内河正吉の娘、長沢角左衛門夫人の長沢夫人が犬好き男。
前田利政夫人、蒲生氏郷と冬姫の娘の蒲生籍が犬(ミニチュアダックスフンド)。
蒲生定秀の息子、蒲生氏郷らの父の蒲生賢秀が質屋の主人。
南部晴政の娘の北秀愛夫人が客。

「犬のおつかい」
(兵庫県西宮市の昔話)

むかし、昭和初めの西宮の鳴尾に犬好きな男がいまして、男は飼い犬を質屋に使いだし、風呂敷に犬の首にぶら下げると、
「この品物を出して五十銭借りるんや。」
と、いいつけました。
画像


犬の返事で吠え、家を出る。
質屋に着いた犬は玄関の上り口に両手を合わせて首を差し出して吠えました。
『わんわん。』
質屋の主人は、「どんな品物かなー。」
と、風呂敷包みをときました。
画像


「二十銭やな。」
と、十銭玉が二枚として犬に向かうと、
「二十銭を主人に渡しておくれ。」
画像


と言って、風呂敷包みの中に入れ、犬の首にぶら下げてやりました。
すると、犬は質屋の主人に目でむいて向かっていき大きく吠えた。
「二十銭は不満か。」
と、質屋の主人は犬を見つめながら、
画像


大きな声で、
「この品は二十銭しかないんや!わからんのか!」
と、怒鳴った質屋の主人。
画像


しかし、犬はビクとも動かず質屋の主人に対して前よりも強い目をむき吠えた。
画像


質屋の主人は、犬の横にいって背中をおさえながら、
「しつこいなー、二十銭しかあらへん。早よ帰れ。」
と、何度も言い聞かせた。
画像


犬は聞くどころか、ますます吠えだす。
人と犬の話が伝らず、
「三十銭やで。
早く主人のところへ帰ってな。」
犬に手を合わせて頼みました。
しかしそれでも犬は動かず、
画像


今度は入り口のところに寝ていました。
質屋へ客さんが来ました。
画像


入り口で寝ている犬を見た客は、
「なに、大きい犬がなんでー。」
と、驚いた声を上げた。
犬の方も客の方を見ます。
客はさらに驚き、
「怖い、帰るわー!」
と言って急いで帰ってしまいました。
画像


しかし、質屋の主人は犬の風呂敷に十銭追加で四十銭も犬は動かんだから、根負けしてもう十銭入れ、五十ゼニになり納得に動いた。
質屋の主人は、がっかりな気持ち。
画像


犬はしっほふりながら喜んでも男の家のもとへ帰りました。
(おしまい)
画像



ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
0

片桐局

片桐且元の娘、片桐孝利の養女、成瀬之成夫人の片桐局のオフショルダービキニ姿。
画像

ここで私の作品展示のお知らせします。
2019茨木市美術会員企画展
2019年7月4日から7月9日まで開催
場所は茨木市立ギャラリー
大阪府茨木市永代町1-5
朝10時から夜7時まで、最終日は昼5時まで
水曜休館
交通は、阪急電車の茨木市駅下車すぐの茨木市駅ロサヴィア2階
私の作品が3度目のデザイン部門会員展示で是非みにきてください。
今回は手作り絵本の日本の昔話2019です。



ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/
0

本多広孝の娘、八戸殿、九戸信仲、九戸実親、七戸殿

松平康直夫人、蓮姫の母の本多広孝の娘が河童。
九戸信実の息子の九戸信仲が父親。
八戸但馬の娘、九戸信仲夫人の八戸殿が母親。
九戸信仲の息子の九戸実親が男の子。
七戸家国夫人、九戸信仲の娘の七戸殿が女の子。


「河童ホオズキ」
(東京都の昔話)

むかし、多摩川には河童がいまして、子供たちが水浴びに行くとき・・・。
画像


「あんた、河童の尻の玉を抜かれねえように気をつけろよ。」
「なんで抜くの。」
「ど、どうして・・・。」
「お前ら、溺れても知らんぞ!」
と、親達からは言われたことだ。
画像


特に盆のうちは水浴びに行くことは禁じられた。
画像


川の中で退屈する河童が、悪知恵を働いた。
「よーし、たまに化けてやるか。」
画像


なんと、あの河童がホオズキに化けた。
画像


川の淵にそのホオズキが落っこちて、それを拾おうとした女の子が・・・。
画像


まさかの川に引きずり込まれて、溺れていた。
画像


「きゃー!」
「まんまと引っかかったぞー!」
河童は女の子のはらわたを食われちまった。
画像


川にいる女の子は二度と帰れないままでした。
(おしまい)
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

