青山幸利夫人、貫名局、吉野ジュリア、晴政御前、宗像氏続夫人

米沢キリシタン殉教者・吉野半右衛門マンショ夫人の吉野ジュリアが虎姫狸。
南部晴政の娘、南部信直夫人の晴政御前が政やん。
貫名重用夫人、松平康重の娘の貫名局が竹やん。
問田弘胤の娘の宗像氏続夫人が定やん。
加藤明成の娘の青山幸利夫人が秀やん。

「姫虎狸」
(大阪府茨木市の昔話)

むかし、大正時代の頃の話だ。
大阪の茨木の茨木神社の西側に茨木川に流れ、フナ、ハス、ダチ、オオグチ、ナマズなど多く住んだ。
川の流れは、寺町橋を過ぎると深い淵になり、やなぎ淵と呼んだ。
画像


淵の西堤には広く、イバラ、うるし、笹が一面と繁り、椋、楡、榎が大きな森になり、太幹が大きな空洞になった。この空洞が狐と狸の住みかである。
森はむかし、刑場跡で刑場の森と呼び、ここには虎姫狸という大きな狸がいた。
画像


森の西側は大阪街道で道沿いに小川が流れ、小川には井堰があった。毎年6月の田植え時になると、井堰に板をはめ込んで流れを止めて、下中条一帯の田に水を引き入れる。
画像


下方から百姓衆が闇にまぎれて板を引き上げに来るため、井堰には夜番がついていた。ある闇の夜、寺町の竹やん、政やん、定やんが夜番についた。一人ずつ交代で立番し、残る二人は、ムシロを敷いて仮眠することにした。
夜もふけ、森はフクロウの鳴く声もものすごい。
政やんが立ち番で立ったまま時々居眠りをしていた。、突然寝ていた竹やんが唸り出し、見ると手足がバタバタとしている。
画像


何か白い物がパッと森の方へ逃げた。揺り起こされた竹やんは、ハッと気がつき、とび起きた。
どないしたかというと、虎姫狸に胸を締め付けられたと言う。政やんは急いで提灯に火を入れた。提灯の灯に浮かび出た竹やんは、頬かむり落ち顔は青く、頭髪はそう立ちし歯の音をたてた。
画像


水番の竹やんが虎姫狸に胸を締め付けられたことがあっての数日後、城之町の秀やんが上中条の田んぼの野良仕事に行ったまま、夜になっても帰らない。家の者や近所も大騒ぎ。そこでみんなで探しに行くことになった。
二人一組になり、秀やんを探した。
田んぼ一帯に「秀やん、秀やん。」と呼ぶ声が聞こえ、提灯が人魂のように往き来した。茨木神社の森は黒屏風のようである。森の千年杉や不老松、長春松がひときわ高く星明りの中に見えた。
画像


茨木川の右岸沿いを探す組が六軒町橋の下手へ草を分けながら下へ行くと川の中を一人の男が鍬を担ぎ、何やらブツブツ言いながらジャブジャブ水音を立てたてて歩いている。
画像


川岸から「秀やんかー!」と呼んでも、返事もしないで歩き続けている。やむなく二人は川に飛び込んで近づき、提灯を近づけてよく見るとやはり秀やんである。秀やんと呼んでも、なおブツブツブツブツつぶやくだけなので、ドガッと肩を殴りつけた。秀やんは、ハッっと正気に戻った。
画像


それから家に帰った秀やんは、 三日ばかり熱を出して寝込んでいた。
後で訳を聞いても、さっぱり要領を得ず、近くの人々は、「狸のいたずらだろう。」と、語り合った。
画像


こんなことがあってから刑場の森のそばにサンダワラの握り飯などを置かれてあるのを時々見かけるようになった。
その後、大阪街道は人馬の往来も繁げくなり、刑場の森も次々と切り開かれていった。
それからの虎姫狸がどうなったかは、誰も知らなかった。
(おしまい)
画像


ブログ村http://illustration.blogmura.com/humanillust
http://history.blogmura.com/his_sengoku
http://history.blogmura.com/his_nihon
http://history.blogmura.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年12月26日 12:23
こんにちは
毎回楽しい
>虎姫狸がどうなったかは
心配。
sisi
2018年12月29日 07:31
もうへとへとさん、ありがとうございます。
虎姫狸は、殴られたショックを起こして、二度といたずらできない状態になってましたね。

この記事へのトラックバック