円如、高瀬姫

実如の息子、浄土真宗の僧の円如が優しい坊さん。
川手良則夫人、井伊直親の娘の高瀬姫が仏様、七つの星。


「星の降る村」
(大阪府交野市の昔話)

むかしむかし、交野の観音寺という寺に優しい坊さんが仏様に祈りしていましたら・・・・・・。
画像


その夜、寝ていた枕元に大きな姿の仏様が現れて、まわりは光眩しく輝いた。坊さんは、ありがたいことかと思うと仏様の姿から消えました。
画像


坊さんは、素晴らしい仏様の姿を見たものですから、なかなか眠れず、まだ薄暗い夜明けに仏様はどこからかにおいでになられたのかと訪ね歩いた。
画像


そして、交野の山の中にある獅子窟寺(ししくつじ)という寺に到着し、そこにおまつりしてあったが仏眼仏母尊という仏様でした。
画像


坊さんは、この寺の大きな岩の穴で仏様にお祈りしました。
すると、天から七つの星が村に3つの場所へ降ってきました。
画像


一つ目は、お宮の山頂。
画像


二つ目は、森。
画像


三つ目は、村の中には光林寺という寺がでした。
画像


坊さまは、不思議ほど星が降り、妙見山という山に登ると、そこには二つの大きな岩があって、その岩の前に静かに座るとどこからか声が聞こえます。
画像


「わたくしは天から北の方に輝く七つの星だ。昔よりずっとこの大きな岩が降りてきて、みんなを守ったけど、それを知らせるほどは、立派なものは少ない。今、お前に告げようではないか。大空は太陽と月と星の恵みを伝えよう。そして、苦しい時に打ち勝つ勇気と力を発揮今日から授けよう。」
と、そう言ってその声が聞こえなくなりました。
画像


坊さんは、この声の主はを妙見さまと呼び、一生懸命にお祈りしました。
画像


今でもこの大岩にはこの時、妙見さまが静かに村人のみんなを守るためになります。
この星が降る村から「星田」という地になった。
(おしまい)
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/
http://illustration.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月26日 14:56
こんにちは
心が温まるお話
>「星田」
行って見たくなりました
2019年06月26日 23:59
もうへとへとさん、ありがとうございます。

交野の星田は自然を味わう森のある場所です。
星のブランコ、吊り橋が有名です。

この記事へのトラックバック