桂因幡守夫人

児玉就光の娘の桂因幡守夫人のグレービキニ姿。

闇営業のパーティーでまさかの金銭を受け取って、雨上がり宮迫、ロンブー亮らの吉本興業の人気芸人11人がおとといから謹慎処分を発表された。各局のテレビのレギュラー番組も痛い困難です。
画像

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

円如、高瀬姫

実如の息子、浄土真宗の僧の円如が優しい坊さん。
川手良則夫人、井伊直親の娘の高瀬姫が仏様、七つの星。


「星の降る村」
(大阪府交野市の昔話)

むかしむかし、交野の観音寺という寺に優しい坊さんが仏様に祈りしていましたら・・・・・・。
画像


その夜、寝ていた枕元に大きな姿の仏様が現れて、まわりは光眩しく輝いた。坊さんは、ありがたいことかと思うと仏様の姿から消えました。
画像


坊さんは、素晴らしい仏様の姿を見たものですから、なかなか眠れず、まだ薄暗い夜明けに仏様はどこからかにおいでになられたのかと訪ね歩いた。
画像


そして、交野の山の中にある獅子窟寺(ししくつじ)という寺に到着し、そこにおまつりしてあったが仏眼仏母尊という仏様でした。
画像


坊さんは、この寺の大きな岩の穴で仏様にお祈りしました。
すると、天から七つの星が村に3つの場所へ降ってきました。
画像


一つ目は、お宮の山頂。
画像


二つ目は、森。
画像


三つ目は、村の中には光林寺という寺がでした。
画像


坊さまは、不思議ほど星が降り、妙見山という山に登ると、そこには二つの大きな岩があって、その岩の前に静かに座るとどこからか声が聞こえます。
画像


「わたくしは天から北の方に輝く七つの星だ。昔よりずっとこの大きな岩が降りてきて、みんなを守ったけど、それを知らせるほどは、立派なものは少ない。今、お前に告げようではないか。大空は太陽と月と星の恵みを伝えよう。そして、苦しい時に打ち勝つ勇気と力を発揮今日から授けよう。」
と、そう言ってその声が聞こえなくなりました。
画像


坊さんは、この声の主はを妙見さまと呼び、一生懸命にお祈りしました。
画像


今でもこの大岩にはこの時、妙見さまが静かに村人のみんなを守るためになります。
この星が降る村から「星田」という地になった。
(おしまい)
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/

長井元為夫人

画像


長井元為夫人の赤インナー重ねフレアビキニ姿。

プロ野球交流戦で強い広島なのに、なぜか弱いのにワースト……とにかくセリーグのレギュラーシーズンに戻って勝ち返して4連覇を目指して頑張りましょう・・・・・・・。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

内藤河内守夫人

児玉就光の娘の内藤河内守夫人の薄紫ビキニ姿。

ここで私の入賞作品のお知らせします。
「第69回西宮市展」
2019年6月29日から7月7日まで開催
月曜休み
場所は西宮市教育文化センター2階の西宮市民ギャラリー
初日は朝10時から昼12時から昼5時まで
通常は朝10時から昼5時まで
最終日が12時まで
兵庫県西宮市川添町15-26
交通は、阪急電車の神戸線の夙川駅から徒歩18分
JR神戸線のさくら夙川駅から徒歩15分
阪神電車の香櫨園駅から徒歩5分

私のデザイン部門作品が13年連続入選展示として今年は西宮市商工会議所会頭賞を入賞となりました。。
2014年の佳作以来の4度目の入賞です。
今回初めてブログで登場した「歳とった大蛇とじいさん」http://rekisimizugi.at.webry.info/201906/article_19.htmlです。
ぜひ見に来てください。


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
画像

氏家行広、氏家行継、生駒家長、慶ぎん尼、津軽古故

生駒吉乃の兄、生駒家宗の息子の生駒家長が市三郎。
松雲院の夫,氏家古奈らの父、氏家直元(卜全)の息子の氏家行広が村人。
氏家直元の息子。氏家行広の弟の氏家行継が村人。
津軽信牧の娘、森岡信安夫人の津軽古故が動物たち、大猪。
鍋島直茂の継母、竜造寺胤和の娘の慶ぎん尼が天狗。

