有馬則頼、亘理姫、寒河江姫、別所振、有馬重則

摂津国三田藩主、有馬重則の息子の有馬則頼が爺さん。
有馬則景の息子、有馬則頼らの父の有馬重則が大蛇。
別所忠治の娘、有馬則頼夫人の別所振が犬(シーズー)。
亘理宗隆の娘、伊達たね宗夫人の亘理姫が猫(ロシアンブルー)。
寒河江良光と谷柏殿の娘の寒河江姫が鶏。


「歳とった大蛇と爺さん」
   (京都府の昔話)

むかし、あるのどかな森の里に木こりのうまい爺さんと飼っていた犬、猫、鶏が住んでおった。
歳頑張って百すぎて、犬も猫も鶏も爺さんと同じく人間の数え年でみんな歳とった。
画像

爺さんは飼っていた動物たちとおともに木こりの仕事を出かけた。
画像

爺さんの若いころは200本の大木を切り倒したが比べると歳が衰えても精一杯に4、5本しか切り倒した。
画像

爺さんと動物たちは一休みして飯を食べてから昼寝する習慣だ。
みんなが寝ているとき、遠くから何やら叫び声がしていた。
爺さん聞こえる通りの道を歩くと・・・・・・。
画像

その声が歳をとった大蛇の首に大木を挟まれたが苦しく泣き叫んだ。
「苦しい~助けてくれ~。俺様は千年に生きた大蛇でな、もう歳がとりすぎて力が無くて大木から抜け出されないんだ。」
画像

「今から助けて やるからな。」
と、爺さんは大蛇を助けるために木の棒をテコで使い大木をどかそうとした。
画像

爺さんは歳とったせいか力が無くて夕暮れになるまで必死に持ち上げようとするうちに大蛇がニヤリ顔して大木からスルスル抜け出した。
画像

大蛇が爺さんの爺さんの後ろを襲いかかった。
「イヒヒ~まんまと引っかかたぞー!」
画像

「くそー!騙された!大木の下に穴が掘ってある、わざと仕掛けて苦しいふりをしたな!」
と、爺さんは悔しいほど驚いた。
画像

「そうだ!お前を食うためにしたんだ!」
「よせ!歳をとったワシを食ってもまずいからな。」
「俺様はまずいうまい関係ない、何でも食うからいただくぞー!」
「もうだめ~。」
爺さんは体を震え腰を抜けてしまい、大蛇から食われるつもりだが・・・・・・・・・・。
画像

犬は大蛇の胴を噛み付き、猫は大蛇の顔を引っ掻き、鶏は大蛇の頭を突いて、爺さんの仇として大蛇をやっつけた。
痛さを感じた大蛇は、「やめてくれ!俺様が悪かった~。」
爺さんの命は助かった。
画像

大蛇は爺さんに訳を話した。
「俺様は森の中に長くいるのが寂しかったが人や動物を脅かす悪さばかりしかないんだ。俺様は今、心をいれかえて森の守り神を約束する、爺さんもすまんことした。お互いに長生きしような。」
「あーそうしたらいい。ワシも長生きする。」
画像

こうして、大蛇は森の里の守り神になった。
大蛇も爺さんも飼っていた動物たちも長生きを続け、もっとのどかな森の里になったそうな。
画像

(おしまい)

ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年06月19日 15:00
こんにちは
ホッコリするわね
それに比べて最近の人間社会は
sisi
2019年06月20日 16:09
もうへとへとさん、ありがとうございます。
人間の年齢どうしの伝わるコミニケーションを生かしています。
絵本になりそうな気分です。

この記事へのトラックバック