真木の方、橋本テクラ、浅井宗如、大黒殿

尼子清定夫人、真木朝親の娘の真木の方が赤鬼親分。
浅井亮親の母、浅井丹波守夫人の浅井宗如が青鬼親分。
国吉幸親夫人、大黒主計の娘の大黒殿が青鬼の子分たち。
橋本如庵夫人、京都キリシタン女性の橋本テクラが赤鬼の子分たち。

「橋のかけくらべ」
(広島県庄原市の昔話)
むかしむかしの大むかし。
広島は庄原の帝釈峡あたりの鬼神山(おんがみさん)に赤鬼と青鬼の二人の親分が住んでおった。
二人の親分は仲が良くいつも酒を盛り上がったそうな。
画像

ある晩のこと、二人は酒を飲みながら、どちらが強いかの言い争いでケンカをしました。殴り合いケンカで怪我するより今晩中に早く岩の橋を完成させる競争することになった。
「青鬼よ、お前が負けたら、わしの子分にしろ!」
「上等じゃ!よーし、やってやるぞ!」
二人の親分は酒を飲んだせいなのか気合いを出した。
画像

二人は早速、岩の橋を作る競争をした。子分たちの力も借りて汗水流しながら精々と大岩を運び出した。
画像

二人は大岩を急いで積み上げ、橋を作った。
画像

ニワトリが鳴いて朝が来ると、
画像

岩の橋が片方だけ出来たが一方は半分しかできなかった。
画像

というわけで赤鬼の勝ちで青鬼の負けだ。
「わははははー!」
「くそー!」
画像

こうして、青鬼は赤鬼の子分となった、
勝った橋は雄橋(おんばし)、負けたほうが雌橋(めんばし)となりました。
(おしまい)
画像



この作品は、明日から開催の茨木市の現代美術2019に展示します。


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月03日 22:15
こんばんは
この話知らなかった。
日本昔話、いいわね
2019年06月04日 07:26
もうヘトヘトさん、ありがとうございます、ある地方がある名所の始まりというものも日本昔話から伝われるのが多くなっています。

この記事へのトラックバック