「乙女滝の天狗」
(岐阜県関市の昔話)

むかし、岐阜の関の話だ。
市三郎という庄屋がいました。
市三郎は村人たちに慕われた。
画像


市三郎は庄屋だけではなく猟師の腕前も魅せた、どの獲物が現れても隠れ見えてもすぐ見つけ出し狙うのだ。
パーン!と撃つ音がした。
画像


「今日はいい獲物が来たぞー!いただき!」
市三郎は大きな猪が走り出したのをすぐに見つけ自分の目を通し狙い撃ちした。
画像


大きな猪は撃たれてしまい、乙女滝の滝壺へ落ちたかと思ったが……、
画像


すると、滝壺から光がまぶしかった、それは天狗の姿に変わった。
画像


「ワシは乙女滝の天狗というてな、ワシが仲良くする獲物たちを撃つのはけしからん!
いいか今度、獲物を撃ったら、お前を滝壺へ落としてやるぞ!」
画像


「どうかお許しください~。
これからは猟師をやめることを誓います~。」
市三郎は天狗の恐ろしさを感じ、自分がバチ当たったようで、きっぱり猟師をやめた。
画像


それからというもの、市三郎は柿、栗、イチゴ、ぶどうなど栽培をしたり、刃物の産業したりといった村のためにたいそう尽くしたそうな。
(おしまい)
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/

品川高久、庵原殿、安藤義門夫人、水野分長

今川氏真の息子、高家品川家の祖の品川高久が魚屋の主人。
庵原忠康の娘、今川氏真夫人の庵原殿が、つたさん。
松平成重の娘の安藤義門夫人が同じ働く女。
水野忠分の息子、新城城城主の水野分長が侍さま。

「塀の上のろくろ首」

むかし、
月夜の明るい夜ふけに魚屋の主人が侍さまの屋敷の前を歩く途中、何やら妙な声をする気がしました。
「なんか不気味な声がするなー。」
画像

侍さまの屋敷の塀の上に女の人の頭がのっかり、ケラケラと笑いだした。
「ヒッヒッヒヒヒヒヒ~。」
画像

「あれは、つたさんじゃないか!こんな夜ふけなのに何してるんだ。いつも夜は外へ出ないけどなー。」
つたさんという女は、侍さま屋敷の一番の働き者だ。
すると、塀の上にいるつたさんの頭からスルスルッと長い首が出ました。それは、ろくろ首のことでした。
画像

「おい!もしかしたら、狐がつたさんを化かしたんじゃないか。」
画像

冷や汗した魚屋の主人が、これは狐の仕業に間違いないと備え持った杖を出し、つたさんの頭を強く突き、塀の上から落ちた。
これは侍さまに知らせようとしましたが、深夜だから無理なので翌朝に後回しすることにしました。
画像

だが、寝ていたつたさんは頭を抑えながら痛み続き眠れなかった。
「つたさん、どうしたんだ。」
「魚屋さんが、私の頭を突かれたんよ。」
「何をばかなことを言ってる、それは勘違いして夢見たんじゃないの。」
「嘘ではない、まだ頭が痛くたまらない。」
同じ働く女は、つたさんの頭痛は夢だと思って信じず、そのまま寝た。
画像

翌朝。
魚屋の主人が侍さまの屋敷に訪ね、夜ふけに塀の上からのろくろ首が出たことを話しました。
「あー、あの夢の話か。
そういえば、わしも見てた気がしたなー。」
画像

魚屋の主人は夢だと気づかなかった。
「それっていうと、わしが勘違いして夢見てたことか。」
画像

屋敷を出た魚屋の主人のいないうちに侍さまがこっそりとつたさんと塀の上のことを話し合いましたが、つたさんは実は働いていた屋敷をやめたいと言われ、侍さまが引き止めても無理でした。
「お世話になりました。」
「気つけてな。」
画像

つたさんはそのまま里へ帰ってしまいました。
(おしまい)
画像

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://illustration.blogmura.com/
http://history.blogmura.com/

有馬則頼、亘理姫、寒河江姫、別所振、有馬重則

摂津国三田藩主、有馬重則の息子の有馬則頼が爺さん。
有馬則景の息子、有馬則頼らの父の有馬重則が大蛇。
別所忠治の娘、有馬則頼夫人の別所振が犬(シーズー)。
亘理宗隆の娘、伊達たね宗夫人の亘理姫が猫(ロシアンブルー)。
寒河江良光と谷柏殿の娘の寒河江姫が鶏。


「歳とった大蛇と爺さん」

むかし、あるのどかな森の里に木こりのうまい爺さんと飼っていた犬、猫、鶏が住んでおった。
歳頑張って百すぎて、犬も猫も鶏も爺さんと同じく人間の数え年でみんな歳とった。
画像

爺さんは飼っていた動物たちとおともに木こりの仕事を出かけた。
画像

爺さんの若いころは200本の大木を切り倒したが比べると歳が衰えても精一杯に4、5本しか切り倒した。
画像

爺さんと動物たちは一休みして飯を食べてから昼寝する習慣だ。
みんなが寝ているとき、遠くから何やら叫び声がしていた。
爺さん聞こえる通りの道を歩くと・・・・・・。
画像

その声が歳をとった大蛇の首に大木を挟まれたが苦しく泣き叫んだ。
「苦しい~助けてくれ~。俺様は千年に生きた大蛇でな、もう歳がとりすぎて力が無くて大木から抜け出されないんだ。」
画像

「今から助けて やるからな。」
と、爺さんは大蛇を助けるために木の棒をテコで使い大木をどかそうとした。
画像

爺さんは歳とったせいか力が無くて夕暮れになるまで必死に持ち上げようとするうちに大蛇がニヤリ顔して大木からスルスル抜け出した。
画像

大蛇が爺さんの爺さんの後ろを襲いかかった。
「イヒヒ~まんまと引っかかたぞー!」
画像

「くそー!騙された!大木の下に穴が掘ってある、わざと仕掛けて苦しいふりをしたな!」
と、爺さんは悔しいほど驚いた。
画像

「そうだ!お前を食うためにしたんだ!」
「よせ!歳をとったワシを食ってもまずいからな。」
「俺様はまずいうまい関係ない、何でも食うからいただくぞー!」
「もうだめ~。」
爺さんは体を震え腰を抜けてしまい、大蛇から食われるつもりだが・・・・・・・・・・。
画像

犬は大蛇の胴を噛み付き、猫は大蛇の顔を引っ掻き、鶏は大蛇の頭を突いて、爺さんの仇として大蛇をやっつけた。
痛さを感じた大蛇は、「やめてくれ!俺様が悪かった~。」
爺さんの命は助かった。
画像

大蛇は爺さんに訳を話した。
「俺様は森の中に長くいるのが寂しかったが人や動物を脅かす悪さばかりしかないんだ。俺様は今、心をいれかえて森の守り神を約束する、爺さんもすまんことした。お互いに長生きしような。」
「あーそうしたらいい。ワシも長生きする。」
画像

こうして、大蛇は森の里の守り神になった。
大蛇も爺さんも飼っていた動物たちも長生きを続け、もっとのどかな森の里になったそうな。
画像

(おしまい)

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon

日野局

奈古屋隆忠夫人、日野元重の娘の日野局の水玉ビキニ姿。

ここで私のかまぼこ板の絵作品入賞展示をお知らせいたします。
第25回全国かまぼこ板の絵展
2019年、7月13日から12月1日まで開催、火曜日は休館
場所は西予市立美術館のギャラリーしろかわ
愛媛県西予市城川町下相680
朝9時から昼5時まで

今年は私の作品が13回目の展示となります。
「渋沢栄一」http://rekisimizugi.at.webry.info/201904/article_23.html、「津田梅子」http://rekisimizugi.at.webry.info/201904/article_22.html、「北里柴三郎」http://rekisimizugi.at.webry.info/201904/article_24.htmlの新札の偉人3点という奨励賞が入賞決定されました。
3年ぶりの5度目の入賞となりました。
入賞作品とともにブログでも11周年企画特集で更新した選外作品と同時に合計21点を展示します、ぜひ見に来てください。
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon

松平清宗、松平家清、久志本常興

徳川家康の家臣、松平家清の父、松平清善の息子の松平清宗が父親。
三河国三田初代藩主、松平清宗の息子の松平家清が息子。
豊受大神宮の医者の久志本常興が医者。

「うなぎの供養」
(埼玉県草加市の昔話)

むかし、埼玉の草加の遊馬村は毛長川の流れを沿う大きい沼や小さい沼が数多かったり、のどかな地帯が広がっていました。
画像

遊馬村には一生懸命働いている父と息子の親子が朝昼晩休まず野菜を植えていました。
画像

父はたった一人の息子だから大事にしていました。
画像

ところが、あれほど元気だった息子が病気になり寝込んでしまいました。働き過ぎたせいか父は息子の看病しました。
画像

医者を呼んでもなかなか治らないほどの病気でした。
画像

息子は病気から苦しい痛みを毎日毎日続けていた、父は凄く心配し、なんとか息子のために治すのはないかと思った。
画像

ある晩のこと、父の夢枕にうなぎが現れ、「どうか息子の命を救うのはあなたしかいません。」と告げていて、うなぎの姿が消えてしまいました。
画像

翌朝、父は毛長川に流れたうなぎを取り、そのうなぎを焼いて、息子に召し上がった。
画像

うなぎを食べた息子は
苦しい痛みなく、すっかり元気が出ました。
画像

喜んだ父は毛長川にうなぎを拝んで息子の命を救ったおかげとして感謝しました。
画像

そこで村の長老に相談しましたが小さい神社を建ててうなぎの供養をしたほうがいいと言うた。父はその通り建てました。
画像

こうして村人たちがうなぎを食べたら神社に供養すること。
画像


(おしまい)


この作品は、ただいま開催の茨木市現代美術2019に展示しています。是非みに来てください。



ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

吉良義元の娘

画像

小笠原長高夫人の吉良義元の娘の水色ビキニ姿。

ここで私の作品掲載のお知らせです。
週刊朝日6月14日号
朝日新聞社
定価400円税込み
本日発売
裏表紙からの山藤章二の似顔絵塾コーナーに囲碁の井山裕太http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5344.htmlの似顔絵lが入選掲載されました。
書店やコンビニにありますので見てください。


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

本多光次の娘

画像


板倉好重夫人の本多光次の娘の白ビキニ姿。

ここ私の作品展示のお知らせです。

茨木市現代美術2019展
本日の6月3日から9日まで開催
場所は、茨木市立生涯学習センターの2階のきらめきホールホワイエ
朝10寺から夜7寺まで開催、火曜休み、最終日ヒル5寺まで
大阪府茨木市畑田1-43
交通は、JR茨木駅から徒歩1・5km、阪急電車の茨木市駅から徒歩2km.

私の作品の日本で昔話2019を見展示します、ぜひみに来てください。

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

新美殿

新美作右衛門夫人、板倉好重の娘の新美殿の黄緑ビキニ姿。

昨日、球団ワースト新記録を阻止し、16連敗を脱出で勝ちとった東京ヤクルト。
長いトンネルを味わってしまった。
東京ヤクルトの10代のスラッガーの村上選手の似顔絵をアップ。
http://sisi248.blog95.fc2.com/blog-entry-5945.html

画像

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

真木の方、橋本テクラ、浅井宗如、大黒殿

尼子清定夫人、真木朝親の娘の真木の方が赤鬼親分。
浅井亮親の母、浅井丹波守夫人の浅井宗如が青鬼親分。
国吉幸親夫人、大黒主計の娘の大黒殿が青鬼の子分たち。
橋本如庵夫人、京都キリシタン女性の橋本テクラが赤鬼の子分たち。

「橋のかけくらべ」
(広島県庄原市の昔話)
むかしむかしの大むかし。
広島は庄原の帝釈峡あたりの鬼神山(おんがみさん)に赤鬼と青鬼の二人の親分が住んでおった。
二人の親分は仲が良くいつも酒を盛り上がったそうな。
画像

ある晩のこと、二人は酒を飲みながら、どちらが強いかの言い争いでケンカをしました。殴り合いケンカで怪我するより今晩中に早く岩の橋を完成させる競争することになった。
「青鬼よ、お前が負けたら、わしの子分にしろ!」
「上等じゃ!よーし、やってやるぞ!」
二人の親分は酒を飲んだせいなのか気合いを出した。
画像

二人は早速、岩の橋を作る競争をした。子分たちの力も借りて汗水流しながら精々と大岩を運び出した。
画像

二人は大岩を急いで積み上げ、橋を作った。
画像

ニワトリが鳴いて朝が来ると、
画像

岩の橋が片方だけ出来たが一方は半分しかできなかった。
画像

というわけで赤鬼の勝ちで青鬼の負けだ。
「わははははー!」
「くそー!」
画像

こうして、青鬼は赤鬼の子分となった、
勝った橋は雄橋(おんばし)、負けたほうが雌橋(めんばし)となりました。
(おしまい)
画像



この作品は、明日から開催の茨木市の現代美術2019に展示します。


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/